バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

by BITTIMES

バーレーン大学(University Of Bahrain)は、検証可能な公式記録を発行している「Learning Machine(ラーニング・マシーン)」と提携を結び、ブロックチェーン証明書の国際規格である「Blockcerts(ブロックサーツ)」を使用して"卒業証書"を発行する同国初の教育機関になる予定です。

こちらから読む:卒業証書の情報を安全に管理できる「ブロックチェーン技術」とは

バーレーン大学(University Of Bahrain)とは

バーレーン大学

バーレーン大学(University Of Bahrain)は、バーレーン王国最大の公立大学であり、国内唯一の国立大学です。1986年に設立された同大学には合計3つのキャンパスがあり、2万人以上の登録学生と2,000人以上のスタッフが在住しています。

バーレーン政府から1億1000万ドル(約120億円)を予算として受け取っているバーレーン大学は、経済、法学、情報技術、理学、工学、健康科学など「合計10の学部」で構成されています。

最先端テクノロジーにも目を向けているバーレーン大学は、卒業生たちの情報をより安全に管理し、気軽に扱うことができるようにするために、卒業証書の発行にブロックチェーン技術を活用することを計画しています。

安全かつ検証可能な国際規格「Blockcerts」

blockcerts

証明書の発行には、ブロックチェーン技術を活用した検証可能な公式記録を発行している「Learning Machine(ラーニング・マシーン)」が協力しており、同社が採用している"ブロックチェーン証明書の国際規格"である「Blockcerts(ブロックサーツ)」のシステムが使用される予定となっています。

Blockcerts(ブロックサーツ)は、証明書やその他の情報を安全かつ検証可能な方法でブロックチェーンに記録するための、世界的に認められた国際規格です。このシステムに保存されているデータは暗号化技術で安全に署名されており、オンラインで閲覧・共有することもできるため、各種証明書の取り扱いや保管をより簡単に行うことができるようになっています。

同大学の戦略責任者であるAbdulhussain Mirza氏は、ブロックチェーン技術について次のように語っています。

ブロックチェーン技術の可能性は仮想通貨をはるかに超えており、教育分野での活用は非常に魅力的でエキサイティングなものです。

ユーザーデータを保護するブロックチェーンは、サイバーセキュリティを含めた様々な業界、企業に適用することができます。これは本物の進歩の証です。

各国で進むブロックチェーン技術教育

「Learning Machine」が提供するシステムは、「Blockcerts」の展開や成長に欠かせない要素となっており、現在は中東の他にも、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアカリブ海諸国のいくつかの政府機関、学術機関、民間組織は「安全なオンライン証明書を発行する方法」としてこの技術を採用しています。

またマサチューセッツ工科大学(MIT)は、2017年10月時点からブロックチェーン技術を活用しており、Blockcertsプラットフォームを通じてビットコイン・ブロックチェーンを使用した「デジタル証明書」を100人以上の卒業生に発行しています。

世界各国の大学では、ブロックチェーン技術の導入が急速に進んできており、仮想通貨やブロックチェーンの技術者育成コースなども複数発表されています。仮想通貨業界2019年の最重要課題は「教育」であるとも言われているため、ブロックチェーン技術を扱うこれらの大学はこれからさらに注目されていくと考えられます。

Blockchain学習の画像 ブロックチェーン・オンライン学習プログラムはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

シンガポールのライドシェアアプリ「Ryde」ビットコイン決済対応へ

シンガポールのライドシェアアプリ「Ryde」ビットコイン決済対応へ

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

分散型取引所McAfeeDEX「Tron/TRX」関連の仮想通貨サポートへ|11月8日から

バイナンスがBinance Chainなどの大規模計画を発表

バイナンスがBinance Chainなどの大規模計画を発表

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

リップル(XRP)活用したブラウザアプリが「App Store」に登場|日本でも利用可能

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「Wallet S1」公開:暗号資産取引所Gate.io

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

暗号資産取引所OKCoin「マルタ・オランダ・プエルトリコ」でもライセンス取得

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】Levante UDの「$LEVファントークン」本日販売開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

c0ban取引所「RYO総購入量の最大5%がもらえる」購入キャンペーン開始

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

CoinGecko:日本円ステーブルコイン「JPYCoin(JPYC)」の情報掲載開始

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

仮想通貨投資で用いられる「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリットなどを解説

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月25日〜31日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月25日〜31日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す