MIT・Mastecardが支援する国際送金サービスが「xRapid」導入|RippleNetさらに拡大へ

by BITTIMES   

リップル(Ripple/XRP)社が提供している国際送金ソリューション「xRapid」は世界中で需要が高まっています。MIT Media LabやMastercard(マスターカード)からも支援を受けている送金会社「SendFriend(センドフレンド)」は、xRapidを導入してさらなるコスト削減、効率化に取り組んでいます。

こちらから読む:SendFriendが導入した国際送金ソリューション「xRapid」とは?

SendFriend(センドフレンド)とは

Send-Friend

SendFriend(センドフレンド)は、アメリカフィリピン間の国際送金を円滑に行うことができるソリューションを提供し、何百万人もの移住労働者の送金コスト削減や効率化に取り組んでいます。

センドフレンドの公式ホームページによると、同社のプロジェクトは、
・Barclays
・Techstars
・MIT Media Lab
・Mahindra Finance
・Mastercard Foundation
などの大手企業からの支援も受けているとされています。

送金コスト「65%削減」

move

SendFriendは、Ripple社が提供する送金業者やその他の金融機関向けソリューションである「xRapid」を導入して、さらなる業務の効率化、コスト削減に取り組んでいます。

Rippleが提供する「xRapid」は、世界中の銀行口座を持たない人々に流動性コストの低い迅速なリアルタイム送金を可能にする仕組みを提供しています。

このソリューションは、Ripple社が提供する代表的な3つのソリューションの中でも実際に仮想通貨XRPを使用することでも知られており、迅速かつ効率的な機能を備えた「XRP」をブリッジ通貨として利用することによって、従来の国際送金方法に比べ送金コストを大幅に削減することができるようになっています。

実際に海外メディアでは、SendFriendはこれらのブロックチェーン技術を活用したことによって、送金コストを業界平均から65%削減することに成功したとも報じられています。

RippleNet参加企業「200社以上」に

net

リップルが提供する「xRapid」は、今年10月に正式に商用化されることが発表され大きな話題となりました。正式リリースの発表が行われた時点でも、
・MercuryFX
・Cuallix
・Catalyst Corporate Federal Credit Union
などの企業が導入していると発表されており、この他にも複数の企業が試験的な導入に取り組んでいるとも報告されています。

実際に大幅なコスト削減を実現した実績を持っているRipple社の製品はここ最近でさらに注目が集まっており、同社が展開する国際送金ネットワーク「RippleNet(リップルネット)」に参加する企業はこの2ヶ月間で100社ほど増加し、参加企業の合計数は200社以上に昇るとも言われてます。

また最近では一般の人でもXRPを使って気軽に送金を行うことができるアプリなどもリリースされているため、XRPの活用範囲は非常に幅広くなっています。企業や金融機関だけでなく一般的にも利用できるようになっているXRPは、今後もさらに多くの場面で利用されるようになってくるでしょう。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年11月5日

リップル(Ripple/XRP)の価格は先月12日に43円近くまで下落した後に緩やかに上昇しており、2018年11月5日時点では「1XRP=52.50円」で取引されています。

2018年10月6日〜11月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年10月6日〜11月5日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は、セキュリティ面も安心な仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

Cardano(ADA)開発のための「Shelly公式仕様書」を公開|地方分権化に前進:IOHK

Poloniexをアジア地域へ拡大する計画|Circle社

Poloniexをアジア地域へ拡大する計画|Circle社

タイ証券取引委員会が「仮想通貨の規制強化」BCHなど3銘柄をリストから除外

タイ証券取引委員会が「仮想通貨の規制強化」BCHなど3銘柄をリストから除外

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

サムスンSDS:ブロックチェーン開発で「インドIT大手」と提携|利用拡大・機能性向上へ

サムスンSDS:ブロックチェーン開発で「インドIT大手」と提携|利用拡大・機能性向上へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

【Chiliz×Sorare】サッカー選手の「レアNFTカード」が当たるコラボキャンペーン開催

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

Twitterアカウントで「送金相手の事前確認」が可能に:Unstoppable Domains×Chainlink

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

前澤友作氏の新事業「参画する仮想通貨取引所幹部」が判明

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

bitFlyer Europe「新たなトレーディング機能」発表へ|日本ユーザーにも関係

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す