米SEC:CBOEのビットコインETF「申請取り下げ」を報告|政府機関の閉鎖が影響

by BITTIMES   

米証券取引委員会(SEC)は、Cboe BZX Exchange(シカゴオプション取引所)が提出していたビットコインETF「SolidX Bitcoin Shares」上場の規則改正案の提案が2019年1月22日に撤回されたことを発表しました。

こちらから読む:ビットコインの一般普及が進む「アメリカ」関連ニュース

ビットコインETFの申請を撤回

・Cboe BZX Exchange(シカゴオプション取引所)
・VanEck(ヴァンエック)
・SolidX(ソリッドX)
は、現物をベースとしたビットコインETF(上場投資信託)「SolidX Bitcoin Shares」上場に関する規制改正案を2018年6月20日に提出していました。仮想通貨業界でビットコインETFへの期待が高まる中でこの提案は"承認される可能性が最も高い"とも言われており、期待が高まっていました。

しかし米証券取引委員会(SEC)は、2018年8月7日と9月20日に「SolidX Bitcoin Shares」の可否判断を延期することを発表しており、審査期間を2019年2月27日まで延長していました。しかし今回の発表ではこの提案が"撤回"されたことが伝えられています。

撤回の理由に関する詳しい説明は行われていないものの、「VanEck」のデジタル資産戦略ディレクターであるGabor Gurbacs(ガボール・ガーバックス)氏は、今回の申請取り下げは一時的なものであると語っており『現在も規制当局や市場参加者と連携を図りつつ、ビットコインETFやデジタル資産全体に適した市場構造の枠組みを積極的に築いている』と説明しています。

原因は「政府機関の閉鎖」

申請取り下げの理由としては、米政府機関の長期的な閉鎖が「ビットコインETF」承認審査の妨げとなっていることが挙げられており、Van Eck社のCEOであるJan Van Eck(ジャン・ヴァン・エック)氏は、政府閉鎖の影響によってこれまで課題とされてきたカストディ、市場操作、価格に関する議論を中止せざるを得なくなったと説明しています。

同氏は、SECが課題として挙げている「ビットコインETFの問題点」に対する解決策はすでに取られているものの、今の状況では規制当局にそのことを説明するのは難しいため、このような状況下で最終判断が流されていくの見ておくのではなく、自ら引き下がることを選んだと説明しています。そのため、SECが再開すれば再び申請を行い、規制当局との対談を重ねていくとされています。

申請が再び行われれば、SECは最終判断まで新たに最大240日までの猶予を持って審査を行うことができるため、より慎重に議論を行うことができるようになります。

米国では、2018年12月22日頃から「メキシコ国境の壁」の建設費用を巡って政府機関の一部が閉鎖状態となっています。この問題はビットコインETFだけでなく、仮想通貨取引プラットフォームBakktなどのサービス開始にも影響を与える可能性があると言われているため、これらの問題解決も今後重要となってくることでしょう。

2019年1月24日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、過去1ヶ月間に渡って40万円前後での推移を続けており、2019年1月24日時点では「1BTC=392,162円」で取引されています。

2018年12月25日〜2019年1月24日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月25日〜2019年1月24日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:大手仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」買収を完了

BINANCE:大手仮想通貨情報サイト「CoinMarketCap」買収を完了

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

2020年3大イベントで「ビットコイン価格は2倍以上に」Tom Lee氏が予想

Ripple社「中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連プロジェクト」で求人募集

Ripple社「中央銀行デジタル通貨(CBDC)関連プロジェクト」で求人募集

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

LINE:米国拠点の仮想通貨取引所「BITFRONT」運営開始

LINE:米国拠点の仮想通貨取引所「BITFRONT」運営開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

Huobi Japan:ディープコイン上場記念「3つのキャンペーン」を同時開催

Huobi Japan:ディープコイン上場記念「3つのキャンペーン」を同時開催

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

Moonstake:学ぶ&稼ぐ暗号資産投資プラットフォーム「MoonWealth」を発表

Moonstake:学ぶ&稼ぐ暗号資産投資プラットフォーム「MoonWealth」を発表

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

Metacade(MCADE)が公式にプレセールを開始。2023年の人気クリプトトークンに?

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

2022年の革新的なクリプトマーケティングキャンペーン3選:ビッグアイズコイン、カステッロコイン、アルゴランド

コインチェック:先着100名に1万円相当のBTC「暗号資産入金キャンペーン」開催へ

コインチェック:先着100名に1万円相当のBTC「暗号資産入金キャンペーン」開催へ

Gate.io:仮想通貨決済ソリューション「Gate Pay」を発表|130銘柄以上に対応予定

Gate.io:仮想通貨決済ソリューション「Gate Pay」を発表|130銘柄以上に対応予定

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

暗号資産レンディング企業「BlockFi」が破産申請|FTX破綻の影響で

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

カルダノ関連DEX「AdaSwap」メインネットで正式稼働

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

ビットバンク:イーサリアム保有者に対する「ETHF」の付与方針を発表

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「Huobi Japan」の魅力を解説

取扱銘柄・サービスが豊富な暗号資産取引所「Huobi Japan」の魅力を解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す