仮想通貨取引所「Bithumb」を約396億円で買収 ー シンガポール企業が筆頭株主に

by BITTIMES

韓国の大手仮想通貨取引所である「Bithumb(ビッサム)」が、シンガポールを拠点とする企業コンソーシアムである「BK Global Consortium」に約3億3500万ドル(約396億円)で買収されたことが地元メディアの報道で明らかになりました。

こちらから読む:ハッキング事件や脱税疑惑「Bithumb」関連のニュース

シンガポールの企業コンソーシアム|BK Global Consortium

Group

シンガポールを拠点にブロックチェーン投資ファンドやICOプラットフォームなどを手がけている企業コンソーシアム「BK Global Consortium」が、韓国の最大級の仮想通貨取引所として知られる「Bithumb(ビッサム)」を買収したことが明らかになりました。

Bithumbは、2018年2月初めの時点では約8億8000万ドル(約990億円)の評価を受けていたため、その当時に比べると遥かに安い金額で買収されることとなっています。

報道によると、BK Global Consortiumは「Bithumb」最大の株主であった「BTC Korea Holdings」が保有していた76%のBithumb株のうちの「50% + 1株」を購入する契約を交わしたとされており、この契約の締結によって元整形外科医であり「BKグループ」の会長でもある金秉基(キム・ビョンガン)氏が韓国最大の筆頭株主になったと報告されています。

キム・ビョンガン氏は元々「Bithumb」の5番目の株主でもあり、シンガポールで医療、フィンテックブロックチェーンなどの分野で多国籍経営能力を実証している人物でもあります。BK Global Consortiumは、2019年2月までに残金の納入を終える予定だと伝えられています。

Bithumbを「ビジネスの中心」に

bithumb

今月の初めには、Bithumbの分散型取引所(DEX)が香港で開始されるとのニュースが話題となっていましたが、買収後もこの決定に変更はないと伝えられています。Bithumbで以前に発生したハッキングのような被害は、分散型の取引所へと移行することによって回避できると考えられています。

「BTC Korea Holding」が発表した報告書によると、Bithumbの売り上げ高は、
・2018年第1四半期 ー 3030億ウォン(約300億円)
・2018年第2四半期 ー 2180億ウォン(約216億円)
であると報告されていますが、Bithumbの経営陣が変わることによってブロックチェーン業界の発展に勢いを与えるきっかけとなるとも期待されています。

BK Global Consortiumの関係者は『Amazon(アマゾン)Alibaba(アリババ)などの電子商取引会社は手数料を受け取っているため消費者にとっての問題となっており、ブロックチェーン決済システムを活用することによって手数料を削減することができる』と説明しています。

BK Global Consortiumは、Bithumbは仮想通貨を実生活に結びつける多くのビジネスにおいて中心的な役割を果たすと予想しており、Bithumbをベースにして既存の決済システムの手数料を大幅に下げた「ブロックチェーンeコマース決済システムの構築」や「ステーブルコイン(Stable Coin)の運用」などで取引の可能性を最大限にすることを計画していると伝えられています。

仮想通貨取引所に巻き起こる変化

move

この数ヶ月間で、仮想通貨取引所には大きな変化が起きてきています。今年の初めに大規模なハッキング被害を受けたCoincheck(コインチェック)は「マネックスグループ」による買収が決定しており、Zaif(ザイフ)は先月のハッキングの被害を受けて「株式会社フィスコ」に事業譲渡することを発表しています。

また、以前に日本進出を計画していることが明らかにされていたアメリカの大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)の関係者も、先日の報道で日本での「仮想通貨交換業ライセンス取得」は2019年には確実に現実のものとなると語っています。

2018年に入って以降、仮想通貨市場の下落が続く一方では仮想通貨業界で重要な立ち位置を占めていた仮想通貨取引所の運営陣にも大きな変化が見られています。これから徐々に本格的なサービスが開始されるそれらの仮想通貨取引所が今後の仮想通貨市場をどのように先導していくことになるのかにも注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

モロッコ:ビットコインマイニング用の巨大な風力発電所を建設

モロッコ:ビットコインマイニング用の巨大な風力発電所を建設

バイナンス独自のNFTマーケットプレイス「Binance NFT」正式リリース

バイナンス独自のNFTマーケットプレイス「Binance NFT」正式リリース

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

ソロモン氏がGoldmanSachsの次期CEOに就任|仮想通貨市場の動きは?

Huobi Japan:販売所取引で豪華賞品が当たる「桜花爛漫ADA取扱記念キャンペーン」開催へ

Huobi Japan:販売所取引で豪華賞品が当たる「桜花爛漫ADA取扱記念キャンペーン」開催へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:先着100名に1万円相当のBTC「暗号資産入金キャンペーン」開催へ

コインチェック:先着100名に1万円相当のBTC「暗号資産入金キャンペーン」開催へ

ツイッター:独自の暗号資産「Twitter Coin」開発か?アイコン画像などが話題に

ツイッター:独自の暗号資産「Twitter Coin」開発か?アイコン画像などが話題に

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

2023年に向けて、今後注目の仮想通貨プロジェクトは何?

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月27日〜12月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月27日〜12月3日

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:1,500円相当のBTCがもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

イーサリアムの時価総額は中国銀行より310億ドル多い。今こそイーサリアム・ビッグアイズコイン大規模採用の時代?

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

ドージコインとBNBが急騰、ビッグアイズコインのプレセールは参加すべきか?

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

コインチェック「NOT A HOTEL」と協業|MEMBERSHIP NFTを先行取扱い

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

Flare Network「FLRトークン配布イベント実施日」が確定|対応取引所のリストも公開

Genesis:暗号資産取引所「Gemini」に9億ドルの債務|FTX破綻の影響広がる

Genesis:暗号資産取引所「Gemini」に9億ドルの債務|FTX破綻の影響広がる

自動車大手「Renault」業界初の産業用メタバースを構築

自動車大手「Renault」業界初の産業用メタバースを構築

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す