BINANCE:独自ブロックチェーン・分散型取引所(DEX)のテストネット「2月20日」公開へ

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、現在開発を進めている独自のブロックチェーン「Binance Chain」と、分散型取引所「Binance DEX」の詳細情報を公開し、2019年2月20日にテストネットのリリースを目標にしていることを発表しました。

こちらから読む:Ripple社との提携に意欲「BINANCE」関連ニュース

複数のツールが利用可能に

BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、2019年2月12日のツイートで「Binance Chain」のテストネット公開を2019年2月20日に予定していることを明らかにしました。

ついに日程が決定しました。Binance Chainテストネット(@binance_dex)の公開を2月20日に予定しています。これはテストネットです。あなたの感想をお待ちしています。

「Binance Chain」と「Binance DEX」は、Tendermint(テンダーミント)とCosmos SDK(コスモスSDK)を採用する予定だとされており、ユーザーはウェブブラウザを通じて「Binance DEX」のクライアントUIにアクセスできるようになると説明されています。

「Binance DEX」は、仮想通貨取引所BINANCEとは別に立ち上げられる分散型取引所(DEX)であり、ユーザーは自分のウォレットの秘密鍵を自分自身で管理したまま、スムーズに取引を行うことができるようになっています。

BINANCEはすでに開発者向けにウォレットブロックエクスプローラーなどのツールを公開しており、「Binance Chain」の公開直後にはそれらを利用することができるとのことです。

高い処理能力を有した「高性能ブロックチェーン」

ジャオ・チャンポン氏は、以前に「Binance Chainの検証を行うノードの数はいくつになるのか?」という質問に対して『テストネットは11のノードで稼働することを予定している』と語っています。ノード数を少数に限定した理由については、ブロックチェーンの性能を確保するためだと説明されており、ネオ(Neo/NEO)リップル(Ripple/XRP)のように少ないノードでブロックチェーンの性能を向上させていく予定であることが明かされています。

また、将来的には誰でもノードを設置することができるようになる予定となっているため、トランザクションの検証を行うことによって報酬を得ることができるようになりますが、BIANACEチームは「非常に高速なバリデータを実行できる人を探している」と語っており、高性能なハードウェアを必要としていることを説明しています。

チャンポン氏は「Binance Chain」は現時点で「毎秒数千のトランザクションを処理することができる」と語っており、今後もさらにこの性能を向上させることができると説明しています。

さらに同氏は「Binance Chain」は数百万ものトークンを処理することができるとも説明しており、トークン発行のプロセスも非常にシンプルで、インターフェースを通じて簡単に実行できると語っています。

Changpeng Zhao氏は「Binance Chain」について、複雑な機能を提供するよりも高い処理能力を実現することに焦点を当てていると説明しています。世界最大級の仮想通貨取引所BINANCEが展開する新たなサービスには期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRP Ledgerで株式・ETFをトークン化「Sologenic」プロジェクトを発表:Coinfield

XRP Ledgerで株式・ETFをトークン化「Sologenic」プロジェクトを発表:Coinfield

BINANCE:暗号資産「FUEL・ARN・LUN」の取扱い終了へ|保有者は交換・出金の対応を

BINANCE:暗号資産「FUEL・ARN・LUN」の取扱い終了へ|保有者は交換・出金の対応を

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

仮想通貨取引のルール強化!インサイダー規制に続き業務改善命令も

イタリアの大学2校:ブロックチェーン「学位証明書」導入へ|情報操作・偽造を防止

イタリアの大学2校:ブロックチェーン「学位証明書」導入へ|情報操作・偽造を防止

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

Cardano財団:ADA建て金融商品展開に向け「GenTwo AG」と協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

セクシー女優 波多野結衣「NFT形式のデジタル写真ボックス」販売へ

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

仮想通貨決済サービス「Binance Pay」アルファ版公開|小売店での支払いが可能に

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

BINANCE「シンボル(Symbol/XYM)の配布」を完了|出金・取引開始日時は?

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す