ICE CEO:Bakktは「大きな可能性を秘めた賭け」サービス開始2019年後半か

by BITTIMES

インターコンチネンタル取引所(ICE)の最高経営責任者(CEO)であるJeff Sprecher(ジェフ・スプレッチャー)氏は先日行われた2018年第4四半期決算説明の電話会議の中で、同社が立ち上げた仮想通貨取引プラットフォームBakkt(バックト)は「大きな可能性を秘めた壮大な賭けである」と語り、2019年後半のサービス開始に向けて現在も準備が進められていることを説明しました。

こちらから読む:ビットコインETF承認はそう遠くない「アメリカ」関連ニュース

インターコンチネンタル取引所(ICE)の最高経営責任者(CEO)であるJeff Sprecher(ジェフ・スプレッチャー)氏は2018年第4四半期決算説明の電話会議の中で、仮想通貨取引プラットフォームBakkt(バックト)の立ち上げを含む、戦略的イニシアチブに10億ドル(約1,100億円)以上の費用を費やしたと説明しました。

ICEは、エネルギー関連や農産物、貴金属、排出権、株価指数、外国為替、金利、CDSなどの多様なデリバティブ取引を扱う電子取引所や取引所を運営しており、ニューヨーク証券取引所(NYSE)とともに、23の多様なグローバル取引所を展開しています。

Bakktを含めた最近の投資から期待される収益や収益成長率について尋ねられたスプレッチャー氏は、仮想通貨プラットフォームBakktは「大きな可能性を秘めた壮大な掛け(ムーンショットベット)」だと語り、Bakktのチームが2019年後半のサービス開始に向けて準備を進めていることを説明しています。

Bakktはムーンショットベットであり、ICEが通常行うビジネスとは非常に異なる方法で組織されています。Bakktは独自のオフィスと管理チーム、インフラストラクチャを持っているため、ICEから独立して存在しています。

彼らは今年後半にローンチされると思われるインフラの構築に取り組んでいます。

またICEの最高財務責任者(CFO)であるScott Hill(スコット・ヒル)氏は「Bakktは2019年に焦点を当てた取り組みではなく、より長期的なプロジェクトである」ということを語っています。

Bakkt(バックト)は立ち上げが発表された当初から「Starbucks(スターバックス)」や「Microsoft(マイクロソフト)」などを含めた多くの投資家やパートナーを抱えており、現在もその規模を拡大してきています。

同社はビットコイン先物取引の開始を今年の初めに予定していましたが、米商品先物取引委員会(CFTC)との協議のために現在は延期することが発表されています。しかしながら同社は、より安全で信頼できる高品質なサービスを提供するための取り組みを続けており、先月半ばには、100年近い歴史を持つ先物取引業者「ローゼンタール・コリンズ・グループ(Rosenthal Collins Group/RCG)」が保有する資産の一部買収に向けた交渉を行なっていることを発表しています。

また、2019年1月24日にはビットコイン先物取引に関する詳細情報も公開されているため、確実に準備は整ってきていると考えられます。Bakktからの新たな発表には今後も期待が高まります。

ビットコイン(BTC)の購入は仮想通貨決済サービスも提供している仮想通貨取引所BITPointからどうぞ。

仮想通貨取引所BITPointの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットレックス「仮想通貨取引プラットフォーム」世界規模に拡大|マルタ新規制で実現

ビットレックス「仮想通貨取引プラットフォーム」世界規模に拡大|マルタ新規制で実現

XRP Capital設立者のビットコイン価格予想|年末までに〇〇万円

XRP Capital設立者のビットコイン価格予想|年末までに〇〇万円

ブロックチェーンで「ヘルスケア業界」のコスト削減へ|医療・健康保険会社がIBMと提携

ブロックチェーンで「ヘルスケア業界」のコスト削減へ|医療・健康保険会社がIBMと提携

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

GMOグループが本格的な仮想通貨取引アプリをリリース | イギリス

フランス・マルセイユの貿易港:ブロックチェーン活用した「貨物輸送」のテストに参加

フランス・マルセイユの貿易港:ブロックチェーン活用した「貨物輸送」のテストに参加

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

マレーシアで進む「不動産のトークン化」ブロックチェーンが活用される理由とは?

注目度の高い仮想通貨ニュース

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

ブロックチェーンで追跡できる「adidasスニーカー」を発表|VeChain×HBO×SBTG

ブロックチェーンで追跡できる「adidasスニーカー」を発表|VeChain×HBO×SBTG

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

人気のゲームエンジン「Unity」向けの開発キットを発表|韓国ブロックチェーンID企業

ブロックチェーンとAIで音楽制作をサポート「soundmain」ティザーサイト公開:ソニー(SME)

ブロックチェーンとAIで音楽制作をサポート「soundmain」ティザーサイト公開:ソニー(SME)

リップル(XRP)が「Gmail」でも送金可能に!Chrome拡張機能「MoneyMessage」リリース

リップル(XRP)が「Gmail」でも送金可能に!Chrome拡張機能「MoneyMessage」リリース

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

レアルマドリード:ブロックチェーン基盤のグッズ交換アプリ「Fantastec SWAP」に参加

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

荒れる仮想通貨市場、USDT裏付け資産「約950億円」不正利用疑惑|Bitfinexは全面否定

荒れる仮想通貨市場、USDT裏付け資産「約950億円」不正利用疑惑|Bitfinexは全面否定

ブロックチェーンゲーム会社「Lucid Sight」アニモカ・ブランドと提携|アジア市場進出へ

ブロックチェーンゲーム会社「Lucid Sight」アニモカ・ブランドと提携|アジア市場進出へ

炭火焼肉たむら「ADAPay」導入へ|カルダノエイダで美味しいお肉が食べたい方のために

炭火焼肉たむら「ADAPay」導入へ|カルダノエイダで美味しいお肉が食べたい方のために

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

コインベース:仮想通貨取引の利用可能地域「53カ国」に|中南米・東南アジアに拡大

ORBS(オーブス)でリワードが得られる「Proof of Stake/PoS」の仕組みと参加方法

ORBS(オーブス)でリワードが得られる「Proof of Stake/PoS」の仕組みと参加方法

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す