イーサリアム・ハードフォーク直前「Metropolisに残されたいくつかの問題点」

by BITTIMES

イーサリアムのハードフォーク「 Metropolis(メトロポリス)」のリリースまであと 2日を切りました。
イーサリアムの軽量化を行うために、今回のハードフォークは行われるのですが、「より速い取引スピードの実現」と「暗号力の強化」、そして「マイニング廃止への移行」が行われる予定です。
暗号力の強化は、暗号通貨「 Zcash 」でも使用されている「 zk-SNARK(ジーケー・スナーク)」の導入によって行われ、
マイニング廃止への移行は「 PoW から PoS への移行」によって行われます。
Metropolis は、イーサリアム「 4,370,000 」目のブロックから実装されます。(現在は 4,365,000)
しかし、Metropolis リリース直前になって、今回のハードフォークの様々な問題点が浮き彫りになってきています。
今回は、イーサリアムハードフォークのいくつかの問題点をピックアップしていきたいと思います。
「 Mmetropolis って何ですか?」
という疑問がある方は、下記の記事にて解説を行なっていますので、まずはこちらからご覧ください。
→「イーサリアムハードフォーク「メトロポリス」9月18日から導入スタート

イーサリアム・ハードフォークの問題点「クライアント編」

ハードフォークはシステムの抜本的な変更なので、当然イーサリアムそのものが変わります。
イーサリアムのブロックチェーンは非常に高性能で、「ブロックチェーン上」で様々なシステムを構築することができます。
こちらの理解に必要な情報
→「イーサリアムとはワールドコンピューターである
しかし、現在イーサリアムを使用している「全てのクライアント」が今回のハードフォークの準備ができているわけではありません。(クライアント=イーサリアムを使用している企業)
イーサリアムを使用している企業は数多く存在し、彼らもシステムの変更が必要となります。(ネットワークノードの更新=イーサリアムブロックチェーンにつながっている PC・サーバー・端末のシステム更新)
4.370.000 ブロック以降に適用されるソフトウェアで更新をする必要があるということです。
しかし、全ての企業が今回のハードフォークに関して準備万端というわけではありませんので、ここが問題点となっています。
例えば、Go ethereum( Geth・ゲス)は、最も人気の高いイーサリアムクライアントで、ノードの約 70%を占めています。
しかし、Gethを実行するノードの約半分しか未だ更新されていません。
2番目に大きいクライアント、Parity(パリティ)は先日 Byzantium-ready(ビザンチウム・レディ)をリリースしましたが、テストでバグが見つかり修正を一度行なっています。
また、Parity で実行されるノードの約 80%は未だに更新が追いついていません。

イーサリアム・ハードフォークの問題点「マイナー編」

現在のイーサリアムは、ビットコインと同じように「マイナー」が存在し、彼らがマイニングを行い取引履歴を記録しています。(ブロックの生成)
イーサリアムが「マイニングをやめる」という事実は、誕生した時から計画の一部として公開されていました。( Pow から PoS への変更)
マイニングの難易度を下げることで、取引スピードは加速しますが、その分「マイニング報酬」は大幅に削減されます。(単純計算で 70%減)
当然、利益が大幅に減少するため、マイナーの一部からは、

「ハードフォーク前のブロックを採掘し続ける。」や「鉱夫は、フォークの前と同じくらいの金額を作り続けるべきだ。」

という反論も起きています。
このような発言からもハードフォークに関して、全てのイーサリアム関係者が納得済みではないこともわかっています。
しかし、彼らには選択肢はありません。
イーサリアムの開発者は、ハードフォーク前のイーサリアムをマイニングし続けると、段々と採掘難易度が高くなる設定を行いました。
採掘難易度が高くなると、マイニングの計算量が膨大になり、大量の電力を消費します。
こうなると、どこかのタイミングで「割に合わない」という状況になり、自然と旧イーサリアムブロックを採掘するマイナーがいなくなるだろう。という考え方です。
さすがにビットコインと異なり、中心組織がいるので強制的に変更を行なっていきますね。

イーサリアム・ハードフォークの問題点「開発者編」

イーサリアムのブロックチェーンは、そのシステム内で「自由に新しいシステム」を開発することが可能です。
通常の WEBアプリケーションを製作するように、独自のシステムを作ることが可能ですが、当然こちらのアプリケーションの変更も開発者は行う必要があります。
イーサリアム公式のウォレット「 Mist(ミスト)」に関しては、すでに対応済みということで、再起動することで自動アップグレードが可能となっています。
しかし、その他のアプリケーションに関しては、どのような変更が必要になるのかは、アプリケーション開発者が地震で変更を行う必要があります。
このようにイーサリアムのハードフォークは、「イーサリアムの進化」を促しまさすが、現状 100%対応できているというわけではありません。
しかし、「取引スピードの高速化」「暗号力の強化」「マイニング廃止」が行われることは決定済みですので、Metropolis ハードフォーク前後に、様々な対応が行われていくことになるでしょう。
関連記事
→「イーサリアムハードフォーク「メトロポリス」9月18日から導入スタート
→「イーサリアムがハードフォーク「Metropolis」を実行間近
→「イーサリアムハードフォーク「Metropolis」延期へ「価格高騰のタイミングは?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

ビットコインは今後分裂するのか?歴史と技術から見た全記録

ビットコインは今後分裂するのか?歴史と技術から見た全記録

MUFGコインを発表「三菱UFJ大規模リストラも目の前か?」

MUFGコインを発表「三菱UFJ大規模リストラも目の前か?」

PRIVATIX(プライバティックス)とは?「未使用のネット通信を販売できるトークン」

PRIVATIX(プライバティックス)とは?「未使用のネット通信を販売できるトークン」

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ブロックチェーン技術専門の子会社を設立|LINE

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

ADAロケット発射|上昇率20%の仮想通貨5銘柄

注目度の高い仮想通貨ニュース

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Sirin Labsのスマホ開発に新たなサポート会社?

Sirin Labsのスマホ開発に新たなサポート会社?

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

リップルでトークンを発行?|Rippleで行うICOとは?

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

仮想通貨は金融資産か?マルタの金融庁が見解を表明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す