仮想通貨取引所Bakkt:先物取引業者の「資産買収」を発表|メンバーをさらに強化

by BITTIMES

仮想通貨取引プラットフォームBakkt(バックト)は2019年1月15日、100年近い歴史を持つ先物取引業者「ローゼンタール・コリンズ・グループ(Rosenthal Collins Group/RCG)」が保有する資産の一部買収に向けた交渉を行なっていることを発表しました。

こちらから読む:2019年の動きに注目が集まる「Bakkt」関連ニュース

Rosenthal Collins Group(RCG)とは

RCG

ローゼンタール・コリンズ・グループ(Rosenthal Collins Group/RCG)は、1923年に創業されて以降およそ100年間に渡ってクライアントからの信頼を保ち続けてきたシカゴを本拠地とする独立系先物取引業者です。

業界での経験と高い専門知識を有している「Rosenthal Collins Group」は、世界中に拠点を構えており、機関投資家やプロトレーダーなどを含む数千もの顧客を抱えています。

今回の発表では、買収に伴い「RCG」のチームメンバーが「Bakkt」のチームに参加することも伝えられています。

リスク管理や資産運用システムを強化

BakktのCEOであるKelly Loeffler(ケリー・ロフラー)氏は、RCGのメンバーを迎え入れることによって「リスク管理」や「資金運用システム」を強化することができると期待しており、RCGが培ってきた専門知識が規制対応やアンチマネーロンダリング(AML)、本人確認(KYC)などの業務改善を促進し、顧客サービスの質をさらに向上させることができると語っています。

Bakktはこれまで米商品先物取引委員会(CFTC)から「ビットコイン先物取引」の承認を得るための努力を続けてきており、現在も承認待ちの状態となっていましたが、今回の買収でBakktのチームを強化することによって「承認」の可能性もさらに高まると期待されます。

ロフラー氏は今回の発表の中で「Bakkt」が承認獲得のための努力を続けていることを強調しており、信頼できる革新的なサービスを提供するためのさらなる投資に取り組んでいることを語っています。

ビットコイン先物取引「さらなる延期」の可能性

Bakkt

当初の予定では、Bakktの先物取引は今月24日に開始される予定となっていましたが、この日程はさらに延期となる可能性が高いと考えられています。

2019年の初めに公開された文章では、サービス延期の可能性が示唆されており「米商品先物取引委員会のプロセスとスケジュールに従って修正される」と説明されていました。

今回の発表には「サービスの開始時期」に関する内容は含まれていなかったものの、業界では延期の可能性が高いとの見方が強まっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

Bakktのアダム・ホワイト社長「来週でバックトを離れる」と報告

Bakktのアダム・ホワイト社長「来週でバックトを離れる」と報告

暗号資産取引所coinbook(コインブック)とは?基本情報・特徴などを解説

暗号資産取引所coinbook(コインブック)とは?基本情報・特徴などを解説

Twitter「仮想通貨機能の追加」も計画?決済機能導入に向けソフトウェア開発=報道

Twitter「仮想通貨機能の追加」も計画?決済機能導入に向けソフトウェア開発=報道

Spotify「アーティストのプロフィール欄でNFTを宣伝できる機能」をテスト

Spotify「アーティストのプロフィール欄でNFTを宣伝できる機能」をテスト

XRP価格急騰「100円台」まで回復|Sologenic(SOLO)エアドロップに向けてXRP買いか

XRP価格急騰「100円台」まで回復|Sologenic(SOLO)エアドロップに向けてXRP買いか

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

カルダノ開発企業「カスタムサイドチェーン開発用のツールキット」発表

仮想通貨の冬は終わりつつある?将来が期待されるホットな銘柄6選

仮想通貨の冬は終わりつつある?将来が期待されるホットな銘柄6選

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

MetaMask:仮想通貨の誤送金を狙う「アドレスポイズニング詐欺」について注意喚起

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

Nippon Idol Token(NIDT)暗号資産取引所2社で「2023年春」にIEO実施へ

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

Google Chromeに脆弱性「仮想通貨ウォレットなどの機密情報」が盗まれる可能性

弱気相場から脱する兆しあり、今注目すべきはメタケード

弱気相場から脱する兆しあり、今注目すべきはメタケード

Brave Wallet:iOS・Android版アプリでも「Solana DApps」への接続が可能に

Brave Wallet:iOS・Android版アプリでも「Solana DApps」への接続が可能に

JPYC:8万円相当のASTRが当たる「Twitterキャンペーン」などを開催

JPYC:8万円相当のASTRが当たる「Twitterキャンペーン」などを開催

Tesla「2四半期連続でビットコインを保持」2022年第4四半期はBTC売却せず

Tesla「2四半期連続でビットコインを保持」2022年第4四半期はBTC売却せず

coinbook:新規口座開設で「1,000円相当のADA」プレゼント|キャンペーン開催

coinbook:新規口座開設で「1,000円相当のADA」プレゼント|キャンペーン開催

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

独大手銀行デカバンク「機関投資家向けの暗号資産商品」提供へ|MEACO社の技術を採用

バイデン政権「仮想通貨リスク軽減のためのロードマップ」を発表

バイデン政権「仮想通貨リスク軽減のためのロードマップ」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す