CARDANOとTRONの協力を提案|Charles Hoskinson

by BITTIMES   

チャールズ・ホスキンソン(Charles Hoskinson)氏は、トロン(TRON/TRX)にカルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の技術を活用することを提案しました。TRXの創業者であるジャスティン・サン(Justin Sun)氏は、このアイデアの採用を真剣に検討する姿勢を見せているため、予想外のパートナーシップに期待が高まっています。

Ethereum Javaから「Mantis」へ

チャールズ・ホスキンソン氏は6月26日、ジャスティン・サン氏に対して「Ethereum Java」の使用をやめて、CARDANOの「Mantis」を使用することを提案しました。

当初はこの投稿を皮肉だと捉えた人もいたようですが、真剣な提案であることが確認されており、数時間後にはサン氏も前向きなコメントを投稿しています。

Charles Hoskinson
@justinsuntron あなたはEthereum Javaの代わりに私たちのmantisを使うべきです。コードははるかに優れており、セキュリティは監査され、コンセンサスはDPoSスタイルのプロトコルにプラグイン可能です。

Justin Sun
アドバイスをありがとう!私たちは最高のブロックチェーン技術の構築を目指していますので、私たちもmantisを見てみます。

仮想通貨プロジェクト競争は激化

仮想通貨市場での激しい競争は現在も続いており、すでに1000種類を超える仮想通貨プロジェクトが失敗に終わっているとも言われています。しかしそのような環境の中でも、数種類の仮想通貨はしっかりと発展して進歩を続けています。

カルダノエイダコイン(ADA)とトロン(TRX)もその中に含まれており、この厳しい数ヶ月間の間にも様々なビジネスパートナーとの提携を発表していたため、一般的に"ライバル"として考えられているこれらの主要な仮想通貨が協力することは、誰も予想していませんでした。

TRONがEthereumを超える日

Twitter上ではほとんどの人がこのアイデアを支持しており、Reddit掲示板では「TRONはそれを選ぶのがベストかもしれない」というコメントも投稿されています。

Mantisは、TRONに非常に多くのチャンスや自由をもたらすことができるため、実際に使用した場合、最終的にはイーサリアム(ETH)に匹敵する可能性も十分あると言われています。

それでもまだ公式の声明は発表されていないため、サン氏はこの提案を受け入れるかどうかを考えているようです。

カルダノエイダコイン(ADA)の詳しい解説はこちら

価格は下がっているものの、依然として高い人気を誇っているADAは常に成長を続けています。最近は海外の取引所が利用できなくなりつつありますが、エイダコインは現在もBINANCE(バイナンス)から購入することができます。

仮想通貨取引所Binanceの登録はこちら仮想通貨取引所Binanceこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

Big Time Studios:NFT活用した本格アクションRPG「ビッグタイム」開発へ

「Aliant Payment Systems」ライトコイン決済機能を追加

「Aliant Payment Systems」ライトコイン決済機能を追加

doublejump.tokyo:SNS情報で利用できるウォレット開発会社「Torus Labs」と提携

doublejump.tokyo:SNS情報で利用できるウォレット開発会社「Torus Labs」と提携

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

GMOコイン「暗号資産の預入れで最大10万円が当たるキャンペーン」開始|13銘柄に対応

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

SBIバーチャル・カレンシーズ:仮想通貨イーサリアム(ETH)の取り扱いへ

郵便局で「仮想通貨の購入」が可能に|今後はXRPなども販売予定:リヒテンシュタイン

郵便局で「仮想通貨の購入」が可能に|今後はXRPなども販売予定:リヒテンシュタイン

注目度の高い仮想通貨ニュース

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

日本アニメ・漫画のセル画に特化したNFTマーケットプレイス「楽座」正式リリース

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

DMMビットコイン:新規口座開設完了で「2,000円がもらえるキャンペーン」開始

DMMビットコイン:新規口座開設完了で「2,000円がもらえるキャンペーン」開始

LINE BITMAX:毎日抽選で「5,000円相当のLINE Pay残高」が当たるキャンペーン開始

LINE BITMAX:毎日抽選で「5,000円相当のLINE Pay残高」が当たるキャンペーン開始

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供開始

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「ONT取扱い開始日」が決定|4つの上場記念キャンペーンも開催

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

USDC発行企業「Circle」SPAC合併でニューヨーク証券取引所(NYSE)上場へ

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す