ビットコインキャッシュクラシック(BCHC)とは?新暗号通貨誕生か?

by BITTIMES   

ビットコインキャッシュクラシック(BCHC)は、ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークを行なった後に誕生する可能性が出てきた暗号通貨です。
クラシックとは言っていますが、クラシックの方が新しい暗号通貨扱いになります。
現状、ビットコインキャッシュクラシックは誕生していませんが、ハードフォークは成功していますので、いつブロックチェーンの分岐が起きて誕生してもおかしくない状況です。
「ビットコインやらビットコインキャッシュやらクラシックやら、最近の暗号通貨業界にはついていくだけで精一杯です!」
という人もたくさんいらっしゃると思いますので今回は、
ビットコインキャッシュクラシックとはどのような特徴を持った暗号通貨なのか?
なぜハードフォークをしてまで作る必要があったのでしょうか?
これらの疑問を解決するためのレポートにしていきます。

ビットコインキャッシュクラシックとは?

ビットコインキャッシュクラシック(BCHC)は、ビットコインキャッシュ(BHC)が抱えていた「マイナー安定しない」という問題を解決するために作られた通貨です。(予定)
ビットコインなどの暗号通貨は「ブロックチェーンに取引データを書き込むマイナー」が「安定的に多数いることで」初めて通貨として安定します。
マイナーがブロックチェーンに書き込んで初めて、「取引」として認められるからです。
もともと、ビットコインキャッシュは「 12時間で 6ブロック生成されなければマイニング難易度を最大 20%下げる。」という仕組みで運用されていました。
これは「マイニング難易度が下がった瞬間を狙ってマイニングすれば、利益が最大 125%増加する。」ということです。
当然、このビットコインキャッシュのマイニング難易度が下がった瞬間を狙って(正確にはシステムが効率性を判断して)
その瞬間にだけ、マイナーが集中し、一気にマイニングされ出す。という問題を抱えていました。
これは「 取引が最大 12時間反映されない」という可能性が常に存在するため、暗号通貨としては大きな欠陥です。
安定的にマインングをしてくれるマイナーの多さは、そのまま「通貨の安定度」とイコールなんですね。
そこで、「マイニング難易度の変更」を「 1ブロックごと( 10分ごと)」に行えるようにしたのが、今回のビットコインキャッシュのハードフォーク「ビットコインキャッシュクラシック(予定)」だということです。
マイニング難易度は、過去24時間( 144ブロック)の計算量によって決定されます。
これによって、マイニングの集中化を防ぎ、安定的な取引処理を行いつつも、さらに迅速に市場に対応しつつ、平均化されるように設計されています。
もちろん、ビットコインキャッシュ最大の特徴である「 8MB ブロックサイズ」は、維持されます。

ビットコインキャッシュクラシックの今後

現状、ビットコインキャッシュのハードフォークは成功しましたが、ブロックチェーンの分岐は起きていないため、ビットコインキャッシュクラシックの誕生はどのように転ぶのかはわかりません。
あくまでビットコインキャッシュの動向を見守り続ける必要がありそうです。
すでにビットコインキャッシュのノード(ネットワークに参加している機器)の 80%は対応しているようですが、まだどのようになるのかは、市場と運営側次第ですね。
どちらにせよ、新しいアルトコインの誕生と、そこに新たな価値が誕生するということは市場にとってはプラスであると考えて良いでしょう。
理解して起きたい記事
>>「ビットコインキャッシュとは何か?将来性と今後価格は上がるのか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「Gemini」ベーシックアテンショントークン(BAT)取り扱いへ

仮想通貨取引所「Gemini」ベーシックアテンショントークン(BAT)取り扱いへ

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

仮想通貨取引所ビットバンク「スマホで本人確認」の提供開始

仮想通貨取引所ビットバンク「スマホで本人確認」の提供開始

リップル(Ripple/XRP)ETHを追い抜き時価総額ランキング「2位」に浮上!

リップル(Ripple/XRP)ETHを追い抜き時価総額ランキング「2位」に浮上!

暗号資産の税制改革「現時点ではまだ難しい」麻生大臣が音喜多議員の質問に回答

暗号資産の税制改革「現時点ではまだ難しい」麻生大臣が音喜多議員の質問に回答

Coinbase Pro:LINK・XRPなど4銘柄で「ユーロ・英ポンド建て」取引ペアを追加

Coinbase Pro:LINK・XRPなど4銘柄で「ユーロ・英ポンド建て」取引ペアを追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

【BITMAX】LINE独自の暗号資産「リンク(LINK/LN)」8月6日から取引開始

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

【速報】GMOコイン:暗号資産「オーエムジー(OMG)」の取り扱い開始|日本国内初

カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

カルダノ開発企業:食品追跡会社「BeefChain」と提携|サプライチェーン管理などで協力

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月2日〜8日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年8月2日〜8日

ブロックチェーン×位置情報連動型ゲーム「駅メモ!Our Rails」公開へ:モバイルファクトリー

ブロックチェーン×位置情報連動型ゲーム「駅メモ!Our Rails」公開へ:モバイルファクトリー

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

オランダカンナビノイド協会:ブロックチェーン基盤の「CBD製品追跡ツール」公開

オランダカンナビノイド協会:ブロックチェーン基盤の「CBD製品追跡ツール」公開

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

コインチェック「BATの取り扱い」正式に開始|貸仮想通貨・つみたてサービスも提供

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月19日〜25日

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

DMMビットコイン:BAT・QTUMの「レバレッジ取引」正式に開始

DMMビットコイン:BAT・QTUMの「レバレッジ取引」正式に開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す