NASDAQ「ビットコイン先物取引」来年開始か|SEC委員長は取引所への懸念を表明

by BITTIMES   

NASDAQ(ナスダック)が2019年第一四半期にビットコイン先物取引の開始を予定していることがBloomBergの報道で明らかになりました。多くの大手金融機関が「暗号通貨関連商品」の準備を進めている一方で、米国証券取引委員会(SEC)のJay Clayton(ジェイ・クレイトン)委員長は、仮想通貨業界における「投資家保護」が不十分であることを懸念していると語っています。

こちらから読む:大手金融機関参入で来年"2万ドル"超?「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン先物取引「2019年第一四半期」に開始予定

bitcoin

仮想通貨市場の下落は続いているものの、NASDAQ(ナスダック)は引き続きビットコイン先物取引の提供を計画していると伝えられています。NASDAQは今後も仮想通貨に対する投資家の関心は続くとみており、2019年第一四半期には「ビットコイン先物取引」を提供できるように米商品先物取引委員会(CFTC)の懸念を払拭するための努力を続けていると伝えられています。

NASDAQによる「ビットコイン先物取引」提供に関する報道は昨年11月にも報じられており、当時は2018年内に取引を開始できるように準備を進めていると伝えられていました。ニューヨーク証券取引所(NYSE)に続く世界第2位の規模を誇る「NASDAQ」の参入は業界に大きな期待を与えましたが、今のところ取引は開始されていません。

仮想通貨関連企業との提携が続く「NASDAQ」

Alliance

NASDAQのCEOであるAdena Friedman(アデナ・フリードマン)氏は、今年4月にも「CNBC」とのインタビューの中で『仮想通貨取引は今後も継続されるだろう』との考えを語っており、規制が整えば仮想通貨取引の開始を検討すると説明しています。またナスダックは仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)との提携も結んでおり、以前から仮想通貨に対する意欲を見せています。

2018年11月27日には、米国最大手の仮想通貨メディア「CoinDesk」が主催するブロックチェーン・仮想通貨関連のカンファレンス「Consensus(コンセンサス)」の中で、ビットコインETFを現在申請しているVanEck社のデジタル資産戦略部門のディレクターであるGabor Gurbacs(ガボール・ギャバックス)氏がNASDAQと提携を結んだことを発表しています。

最有力のビットコインETF申請企業とも言われているVanEck社は、透明性の高い、規制に基づいたデジタル資産商品を提供するためにナスダックと提携すると説明しており、新しいインデックスも共同開発すると伝えられています。

米国証券取引委員会(SEC)の見解

sec

仮想通貨関連のサービス提供に向けた取り組みはその他の大手金融機関も行なっています。

アメリカの大手金融サービス会社Fidelity Investments(フィデリティ・インベストメント)は、今年10月に仮想通貨の取引・管理サービスを提供する関連会社「Fidelity Digital Assets(フィデリティ・デジタル・アセット)」を立ち上げたことを発表しています。

また、世界最大の資産運用会社として知られる「BlackRock(ブラックロック)」や仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」なども仮想通貨関連のサービス提供を計画していると伝えられていますが、現時点ではこれらの機関も政府による正式な認可が得られるまで提供を行わないことを発表しています。

このような状況の中で、米証券取引委員会(SEC)のJay Clayton(ジェイ・クレイトン)委員長は11月27日に「ビットコインETF」について、『仮想通貨取引所などでの取引があまりにも簡単に窃盗や操作の対象となっていることをまだ懸念している』と述べており、投資家保護のための対策が十分でないことからSECがビットコインETFを早期に承認する可能性は低いと語っています。

しかしその一方でSECのコミッショナーを務めるHester Peirce(ヘスター ・パース)氏は、ポッドキャスト「What Bitcoin Did」に出演した際に「仮想通貨ETF」は避けることができるものではなく、受け入れられる見込みがあるとの見解を示しています。同氏はあくまでも自分自身の見解であることを強調しつつ、『仮想通貨をベースとした商品が登場する可能性は大いにあると思う』と発言しています。

NASDAQ、Fidelity、Bakkt、BlackRockなどの主要な金融機関の参入に関する報道は続いており、「Bakkt」はNASDAQと同じように2019年1月24日にビットコイン先物取引を提供する予定だと発表しています。これからアメリカ政府によって正式に認められることになれば、仮想通貨市場は大きく成長する機会を得ることになるでしょう。

ビットコイン(BTC)の価格|2018年11月28日

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月25日に約41万円近くまで下落した後は横ばいの状態となっており、2018年11月28日時点では「1BTC=約440,000円」で取引されています。

2018年11月14日〜11月28日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月14日〜11月28日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

ブロックチェーン美容プラットフォーム「COSMOCHAIN」に大規模投資|韓国カカオ

ブロックチェーン美容プラットフォーム「COSMOCHAIN」に大規模投資|韓国カカオ

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

2023年、ビットコインが世界市場シェア「5%」を獲得と予想:米著名投資家

2023年、ビットコインが世界市場シェア「5%」を獲得と予想:米著名投資家

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月11日〜17日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月11日〜17日

コインチェックがアクセス制限、1BTC=100万円の表記も

コインチェックがアクセス制限、1BTC=100万円の表記も

注目度の高い仮想通貨ニュース

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

カナダの仮想通貨ATM「ステーブルコイン7種類」に対応

2020年、最も需要が高いスキルは「ブロックチェーン技術」=Linkedin調査報告

2020年、最も需要が高いスキルは「ブロックチェーン技術」=Linkedin調査報告

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

ブロックチェーン基盤の「デジタルゴールド転送システム」を稼働:トルコの銀行

ブロックチェーン基盤の「デジタルゴールド転送システム」を稼働:トルコの銀行

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

コインベース:仮想通貨学習サービス「Coinbase Earn」のサービス強化へ

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

2019年、主要仮想通貨の「投資収益率」は?その他金融商品との比較も

韓国通信大手KT:ブロックチェーンベースの「カード型デジタル通貨」展開へ

韓国通信大手KT:ブロックチェーンベースの「カード型デジタル通貨」展開へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年12月29日〜2020年1月4日

【楽天ペイ】スーパーマーケット「オークワ」全159店舗に対応

【楽天ペイ】スーパーマーケット「オークワ」全159店舗に対応

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

Craig Wright氏の弁護士:ビットコインの秘密鍵「まだ入手していない」と説明

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

中国人民銀行:デジタル人民元の「開発進捗」を報告

米SEC「Wilshire Phoenix」のビットコインETF、可否判断を再び延期

米SEC「Wilshire Phoenix」のビットコインETF、可否判断を再び延期

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す