ビットコインは「崩壊したバブル経済」Googleの人工知能(AI)が説明

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は昨年末に「約220万円」まで上昇しましたが、2018年に入ってからは下落相場が続いているため、最近では『価値が0円になる』といった意見も見られるようになってきました。仮想通貨市場の今後の動きについては現在も意見が分かれていますが、Google(グーグル)の人工知能(AI)は先日、ビットコインを簡単に説明する際に「崩壊したバブル経済」として表現しています。

こちらから読む:このまま崩壊に向かうのか?「ビットコイン価格」に対する著名人の見解

Google AIの「機械学習アルゴリズム」に基づいた見解

Google(グーグル)の検索エンジンで「Bitcoin」と検索すると、パソコンなどの端末ではトップページの右側に「Bitcoin」の重要な情報を要約したカードが表示されます。このカードは、検索されたワードの基本情報を簡単に説明するために、GoogleのAIが機械学習アルゴリズムに基づいて"最も有用である"と判断された情報が表示されるようになっています。

「Bitcoin」と検索した際に表示されるカードには通常、『ビットコインは電子現金の一種である暗号通貨であり、仲介を必要とせずにピア・ツー・ピアのビットコインネットワーク上でユーザーからユーザーにお金を送信することができる中央銀行または単一の管理者のない分散型デジタル通貨である』といった説明がなされていますが、先日この文章は一時的に以下のような文章に変更されました。

bitcoin-bubble

ビットコインは電子現金の一種に分類される暗号通貨です。ビットコイン市場は、2018年12月末頃に価格が82%下落したため、「崩壊したバブル経済」として広く認識されています。

改訂された文章には、ビットコインは「崩壊したバブル経済」として広く認識されているということがはっきりと記されています。この文章は「Wikipedia」から引用されたものであり、元となった文章は12月12日にWikipediaのユーザーである「Smallbones」という人物が書いたものだと伝えられています。同氏はこの文章が仮想通貨に関する"多数決の結果"を反映したものだと説明していますが、仮想通貨コミュニティではこの内容について反対する意見も出ています。

結果的に「Bitcoin」と検索した際に表示される文章は現在訂正されていますが、一時的に表示された文章は注目を集めています。GoogleのCEOであるSundar Pichai(サンダー・ピチャイ)氏は、以前にGoogleのAIアルゴリズムは「関連性、人気度、鮮度」や「ユーザーの行動」などに基づいて全てのキーワードを調べると説明しています。

今回表示された情報が"どのような判断で表示されることになったのか"についての具体的な詳細まではわからないものの、GoogleのAIがビットコインを「崩壊したバブル経済」として表現したことには注目が集まっています。世界的に大きな影響力を持つGoogleのAIは一時的に"ビットコインの崩壊"を示唆したものの、仮想通貨業界では『長期的にはビットコイン価格が回復する』との意見が多く出ています。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年12月20日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、ここ数日間に渡って上昇が続いていますが、2018年12月19日に43万円近くまで上昇して以降は徐々に価格を下げており、記事執筆時点では「1BTC=422,972円」で取引されています。

2018年12月13日〜20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月13日〜20日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Steve Wozniak「ブロックチェーン企業とマルタで起業するかもしれない」

Steve Wozniak「ブロックチェーン企業とマルタで起業するかもしれない」

Apple:ビットコイン「アイコン」と「CryptoKit(クリプトキット)」公開へ

Apple:ビットコイン「アイコン」と「CryptoKit(クリプトキット)」公開へ

シカゴ・マーカンタイル取引所「マイクロビットコイン先物(MBT)」提供開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「マイクロビットコイン先物(MBT)」提供開始

『サトシ・ナカモトは誰だと思う?』Cardano創設者Charles Hoskinson氏が回答

『サトシ・ナカモトは誰だと思う?』Cardano創設者Charles Hoskinson氏が回答

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

ビットコイン価格が金を超えた歴史的瞬間

ビットコイン価格が金を超えた歴史的瞬間

注目度の高い仮想通貨ニュース

Decentraland上のメタバース都市「Oasis KYOTO」プレオープン:コインチェック

Decentraland上のメタバース都市「Oasis KYOTO」プレオープン:コインチェック

DMMメタバースプロジェクト「Mid Mega City」始動|Unreal Engine 5で開発

DMMメタバースプロジェクト「Mid Mega City」始動|Unreal Engine 5で開発

ロシア:友好国との国際貿易で「ステーブルコイン決済基盤」を構築=報道

ロシア:友好国との国際貿易で「ステーブルコイン決済基盤」を構築=報道

ZARA:メタバースコレクション「Y2K クリーチャーズ」をローンチ

ZARA:メタバースコレクション「Y2K クリーチャーズ」をローンチ

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

Play to Earn拠点シミュレーション×NFT軍団バトルゲーム「HERO SPIRAL」を発表:DEA社

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

BINANCE:Terra Classic(LUNC)の「1.2% Tax Burn」対応方針を発表

イスラエル発のLayer3ブロックチェーン「Orbs」東京ミートアップ開催へ

イスラエル発のLayer3ブロックチェーン「Orbs」東京ミートアップ開催へ

【重要】BINANCE:主要ステーブルコイン「USDC・USDP・TUSD」関連サービス終了へ

【重要】BINANCE:主要ステーブルコイン「USDC・USDP・TUSD」関連サービス終了へ

Huobi Japan:販売所・取引所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱いへ

Huobi Japan:販売所・取引所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱いへ

Chiliz&Socios:米国初のeスポーツファントークン発行へ「Immortals」と提携

Chiliz&Socios:米国初のeスポーツファントークン発行へ「Immortals」と提携

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年9月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年9月18日〜24日

イーサリアム:The Merge第一弾「Bellatrix」アップデートを完了

イーサリアム:The Merge第一弾「Bellatrix」アップデートを完了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す