ビットコインキャッシュプラスとは?デマを流して乗っ取る戦略

by BITTIMES   

11月16日の日経新聞で「ビットコインキャッシュプラス( BCP )誕生へ」の記事が取り上げられました。
日本最大手のビジネスメディアが取り上げたこともあり市場では「ビットコインキャッシュプラスとはどのような通貨なのか?」と憶測が飛び交っています。
ビットコインからのハードフォークによって 2018年1月2日に誕生予定のビットコインキャッシュプラスは、すでに公式サイトも公開されており、多くの注目が集まっています。
しかし、ここへ来て「ビットコインキャッシュプラスはデマではないのか?」という噂が流れ出し、
噂の中には「ビットコインキャッシュプラスは、Segwit2x派、もしくはビットコインコアがビットコインキャッシュを潰すために作り上げた。」との黒い噂も目立っています。

ビットコインキャッシュプラスとは?

重要なことなので最初にお断りをしておきますが、
ビットコインキャッシュプラスの公式サイトには、「ビットコインキャッシュの技術的な記述・機能性などが具体的には一切書かれていない。」ということです。
ビットコインキャッシュプラスの公式サイトには、
・数秒で完結する取引
・信頼性のあるネットワーク
・低料金の送金手数料
・シンプルで使いやすく面倒なことがない
・価値のあるストアでの支払いシステム
・世界で最も堅牢なブロックチェーン
と、ぱっと見「凄そうなこと」が書かれていますが、その内容は「技術的な裏付けが証明されていない」「暗号通貨では当たり前のこと」が単に述べられているだけです。
また、新機能として、
・公平なマイニングアルゴリズム( Equihash マイニングアルゴリズム)
・オン・チェーン・スケーラビリティ( 8MBブロックサイズ)
・緊急マイニング難易度調整
を語っています。
Equihash マイニングは、PCに積まれているメモリを基とするプルーフ・オブ・ワークで、メモリの量によってマイニングの量がほぼ決定されるというものです。
現在のビットコイン マイニングは、専用機にてマイニングを行います。( ASICs )
しかし、多少効率性が落ちたとしても、一般機にも搭載されているメモリ重視のマイニングが行われるとすれば、今の寡占化したマイニング市場に、多くの一般人が参入できることを意味します。
おそらくこの点が最も注目が集まる部分ではないでしょうか?
また、何より注目すべきは、ビットコインキャッシュプラスは「ビットコインからのハードフォークで誕生する」ということです。
名前を見たとき、まず多くの人がビットコインキャッシュからのハードフォークで誕生するかと勘違いするはずです。
なぜ「ビットコインプラス」ではダメだったのか?
この名前にビットコインキャッシュプラスの裏の真実が見え隠れしている気がします。

ビットコインキャッシュプラスのデマでBCHを乗っ取る

ある程度ビットコインや暗号通貨に関して知識を持っている方々は、「ビットコインキャッシュプラスそのものがデマ、もしくはただの煽りではないか?」と感じているようです。
なぜなら、ビットコインキャッシュプラスを運営している「 BCPグループ」が未だにどんな団体なのか、全く公表されていません。
出回っている情報で最も”ドコ派”なのかを推測できるのは、日経新聞が公表しているこの文章です。
「 BCPグループは、Segwit2x よりも強固なシステムを組み込み、安全性を高めたと主張している。」
こうした「出所がわからない噂」が広まった場合、
誰が噂を広めたのかを突き止める方法は「その噂で誰が得するか?」を考えるのが手っ取り早いです。
この場合は、2団体です。
・「 Segwit2x」開発グループ
・「ビットコインコア」
まず Segwit2x ですが、今回ハードフォークが見事に失敗し、「今回は失敗しない良い通貨を開発します。」というストレートな主張を通す場合は、こちらであっていると考えていいでしょう。
ビットコインコアの場合は、やや話が複雑になると思います。
ビットコインからハードフォークするにもかかわらず、「ビットコインキャッシュプラス」と命名し、性能の低い酷いコインを生み出しすことで、「ビットコインキャッシュ潰し」を行うためにこの名前にした可能性と、
ビットコインキャッシュを飲み込むために、この名前にした可能性。どちらも考えられます。
全ては憶測の域を超えることはありませんが、
ただ、デマにしても、どちらが「正」にしても「まともな」考えで実行できることではありませんね。
ビットコインをはじめとした、暗号通貨は「平等・公平を掲げた私たち一般人の通貨革命」のはずです。
なぜ、このように政治的な要素が絡んでしまうのでしょうか。
「良いコインが支持を集めて成長する。」
こうしたシンプルな市場になっていければ良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン(BTC)の「大口顧客向けOTC取引サービス」を開始|コインチェック

ビットコイン(BTC)の「大口顧客向けOTC取引サービス」を開始|コインチェック

ディーカレット:仮想通貨の「現物取引サービス」本日開始|キャンペーンも継続中

ディーカレット:仮想通貨の「現物取引サービス」本日開始|キャンペーンも継続中

日本政府「暗号資産」の呼称を正式に適用|仮想通貨関連の改正案を閣議決定

日本政府「暗号資産」の呼称を正式に適用|仮想通貨関連の改正案を閣議決定

ビットコインが使える不動産会社をついに発見

ビットコインが使える不動産会社をついに発見

【参議院選挙】仮想通貨の「税制改正」目指す藤巻氏、僅差で落選

【参議院選挙】仮想通貨の「税制改正」目指す藤巻氏、僅差で落選

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨への関心「女性・若者」の間で大幅増加:CoinMarketCap調査報告

仮想通貨への関心「女性・若者」の間で大幅増加:CoinMarketCap調査報告

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

XRP Ledgerの「アカウント削除機能」有効化へ|修正案が正式に可決

スマホでの「仮想通貨取引」をもっと気軽に|Samsungウォレット・Geminiアプリが連携

スマホでの「仮想通貨取引」をもっと気軽に|Samsungウォレット・Geminiアプリが連携

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

韓国・寿城大学「AIブロックチェーンキャンパス」設立へ|人工知能協会とMoU締結

韓国・寿城大学「AIブロックチェーンキャンパス」設立へ|人工知能協会とMoU締結

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

マンガ×ブロックチェーンの「コミカブカード」NFTマーケットプレイスで取引可能に

マンガ×ブロックチェーンの「コミカブカード」NFTマーケットプレイスで取引可能に

ビットコイン「ブロック生成速度」が大幅低下|半減期後のマイナー撤退が影響か

ビットコイン「ブロック生成速度」が大幅低下|半減期後のマイナー撤退が影響か

米国議会「ブロックチェーン投票システム」の導入を検討|新型コロナの影響受け

米国議会「ブロックチェーン投票システム」の導入を検討|新型コロナの影響受け

GMO:日本円連動型のステーブルコイン「GYEN」5月中に公開へ

GMO:日本円連動型のステーブルコイン「GYEN」5月中に公開へ

仮想通貨取引所Bithumb:モネロ(XMR)の「取扱い終了」を発表|犯罪利用などを懸念

仮想通貨取引所Bithumb:モネロ(XMR)の「取扱い終了」を発表|犯罪利用などを懸念

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す