ICE CEO:Bakktは「大きな可能性を秘めた賭け」サービス開始2019年後半か

by BITTIMES   

インターコンチネンタル取引所(ICE)の最高経営責任者(CEO)であるJeff Sprecher(ジェフ・スプレッチャー)氏は先日行われた2018年第4四半期決算説明の電話会議の中で、同社が立ち上げた仮想通貨取引プラットフォームBakkt(バックト)は「大きな可能性を秘めた壮大な賭けである」と語り、2019年後半のサービス開始に向けて現在も準備が進められていることを説明しました。

こちらから読む:ビットコインETF承認はそう遠くない「アメリカ」関連ニュース

インターコンチネンタル取引所(ICE)の最高経営責任者(CEO)であるJeff Sprecher(ジェフ・スプレッチャー)氏は2018年第4四半期決算説明の電話会議の中で、仮想通貨取引プラットフォームBakkt(バックト)の立ち上げを含む、戦略的イニシアチブに10億ドル(約1,100億円)以上の費用を費やしたと説明しました。

ICEは、エネルギー関連や農産物、貴金属、排出権、株価指数、外国為替、金利、CDSなどの多様なデリバティブ取引を扱う電子取引所や取引所を運営しており、ニューヨーク証券取引所(NYSE)とともに、23の多様なグローバル取引所を展開しています。

Bakktを含めた最近の投資から期待される収益や収益成長率について尋ねられたスプレッチャー氏は、仮想通貨プラットフォームBakktは「大きな可能性を秘めた壮大な掛け(ムーンショットベット)」だと語り、Bakktのチームが2019年後半のサービス開始に向けて準備を進めていることを説明しています。

Bakktはムーンショットベットであり、ICEが通常行うビジネスとは非常に異なる方法で組織されています。Bakktは独自のオフィスと管理チーム、インフラストラクチャを持っているため、ICEから独立して存在しています。

彼らは今年後半にローンチされると思われるインフラの構築に取り組んでいます。

またICEの最高財務責任者(CFO)であるScott Hill(スコット・ヒル)氏は「Bakktは2019年に焦点を当てた取り組みではなく、より長期的なプロジェクトである」ということを語っています。

Bakkt(バックト)は立ち上げが発表された当初から「Starbucks(スターバックス)」や「Microsoft(マイクロソフト)」などを含めた多くの投資家やパートナーを抱えており、現在もその規模を拡大してきています。

同社はビットコイン先物取引の開始を今年の初めに予定していましたが、米商品先物取引委員会(CFTC)との協議のために現在は延期することが発表されています。しかしながら同社は、より安全で信頼できる高品質なサービスを提供するための取り組みを続けており、先月半ばには、100年近い歴史を持つ先物取引業者「ローゼンタール・コリンズ・グループ(Rosenthal Collins Group/RCG)」が保有する資産の一部買収に向けた交渉を行なっていることを発表しています。

また、2019年1月24日にはビットコイン先物取引に関する詳細情報も公開されているため、確実に準備は整ってきていると考えられます。Bakktからの新たな発表には今後も期待が高まります。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

BinanceChain用いた「アフリカ初のステーブルコイン」が誕生

ロンドン警察:仮想通貨関連の犯罪に対処するための訓練を開始

ロンドン警察:仮想通貨関連の犯罪に対処するための訓練を開始

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

お菓子グッズ製造大手「Topps」ブロックチェーントレーディングカード発行へ

CryptoKitties開発企業:ブロックチェーンテスト環境「Flow Playground」公開

CryptoKitties開発企業:ブロックチェーンテスト環境「Flow Playground」公開

分散型取引所McAfeeDex:複数のバグにより「Tron/TRX」サポートに遅延

分散型取引所McAfeeDex:複数のバグにより「Tron/TRX」サポートに遅延

注目度の高い仮想通貨ニュース

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

Zaif:仮想通貨3銘柄の「取り扱い終了」を発表

Zaif:仮想通貨3銘柄の「取り扱い終了」を発表

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

三井物産:ブロックチェーン活用の資産運用事業で「合同会社」設立へ|LayerXなどと協力

ディーカレット:現物・レバレッジ取引の「API」提供開始

ディーカレット:現物・レバレッジ取引の「API」提供開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

日本STO協会に「東海東京証券株式会社」が参加

日本STO協会に「東海東京証券株式会社」が参加

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月15日〜21日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月15日〜21日

BITMAX:XRP最大2,200円相当がもらえる「仮想通貨スタート応援キャンペーン」開催

BITMAX:XRP最大2,200円相当がもらえる「仮想通貨スタート応援キャンペーン」開催

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で容疑者を拘束

ロシア警察「仮想通貨の違法マイニング」で容疑者を拘束

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す