MLBPA:イーサリアムのブロックチェーンで野球選手のトークンサービスを開始

by BITTIMES   

メジャーリーグベースボール選手会(MLBPA)は、スタートアップ企業である「Player Tokens(プレイヤートークン)」と協力し、イーサリアムのブロックチェーン技術を活用した野球選手のトレーディングトークンサービスを開始します。

こちらから読む:野球業界はブロックチェーンに積極的?これまでに話題になったニュース

シアトルに拠点を置くスタートアップ企業「Player Tokens(プレイヤートークン)」は、正式なライセンスを受けたメジャーリーグ選手の希少価値のあるグッズを提供しています。

Player Tokensは、イーサリアム(ETH)のブロックチェーン技術を活用して、ユニークな記念品を多くの野球ファンに提供します。これはデジタル通貨ではありませんが、それらのデータは全てEthereumブロックチェーン上に記録されているため、不正行為のリスクを排除し、本物の商品の所有権を証明することができます。

トークンの希少価値には5段階のランクがあり、発行される割合にも大きな違いがあります。全体に占めるそれぞれのランクごとの割合は、具体的に次のようなパーセンテージとなっています。

Common75%
Uncommon20%
RARE4%
EPIC1%
LEGENDARY唯一無二

box-tokens(引用:player tokens)

具体的にこれらのトークンは、希少性の異なる3つのパックとして販売されており、通常パックには5人のプレイヤートークンが入っています。販売価格は、5.99〜8.49ドル(約660〜935円)となっており、クレジットカードを使ってPlayer TokensのWebサイトから購入することができます。

Player Tokensは公式サイトの中で、同社が『仮想通貨のウォレットや暗号化技術に関する専門知識を必要とせずに暗号化されたグッズを提供する初めての企業である』と説明しています。

「当社は、仮想通貨ウォレットや仮想通貨知識を必要とせずに、デジタル暗号化グッズを提供する初めての企業です」

また、近い将来には同社の公式ホームページに『トークンを交換することができるマーケットプレイス』の機能も追加される予定となっているため、これらのトークンを集めたコレクターは、そのマーケットプレイスを利用して集めたグッズを他のコレクターと交換することもできるようになります。

Player Tokensは、これらのサービスを通じて野球ファンの人々に仮想通貨について知ってもらい、仮想通貨を利用している人々に野球について知ってもらうことを目的としていると説明しています。

ブロックチェーン技術を活用した野球関連のサービスはこの数ヶ月で増えてきています。
メジャーリーグベースボール(MBL)は、仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)を実際に使用することができる野球ゲームアプリの提供を予定しています。

イーサリアムが使える野球ゲームアプリはこちら

スポーツ業界では、このように仮想通貨やブロックチェーンを活用したサービスが急速に増えてきており、世界中から注目を集めるとともに、それらの普及が加速してきています。

これまでにも数多くのスポーツと関連したブロックチェーンプロジェクトを紹介してきているので、こちらも合わせて見てみてください。

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Huaweiがブロックチェーン技術を利用した特許を申請中

Huaweiがブロックチェーン技術を利用した特許を申請中

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

トークンが乱立する仮想通貨業界、今後は「プロジェクト合併」が進む?

ビットポイントジャパン「NFT事業」参入へ|NFTマーケットプレイスなどを準備

ビットポイントジャパン「NFT事業」参入へ|NFTマーケットプレイスなどを準備

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

ユヴェントス公式スリーブパートナーとして成功を続けるBitget

ユヴェントス公式スリーブパートナーとして成功を続けるBitget

DMM:日本発のゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」に出資

DMM:日本発のゲーム特化型ブロックチェーン「Oasys」に出資

注目度の高い仮想通貨ニュース

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

ビットボット:飛躍の可能性を秘めた注目の次世代仮想通貨?

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

【重要】OKCoinJapan「三菱UFJ銀行からの日本円入金」で一時的な制限措置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

大手仮想通貨取引所BINANCE「初の取締役会」を設置

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

ビットコインの価格高騰は近い?「現在は2020年末と同じ成長段階」Bitfinexレポート

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

イーサリアム(ETH)は有価証券に分類される?「米SECが調査中」との報告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す