マイニングマシンの70%が停止する危険性もThe Antbleed Backdoor問題

by BITTIMES

4月27日、マイニングマシン販売最大手の BITMAIN社が製造するハードウェア、ANTMINER S9・L3・T9・R4シリーズのコードに虚弱性が発見された。
正確には BITMAIN社によって故意に作られた「バックドア」のコーディング問題である。
※バックドアとは、ハッカーやクラッカーが他人のコンピューターに無許可で、かつ知られることなくコンピューター内に侵入する通信接続機能のことである。
このバックドア機能を使用すれば、マイニングハッシュパワーの最大 70%とも言われている BITMAIN社製のマイニングマシン全てを”一括で止める事が可能”となり、
事実上、BITMAINはビットコインのマイニング市場をコントロールすることも可能である。
このバックドアは 2016年7月11日以降にフォームウェアがアップデートされたハードウェアすべてに書き込まれていると考えられている。
現在、アメリカなど英語圏ではこのスキャンダルとも言えるバックドア問題で騒然となっている。

The Antbleed Backdoor

今回の BITMAIN社製のマイニングマシンに搭載されていることが発覚したバックドアの問題を
「 The Antbleed Backdoor(ザ・アントブリード・バックドア)」と読んでいる。
※「バックドアで血を流すアリの意。」BITMAIN社が運営する最大のマイニングプールが Antpool のため。
さて、この The Antbleed Backdoor 問題のどこが問題なのだろうか。

The Antbleed Backdoorの仕組み

この The Antbleed Backdoor で問題視されているのは、ANTMINER S9 などのマイニングマシンが定期的に BITMAIN が所有するサーバー( auth.minerlink.com )に定期的に情報を送受信することだ。
このサーバーには、現在何も設定されていないが、設定が「 ON 」になった場合、すべてのマイニングマシンはマシンのシリアルナンバー、MACアドレス、IPアドレスをサーバーに定期的に送信し続ける。
それと同時にサーバーからの情報もマシンが受信し続ける。
このシンプルな機能には 2つの大きな問題がある。
1つは、「マシンを所有者の情報が BITMAIN に筒抜けになる」こと。
そしてもう 1つは、「 BITMAINサーバーから『マシンを停止しろ!』という信号を受診した場合、マイニングが強制的に停止される」ことだ。

The Antbleed Backdoorの問題点と最悪の事態

「マシンの強制停止」に関していえば、BITMAIN がマシンを止める権限を持っているということであり、
例えば、ライバルのマイニングプールの運営を故意に止めることもできる。
このバックドア機能を使用すれば“独裁的に”マイニング市場をコントロールできる。
また、この The Antbleed Backdoor 仕組み自体はシンプルな構造になっているので、ハッキング、なりすまし、乗っ取りなどの悪意のある第三者の攻撃の可能性もある。
当然、彼らはマイナー企業の情報を全て抜き取ることもできる。
例えば、力のあるハッカーであれば、一時的にビットコインのマイニング市場を牛耳ることも可能だ。

BITMAIN社の思惑

今回の The Antbleed Backdoor 機能に関して、BITMAIN社は、
「スマートフォンから遠隔操作で特定の機械をコントロールするのと同じで、マイニングマシン所有者が遠隔でマシンをコントロールするための機能である。私たちは許可なくこの機能を使用する意思は無い。」
と表明しているが、彼らの思惑は別のところにある。
The Antbleed Backdoor 問題と先日問題になった ASIC Booost、そして BITMAIN が後押している Bitcoin Unlimited を繋げると、ある 1つのシナリオが浮かび上がる。
まず BITMAIN はハードフォーク問題で話題になっている Bitcoin Unlimited を後押ししている。
これは Segwit などのソフトフォークが行われた場合、BITMAIN社マイニングマシンチップ機能として搭載されている ASIC Booost 機能が使用不可になるためである。
つまり BITMAIN は、自社のマイニングマシンの優位性を保つために Bitcoin Unlimited を後押ししているのだ。
そして、今回の The Antbleed Backdoor を使用すれば、Segwit などの Bitcoin Core側のマイニングマシンを停止させハッシュパワーをゼロに、そのまま Bitcoin Unlimited でハードフォークを起こすことが可能となる。
BITMAINの思惑をまとめると、
・マイニング業界を自社のマシンで独占したい。
・独占のために Core側のマシンを強制停止
・Bitcoin Unlimited にて強制フォーク
以上の 3点である。
これが実現した場合、「マイニングマシン業界のシェア」「ビットコインのハッシュパワーコントロール」は全てBITMAIN が独占することになり、
この状態になればビットコインは、BITMAIN社によってコントロールされる暗号通貨となってしまう。
まさにビットコインの存在価値そのものを揺るがしかねないほどのスキャンダラスな問題である。
ビットコインコミュニティは、BITMAIN に厳格な対応をする必要があるはずだが、マイナー企業トップの会社が相手ということもあり、現在コミュニティから公式メッセージなどは出ていない。
しばらくは、この問題はコミュニティ内の議題として話し合われ続けるだろう。
今回の BITMAIN社の問題をしっかりと理解されたい場合は下記の記事をおすすめする。
→「ビットコインハードフォーク問題に隠れされた裏の真実
→「ビットコインのハードフォークはいつ起きるのか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン(bitcoin/BTC)200万円を突破!早すぎる高騰にバブルの崩壊の警戒感も...

ビットコイン(bitcoin/BTC)200万円を突破!早すぎる高騰にバブルの崩壊の警戒感も...

Google:BCH・ETH・LTCを仮想通貨レート換算リストに追加

Google:BCH・ETH・LTCを仮想通貨レート換算リストに追加

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

BitMEXのCEO「ビットコイン価格は2018年末までに550万円になる」

BitMEXのCEO「ビットコイン価格は2018年末までに550万円になる」

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

ビットコインキャッシュ(BCH)の処理速度をVISAレベルに|開発チームの挑戦

ビットコインキャッシュ(BCH)の処理速度をVISAレベルに|開発チームの挑戦

注目度の高い仮想通貨ニュース

ロンドン警察:仮想通貨関連の犯罪に対処するための訓練を開始

ロンドン警察:仮想通貨関連の犯罪に対処するための訓練を開始

リップル(XRP)通貨ペア15種類の分散型取引所DCEXで登録開始|Cardano(ADA)も予定

リップル(XRP)通貨ペア15種類の分散型取引所DCEXで登録開始|Cardano(ADA)も予定

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

Bitcoin Cash(BCH)のブロックチェーン上でトークン発行が可能に!「Wormhole」を発表

Bitcoin Cash(BCH)のブロックチェーン上でトークン発行が可能に!「Wormhole」を発表

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

CARDANO(カルダノ)が仮想通貨ウォレット「ICARUS & YOROI」を発表|ADAの実用化進む

CARDANO(カルダノ)が仮想通貨ウォレット「ICARUS & YOROI」を発表|ADAの実用化進む

仮想通貨取引所ビットトレード:スマートフォン用アプリをリリース

仮想通貨取引所ビットトレード:スマートフォン用アプリをリリース

コスタリカ:仮想通貨は「準紙幣」給与の一部支払いが可能に

コスタリカ:仮想通貨は「準紙幣」給与の一部支払いが可能に

タイ証券取引委員会:仮想通貨関連企業7社の業務継続を許可

タイ証券取引委員会:仮想通貨関連企業7社の業務継続を許可

SONY:ブロックチェーン関連の特許を申請|マイニングデバイス製造か?

SONY:ブロックチェーン関連の特許を申請|マイニングデバイス製造か?

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

Jamie Dimon:ビットコイン批判の後悔から7ヶ月、再び「仮想通貨は詐欺」発言

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がOKExに上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)がOKExに上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す