770万ドルを調達|2024年に期待される仮想通貨ミームネーター

by BITTIMES   

※この記事は寄稿されたPR記事であり、BITTIMESが執筆したものではありません。

近未来型仮想通貨ミームネーター(Memeinator)。この通貨は、先日終了したプレセールで770万ドル調達という華々しい成果を収め、MEXC(エムイーエックスシー)ユニスワップ(Uniswap)にて念願の上場を果たした。

現在、ミームコイン分野の時価総額は500億ドルを超える。この活気溢れる市場で戦いに挑むミームネーターは、2024年夏に注目の仮想通貨として熱視線を浴びているようだ。今回はその理由を詳しく解説していく。

ミームコインの快進撃は2024年も止まらない?

今年も凄まじい勢いで進化を遂げているミームコイン分野、今やジョークの域を超えている。この分野にとって、市場が強気かどうかなど関係のない話だ。特に2024年に突入してからの成長ぶりは、他分野から見ても異常である。

人々がイーサリアムETF初のスポット取引開始を待ち侘びる中、ミームコイン市場は世界最上級のスマートコントラクトプラットフォームを提供している。特にミームネーターなどのイーサリアムベースのミームコインに期待が寄せられている。

ここからは具体的な例を上げて話そう。2023年に誕生したカエルがモチーフのミームコイン、ぺぺ(Pepe)は、最初の3ヶ月こそ10億ドルの時価総額まで上り詰めたものの、その後は不調が続き2023年10月には2億5,000万ドルまで落ちた。

この頃には既に終焉を迎えたと考えられていたが、驚くことに2024年3月に再び息を吹き返した。その後5月にはパラボリックな上昇を見せたのち、史上最高値である時価総額70億ドル超という脅威的な水準に達した。カエルのジャンプ力は侮れない。

ミームネーターの暗殺計画と強力なトークノミクス

ミームコイン投機家は、堅実なトークノミクスとファンダメンタルズを備えたストーリーを好む傾向にある。そこでSF映画さながらの近未来的物語を繰り広げるミームネーターの登場だ。

劣悪ミームコインに支配された未来を変えるべく2024年に送り込まれたこの暗殺マシンの目標はただ1つ。悪質ミームコインを市場から消し去り、時価総額10億ドルを達成することだ。

この目標が無謀だと思うなら、もう一度考えてみてほしい。ソラナミームコインとして現在有望視されているドッグウィズハット(Dogwifhat)やボンク(Bonk)の時価総額はそれぞれ20億ドルと15億ドル。

どちらのプロジェクトも1年足らずでこの数字を達成している。ミームネーターの良く練られた戦略、溢れんばかりのミームの魅力、そしてバイラルの可能性を考慮すると、これらの通貨の仲間入りができるチャンスはあるのではないだろうか。

ミームネーターのデフレトークノミクスは四半期ごとのトークンバーンを特徴としている。供給が減少し、需要が増加するにつれて、刺激的な価格上昇の舞台が整う。X(Twitter)で10万人以上のフォロワーテレグラム(Telegram)とディスコード(Discord)で合わせて約4万人のコミュニティメンバーを掲げるこのプロジェクト。SNSプラットフォームでの大きな支持と相まって、大きな成長が期待されている。

ミームネーターの実用性をさらに高めているのが、有名ソフトウェア開発会社レッドアップルテック(Red Apple Tech)と共同制作した戦闘ゲーム、ミーム戦争(Meme Warfare)だ。このゲーム内でプレーヤーは、ミームネーターになりきって、ライバルに戦争を仕掛けることができる。

さらにプロジェクトは最近、今年の11月までの期間限定で、通貨を預け入れたユーザーに最大60%のAPYを提供するMMTRステーキングプールの開始を発表した。

今年期待の有望銘柄?

ぺぺのようなミームコインが信じられないほどの成果を挙げるこの業界で、多くの実用性を持つミームネーターに期待が寄せられている。今年7月のイーサリアムETFのローンチを取り巻く強気なセンチメントは、ミームネーターを含むERC-20アルトコイン全体の上昇を渇望しているようだ。

ミームネーター快進撃はまだまだ始まったばかり。一部のアナリストはミームネーターがぺぺの成長チャートを再現する可能性があると見込んでおり、近い将来、時価総額10億ドルを突破するのではと期待している。これまでに幾度となくミームコイン機会を逃してきたのであれば、今回のミームネーターに注目してみてはどうだろうか。

Memeinator(ミームネーター)の詳細は公式サイトをチェック。


免責事項:この記事は寄稿されたPR記事であり、ニュースやアドバイスではありません。暗号資産ニュースメディアBITTIMESは、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当ウェブサイトに掲載されている投資情報・戦略・内容に関しましては、投資勧誘・商品の推奨を目的にしたものではありません。記事内に記載されている専門家や人工知能(AI)の価格予想は、あくまでも一部の専門家や学習内容が明確ではないAIによる予測であり、確約されたものではありませんので、独自の調査を行うことが重要です。実際に登録・投資・商品の購入などを行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、登録・投資・購入などに関するご決定はお住まいの国や地域の法律に従って皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

低価格で購入できる注目の仮想通貨銘柄7選

低価格で購入できる注目の仮想通貨銘柄7選

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

BitMake(ビットメイク)セキュアでスムーズな仮想通貨取引の未来

BitMake(ビットメイク)セキュアでスムーズな仮想通貨取引の未来

ビットコインとサステナビリティ

ビットコインとサステナビリティ

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

BlackRockがソラナETF申請を開始?今トレーダーが狙う仮想通貨プレセールとは

ビットコイン価格が反発|Shibieのプレセールが20万ドルのマイルストーンを突破

ビットコイン価格が反発|Shibieのプレセールが20万ドルのマイルストーンを突破

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説