Kraken:リップル(XRP)とビットコインキャッシュの「証拠金取引」を開始

by BITTIMES

仮想通貨取引所Kraken(クラーケン)は、リップル(Ripple/XRP)とビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の証拠金取引を開始することを発表しました。これにより同取引所が提供する証拠金取引は合計8資産となりました。

こちらから読む:Huobiが日本市場に進出「仮想通貨取引所」関連ニュース

仮想通貨「8種類」の証拠金取引が可能に

Kraken(クラーケン)はこれまで、
ビットコイン(Bitcoin/XBT)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)
オーガー(Augur/REP)
モネロ(Monero/XMR)
テザー(Tether/USDT)
を証拠金取引サービスの対象として取り扱っていましたが、2018年12月28日には新たに2つの通貨を追加することが発表されました。これにより、Krakenが取り扱う証拠金取引の対応通貨は合計8通貨となりました。

新たに開始することが発表された証拠金取引の通貨ペアとレバレッジは次の通りです。

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
BCH/XBT - 2倍
BCH/USD - 2倍、3倍
BCH/EUR - 2倍、3倍

リップル(Ripple/XRP)
XRP/XBT - 2倍、3倍
XRP/USD - 2倍、3倍、4倍、5倍
XRP/EUR - 2倍、3倍、4倍、5倍

借入限度額はランクごとに決定

借入限度額はアカウントの階層(Tier)に応じて決定されるようになっており、階層ごとの限度額は次のようになっています。

・ビットコインキャッシュ(BCH)
Tier 1:1 BCH
Tier 2:5 BCH
Tier 3:50 BCH
Tier 4:500 BCH

・リップル(XRP)
Tier 1:5,000 XRP
Tier 2:25,000 XRP
Tier 3:250,000 XRP
Tier 4:2,500,000 XRP

但し、日本居住者の利用は「不可」

なおXRPとBCHは「担保通貨」ではないと説明されています。これはつまりXRP、BCHの残高に対して証拠金ポジションを持つことができないことを意味しています。このため、証拠金ポジションを持つためには他の担保となる通貨を保有している必要があります。

証拠金取引は大きな利益をもたらす一方、大きな損失をもたらす可能性もあるため、リスクを十分に理解するよう注意が必要です。なおKrakenは日本居住者向けの「仮想通貨交換業サービス」の廃止を発表しているため、日本居住者からの新規アカウント登録は受け付けていません。日本でKrakenのサービスを利用することはできないものの、KrakenでXRP、BCHの証拠金取引が開始されたことによって、日本国外でのXRP、BCHの流動性はさらに高まることになるでしょう。

公式発表は以下のリンクからどうぞ
>Krakenの公式発表ページはこちら

日本でリップル(XRP)やビットコインキャッシュ(BCH)の取引を行う場合にはXRP取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

伊藤忠:ブロックチェーン用いた「コーヒー情報追跡アプリ」提供へ

KuCoin(クーコイン)が日本向けサービスの終了を発表

KuCoin(クーコイン)が日本向けサービスの終了を発表

マネックス証券:暗号資産4銘柄の「差金決済取引(CFD)」提供へ=日経報道

マネックス証券:暗号資産4銘柄の「差金決済取引(CFD)」提供へ=日経報道

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

管理されたステーブルコインは「証券法で規制すべき」米国議員が新たな法案を提出

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

Ripple社「米SECの訴訟問題」で声明|米国含む世界中での運用・サポートを継続

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

Cheeese:ネットショップの口コミ投稿で「ビットコインがもらえる」新機能追加

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す