世界最大の仮想通貨取引所「エアスワップ」が近い将来完成か?

by BITTIMES

アメリカの高度取引会社「バーチュ・ファイナンシャル」は、全く新しい仮想通貨のトレーディングシステムを使った取引所「エアスワップ」を立ち上げようとしています。
このシステムが完成すれば、現在の中国のようの問題が起きず「国の規制」を受けない取引所が誕生し、その瞬間にエアスワップは世界最大の取引所となる可能性を秘めています。
通常取引所は、どこかの国の企業が運営し、企業のサーバー上に取引記録や資産データを記録し、運営の全権はその企業が持っています。
当然、その国の法律や規制の中で運営されていきます。
しかし、エアスワップは「管理する企業」そのものが存在しません。
エアスワップは、「分散型取引所」と呼ばれ、ブロックチェーン上に取引所を構築します。
例えば、これまでの「ビットコイン取引」では、
「ビットコインブロックチェーン」→「取引所」→「ビットコインブロックチェーン」のように、間に必ずその取引をコントロールする人が存在します。
「ビットコインブロックチェーン」→「エアスワップ」→「ビットコインブロックチェーン」と、取引に人が一切介入しません。
あくまで、ブロックチェーンのシステムが、「売り手」と「買い手」を引き合わせて、取引を完了させます。
取引をコントロールする人も、その取引に介入したい国もエアスワップには手出しをすることができません。
エアスワップは「コンピュータープログラム」が、システムの通りにただ、取引を成立させているからです。
エアスワップの取引には、「アカウント」も存在せず、「個人情報」も登録する必要もありません。
ただシンプルに「取引を成立させるだけ」のシステムです。

エアスワップが世界最大の取引所になる理由

エアスワップは、ブロックチェーン上に構築された取引所のため、世界各国でリアルタイムに取引が成立します。
世界最大の取引所となる可能性がそこに秘められています。
今の取引所は、「国家の縛り」が存在し、アメリカの取引所なら、主にアメリカ国民が使用し、アメリカのルールが適用されます。
エアスワップは、ブロックチェーン上に存在する全世界共通の取引所なので、そもそも「国をまたぐ」という概念が存在しません。
ブロックチェーンに詳しい市場構造アナリストのリチャード・ジョンソン氏はこう話しています。

「新しいのは、ニューヨーク証券取引所もナスダックも介在せず、規則を決める者がいないことだ。これは今までになかった。」
「金融や不動産取引などさまざまな業種で仲介者をなくすという、ブロックチェーン支持者の多くが達成したがっていることだ。」
「仮想通貨取引をコントロールしようとする政府の試みに対しても自由になれるかもしれない。中国当局は仮想通貨の国内取引所を閉鎖しつつあるが、エアスワップのような分散型の取引所は閉鎖できない。」
「口座もないので「このシステムで中国のトレーダーが取引しているかどうかも分からない」

現在、仮想通貨取引の 60〜80%は通常の取引所で行われています。
しかし、大手投資家は仮想通貨投資について、「金融市場インフラ」と「取引所の監督体制の不備」を投資の不安材料としています。
開発企業のバーチュ・ファイナンシャルのマイケル・オベッド氏は、

「エアスワップなら、こうした大手投資家が不安材料としている「インフラ」と「規制」から脱却することができる合理的なシステムだ。」

と語ります。
現在、エアスワップの最大の問題点としては、「アカウントが存在しない」というメリットが、「マネーロンダリング」などの不正に使用される可能性があることだと考えられています。
ただ、誰のコントロールも受けず、国家も介入できない、ただシステムでのみ動く取引所の完成は、これからの時代に非常にマッチしています。
ちなみに、このエアスワップは、イーサリアム上で構築されており、取引所が完成し大々的に報道されるとイーサリアムの価格が高騰する可能性があります。
関連記事
→「イーサリアムとはワールドコンピューターである
→「イーサリアム高騰の理由は、エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM(ネム)ブロックチェーンを活用して「学位証明」を合理化|学歴詐称防止へ

NEM(ネム)ブロックチェーンを活用して「学位証明」を合理化|学歴詐称防止へ

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

イーサリアムのブロックチェーンにエビやドラッグが負荷を与える

イーサリアムのブロックチェーンにエビやドラッグが負荷を与える

仮想通貨経済学を学べるオンラインコースを開始|ロンドン研究大学

仮想通貨経済学を学べるオンラインコースを開始|ロンドン研究大学

トロン(TRON/TRX)DApps開発促進に向けた「支援プログラム」を開始

トロン(TRON/TRX)DApps開発促進に向けた「支援プログラム」を開始

米オハイオ州:ブロックチェーンの中心地を目指す意思を表明|下院議員議長Ryan Smith

米オハイオ州:ブロックチェーンの中心地を目指す意思を表明|下院議員議長Ryan Smith

注目度の高い仮想通貨ニュース

ティファニー:ダイヤモンドの「原産地情報」公開へ|ブロックチェーン技術には触れず

ティファニー:ダイヤモンドの「原産地情報」公開へ|ブロックチェーン技術には触れず

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

トロン(TRX)は「niTROn SUMMIT」でDAppの発展をサポートし、開発環境を再構築する

仮想通貨ウォレットアプリ「BitKeep」がTRON(TRX)に対応|トークンやDAppsもサポート

仮想通貨ウォレットアプリ「BitKeep」がTRON(TRX)に対応|トークンやDAppsもサポート

Ledger Nano S:カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)に対応|2019年1月予定

Ledger Nano S:カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)に対応|2019年1月予定

ブロックチェーンで「データ通信」の安全性確保|航空管制業務への活用を検討:NASA

ブロックチェーンで「データ通信」の安全性確保|航空管制業務への活用を検討:NASA

BINANCE(バイナンス)欧州市場へ進出「仮想通貨と法定通貨」の取引ペアを提供

BINANCE(バイナンス)欧州市場へ進出「仮想通貨と法定通貨」の取引ペアを提供

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

仮想通貨を送金して動物に「餌やり」オンラインで飼育できる環境を構築

仮想通貨ハードウォレット「Ledger nano X」登場|モバイルアプリにBluetooth接続可能

仮想通貨ハードウォレット「Ledger nano X」登場|モバイルアプリにBluetooth接続可能

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

ステーブルコイン:ジェミニドルの流通量「約80%」がHuobiに|集中化の理由と懸念点

仮想通貨で「トランプ大統領失脚」の資金調達|麻薬王の兄:ロベルト・エスコバル

仮想通貨で「トランプ大統領失脚」の資金調達|麻薬王の兄:ロベルト・エスコバル

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す