BINANCE:独自ブロックチェーン・分散型取引所(DEX)のテストネット「2月20日」公開へ

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、現在開発を進めている独自のブロックチェーン「Binance Chain」と、分散型取引所「Binance DEX」の詳細情報を公開し、2019年2月20日にテストネットのリリースを目標にしていることを発表しました。

こちらから読む:Ripple社との提携に意欲「BINANCE」関連ニュース

複数のツールが利用可能に

BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、2019年2月12日のツイートで「Binance Chain」のテストネット公開を2019年2月20日に予定していることを明らかにしました。

ついに日程が決定しました。Binance Chainテストネット(@binance_dex)の公開を2月20日に予定しています。これはテストネットです。あなたの感想をお待ちしています。

「Binance Chain」と「Binance DEX」は、Tendermint(テンダーミント)とCosmos SDK(コスモスSDK)を採用する予定だとされており、ユーザーはウェブブラウザを通じて「Binance DEX」のクライアントUIにアクセスできるようになると説明されています。

「Binance DEX」は、仮想通貨取引所BINANCEとは別に立ち上げられる分散型取引所(DEX)であり、ユーザーは自分のウォレットの秘密鍵を自分自身で管理したまま、スムーズに取引を行うことができるようになっています。

BINANCEはすでに開発者向けにウォレットブロックエクスプローラーなどのツールを公開しており、「Binance Chain」の公開直後にはそれらを利用することができるとのことです。

高い処理能力を有した「高性能ブロックチェーン」

ジャオ・チャンポン氏は、以前に「Binance Chainの検証を行うノードの数はいくつになるのか?」という質問に対して『テストネットは11のノードで稼働することを予定している』と語っています。ノード数を少数に限定した理由については、ブロックチェーンの性能を確保するためだと説明されており、ネオ(Neo/NEO)リップル(Ripple/XRP)のように少ないノードでブロックチェーンの性能を向上させていく予定であることが明かされています。

また、将来的には誰でもノードを設置することができるようになる予定となっているため、トランザクションの検証を行うことによって報酬を得ることができるようになりますが、BIANACEチームは「非常に高速なバリデータを実行できる人を探している」と語っており、高性能なハードウェアを必要としていることを説明しています。

チャンポン氏は「Binance Chain」は現時点で「毎秒数千のトランザクションを処理することができる」と語っており、今後もさらにこの性能を向上させることができると説明しています。

さらに同氏は「Binance Chain」は数百万ものトークンを処理することができるとも説明しており、トークン発行のプロセスも非常にシンプルで、インターフェースを通じて簡単に実行できると語っています。

Changpeng Zhao氏は「Binance Chain」について、複雑な機能を提供するよりも高い処理能力を実現することに焦点を当てていると説明しています。世界最大級の仮想通貨取引所BINANCEが展開する新たなサービスには期待が高まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

Ripple社:中央銀行デジタル通貨向けの分散型台帳「CBDC Private Ledger」を試験運用

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

ゲーム大手Ubisoft:支援を希望する「ブロックチェーンスタートアップ」を募集

TRON:エコシステムをさらに強化|ブロックチェーン版App Store「CoinPlay」を買収

TRON:エコシステムをさらに強化|ブロックチェーン版App Store「CoinPlay」を買収

BINANCE:ネム(NEM/XEM)の「ステーキングサービス」提供開始

BINANCE:ネム(NEM/XEM)の「ステーキングサービス」提供開始

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引「取引所」サービス提供開始

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

Bybit(バイビット)「KYCルール」導入へ|2BTC以上の出金で本人確認が必須に

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

Amazon(アマゾン)2021年内に「仮想通貨決済」対応か?ETH・ADA・BCHなども検討

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

BINANCE:本人確認(KYC)なしユーザーの出金限度額を「0.06BTC」に引き下げ

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

ドルチェ&ガッバーナ「NFTコレクション」発売へ|Polygon活用した「UNXD」と提携

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

オランダのサッカークラブAZ:暗号資産取引所「Bitcoin Meester」とパートナー契約

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

CoinMarketCap「トークンスワップ機能」提供開始|暗号資産の交換がより簡単に

CoinMarketCap「トークンスワップ機能」提供開始|暗号資産の交換がより簡単に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す