ブロックチェーンでアーティストの著作権を守るサービスが登場

by BITTIMES   

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)と音楽業界の関係について、今月の24日にWEB情報サイト日経スタイルのインタビューの中で音楽プロデューサーの「小室哲哉」さんが彼自身の面白い考えを話していました。

そのインタビューは、「宇多田ヒカルとiPodが音楽界を変えた」という記事で紹介されています。
下の文章はインタビュー記事の一部です。

その頃、ナップスターなどの無料ファイル交換ソフトが出現したんですが、当時から僕は否定しない立場でした。
まだCDが現金で売れている時代でしたから、こうしたソフト自体を否定したり、コピーガードをかけようという気持ちももちろん分かります。ただ、新しい技術をどう受け入れるかも考えるべきだったと。
あの頃にビットコインのような仮想通貨が存在していて、ネット時代の正当な楽曲の価格が議論されていれば、シングル1枚1000円だったものが、現在のように限りなく無料に近いということにはならなかったかもしれませんね。

小室哲哉さんは、当時から無料で音楽が聴ける仕組みを否定するのではなく「どう向き合っていくか?」を話し合うべきだった。とインタービューでお話しています。
たしかにyoutubeで音楽が無料で簡単に音楽が聴けてしまう現代では、昔のようにミュージシャンが音楽だけで食べていくのが難しくなっているかもしれませんね。

ブロックチェーン(Blockchain)でアーティストを守る

インターネットの誕生で、自分の作品をお金にするのが難しくなったのは音楽業界だけでは無いようです。
アーティスト・フォトグラファー・クリエイターなど、音楽、芸術、写真を仕事にしていた人たちにとって、無料で簡単にダウンロードできる今のインターネットの仕組みでは、お金にするのが難しくなっているのかもしれません。

だけど、このままではそれぞれの業界で将来有望なアーティストたちが育たなくなってしまいます。
そんな今のインターネット仕組みからアーティストたちをブロックチェーン(Blockchain)の仕組みを使って守るサービスが誕生しました。その名も「Blockai(ブロッカイ)」です。

Blockai(ブロッカイ)でアーティストが活躍できる世の中に

Blockai(ブロッカイ)は、ブロックチェーン(Blockchain)の技術を使って"アーティストの著作権を守る"ことができるサービスです。
同サイトに登録して自分の作品をアップロードすると、登録証明書が発行されて著作権が守られます。もちろん、普通に販売する仕組みあるそうです。あとインターネット上で自分の作品がコピーされたり、似た作品がアップロードされると知らせてくれる「お知らせ機能」もついています。
この機能があればすぐに自分の作品をコピーをした人を見つけることができます。

将来的には自動で「お支払いメッセージ」が送られる機能もつけるそうです。例えば、無断でコピーして音楽などをアップしている人がいたら「こちらで1,000円払っていただけたら問題ないですよ。」と一声かけることで平和的に解決する方法を考えているそうです。
こうしたサービスがブロックチェーンでどんどん生み出されたら、もっとアーティストやクリエイターにとって活躍の場が広がっていくのでしょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Astarチェーン特化のWeb3サービス開発会社「AstarGames」設立:CryptoGames

Astarチェーン特化のWeb3サービス開発会社「AstarGames」設立:CryptoGames

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

NFTアート×アパレルで「進化する服」を提供|TETRAPOD APPAREL始動

Polygon PoSのバリデーターに「Google Cloud」が参加|ネットワーク運営に貢献

Polygon PoSのバリデーターに「Google Cloud」が参加|ネットワーク運営に貢献

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

スターバックス:NFT活用新サービス「Starbucks Odyssey」のベータ版テスト開始

スターバックス:NFT活用新サービス「Starbucks Odyssey」のベータ版テスト開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

次のShiba Inuと期待されるScotty the AI、戦略的な投資家がSCOTTYを積極的に保有する理由とは?

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

半減期前のラリーでKaspaとSolanaが調整か、Bitcoin Minetrixは上昇傾向

仮想通貨ニュース週間まとめ「分散化ランキング・シバイヌ新NFT・BTC10万ドル予想」など

仮想通貨ニュース週間まとめ「分散化ランキング・シバイヌ新NFT・BTC10万ドル予想」など

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

メルカリ:買い物でBTCが使える「ビットコイン決済機能」提供開始

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

チリーズ:韓国プロサッカー「Kリーグ」と提携|スポーツリーグ初のバリデータ

Astar zkEVMの技術活用進む|ポケモンカードなどのRWA販売サービス「PACKS」も採用

Astar zkEVMの技術活用進む|ポケモンカードなどのRWA販売サービス「PACKS」も採用

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

ビットコイン「今回の半減期はこれまでと根本的に違う」Grayscaleレポート

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

2024年、DeFi取引ボットが急増のビットボット|有望な新仮想通貨となれるか?

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

ビットコインブロックチェーン上で初のICO開始 - 日本で大きな話題に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す