BINANCE編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で暗号資産を保有している状態で、携帯電話やスマートフォンの機種変更を行う際には、事前に二段階認証(2FA)を解除して一時停止状態にしておく必要があります。仮想通貨投資を行うならば必ず覚えておくべき「二段階認証の一時停止・再設定方法」を画像付きでわかりやすく解説します。

こちらから読む:登録方法から最新の話題まで「BINANCE」関連ニュース

機種変更前に必要な手順:仮想通貨取引所BINANCE

仮想通貨取引所を利用されている方は、携帯電話の機種変更を行う前に「二段階認証の一時停止」を必ず行っておく必要があります。もしもこの作業を忘れてしまった場合、自分のアカウントにログインすることができなくなり、取引所で保有しているすべての暗号資産にアクセスできなくなってしまう可能性があります。

一般的な仮想通貨取引所では、携帯の電話番号宛てに認証コードを送信する「SMS認証」や、認証アプリ「Google Authentication」を利用した認証システムが採用されているため、これらのシステムを利用している場合には機種変更前に一度「二段階認証」を解除して、機種変更後に新しい携帯電話で「再設定」を行う必要があります。

この記事では、仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)における「二段階認証の解除・再設定」の方法を解説します。基本的な流れとしては、
1.BINANCEで二段階認証を「一時解除する」
2.機種変更を済ませる
3.新しい携帯電話に「認証アプリをインストール」
4.新しい携帯電話で「再度、二段階認証を設定する」
という手順になります。

以下の項目では、二段階認証の「解除方法」と「設定方法」を初心者の方にもわかりやすいように、画像付きでより詳しく解説していますので、参考にされて見てください。

二段階認証(2FA)の解除方法

はじめにBINANCEの公式サイトから自分のアカウントにログインします。
日本語表示に切り替える場合には、画面右上に表示されている「Google翻訳」のアイコンを選択して「日本語(Japanese)」をクリックすれば、日本語表示に切り替えることができます。

ログインが完了したら画面左上に表示されている「人型のアイコン」を選択し、その下に表示される「Account」ボタンをクリックしましょう。

画面左上に表示される「人型のアイコン」と「Account」ボタン画面左上に表示される「人型のアイコン」と「Account」ボタン

「Account」ボタンをクリックしたら「アカウント管理画面」が表示されます。
画面右側に表示されている
・SMS認証(SMS Authentication)
・Googleの認証(Google Authentication)
が二段階認証の設定ボタンになります。
・すでに設定されている場合には「無効にします(Disable)」
・まだ設定されていない場合には「有効(Enable)」
と表示されているはずです。

今回はすでに設定されている二段階認証を"一時的に解除"する必要があるため、それぞれを"無効状態"にしなければなりません。つまり、この時点で両方とも「無効にします(Disable)」と表示されている場合は、両方とも解除する必要があります。設定を解除する方の「無効にします(Disable)」ボタンをクリックして、解除ページに移動しましょう。

SMS認証(SMS Authentication)解除方法

SMS認証(SMS Authentication)は、登録されている電話番号宛てに"SMSで認証コードを送信"して、ログインパスワードとは別に"認証コード"の入力を求めることによって「登録者本人であるか」を確認するシステムです。

SMS認証の「無効にします(Disable)」ボタンをクリックしたら、
・ログインパスワード(Login Password)
・電話番号(Phone Number)
・SMS認証コード(SMS Authentication Code)
と書かれたページが表示されます。

「電話番号(Phone Number)」の欄には、「+81」に続いて「080*****000」といったように自分が登録している電話番号の中5桁が隠された状態で表示されているかと思います。「SMS認証コード」は、この電話番号宛てに送信されることになります。

「ログインパスワード」の欄には、BINANCEにログインする際のパスワード
「SMS認証コード」の欄には、登録した電話番号宛てに送られる認証コード
を入力します。SMS認証コードは、入力欄の右側に表示されている「SMSを送信(Send SMS)」をクリックすると「電話番号」の欄に登録されている番号宛てに送信されるので、素早く確認して届いた番号を入力し、「提出します(Submit)」ボタンをクリックしましょう。

「SMS認証」解除ページ「SMS認証」解除ページ

以上で「SMS認証」の解除は完了です。

Googleの認証(Google Authentication)解除方法

Googleの認証(Google Authentication)は、"専用のアプリケーションに認証コードを表示"して、ログインパスワードとは別に"認証コード"の入力を求めることによって「登録者本人であるか」を確認するシステムです。

Googleの認証の「無効にします(Disable)」ボタンをクリックしたら、
・ログインパスワード(Login Password)
・Googleの認証コード(Google Authentication Code)
と書かれたページが表示されます。

「ログインパスワード」の欄には、BINANCEにログインする際のパスワード
「Googleの認証コード」の欄には、認証アプリに表示されているコード
を入力します。入力が終わったら「提出します(Submit)」ボタンをクリックしましょう。

「Googleの認証」解除ページ「Googleの認証」解除ページ

以上で「Googleの認証」の解除は完了です。

二段階認証(2FA)の設定方法

無事に機種変更が終わったら、解除した二段階認証を再設定します。
先程と同じ手順でBINANCEにログインを行い「アカウント管理画面」まで進んだら、機種変更前に"無効"にしたそれぞれの二段階認証を再び有効にしましょう。

SMS認証(SMS Authentication)を有効にする方法

SMS認証(SMS Authentication)の「有効(Enable)」ボタンをクリックすると、
・電話番号(Phone Number)
・SMS認証コード(SMS Authentication Code)
の記入ページが表示されます。

「電話番号」の欄では、国の選択欄で「日本の国旗」を選択して、その右枠に登録する電話番号を入力しましょう。以前は電話番号を入力する際には「080-1234-5678」ならば「80-1234-5678」といったように、頭の"0"を抜く必要があったようですが、2019年2月時点では"0"を抜かなくても「認証コード」を受信することができました。

電話番号を入力したら「SMSを送信」をクリックして、入力した電話番号宛てに送られてくる「SMS認証コード」を入力欄に入力しましょう。全て入力したら「提出します」をクリックします。

「SMS認証」の設定ページ「SMS認証」の設定ページ

以上で「SMS認証」の設定は完了です。

Googleの認証(Google Authentication)を有効にする方法

Googleの認証(Google Authentication)の「有効(Enable)」ボタンをクリックすると、認証アプリ「Google Authentication」をダウンロードするためのリンクが記載されたページに移動します。

認証アプリは「iOS/Android」向けにリリースされているので、自身が使用する新しい端末に合ったアプリをダウンロードしてください。新しい携帯電話にアプリをインストールしたら、画面右下に表示されている「次のステップ(Next Step)」をクリックします。

認証アプリのダウンロードは以下のリンクからどうぞ
>iOS版「Google Authentication」のダウンロードはこちら
>Android版「Google Authentication」のダウンロードはこちら

認証アプリのダウンロードリンクが記載されたページ認証アプリのダウンロードリンクが記載されたページ

「スキャンQRコード」のページでは、認証アプリ「Google Authentication」にBINANCEの認証コードを表示させるための「QRコード」と、QRコードを読み込めない場合に手動で打ち込むための「英数字コード」が表示されています。

スマートフォンにインストールした「Google Authentication」を起動し、カメラで「QRコード」をスキャンするか、手動で「英数字コード」を入力しましょう。問題がなければアプリにあなたのバイナンスアカウントが登録され、一定期間で更新される「Googleの認証コード」が表示されます。コードが確認できたら画面右下に表示されている「次のステップ(Next Step)」をクリックします。

「QRコード」と「英数字コード」の表示画面「QRコード」と「英数字コード」の表示画面

「バックアップキー」のページでは、携帯電話を紛失した時に「Googleの認証」を復活させるための「バックアップキー」が表示されます。万が一の時に備えて必ず「画面左側に表示された英数字」紙に書き写して保管しておきましょう。

この英数字が他の人に知られてしまった場合には、アカウントを乗っ取られてしまう危険性があるため、必ず周辺に人がいないことを確認して書き間違えのないように記録し、人に見られることのないよう安全に保管しておきましょう。書き写しが完了したら「次のステップ(Next Step)」をクリックします。

「バックアップキー」の表示画面「バックアップキー」の表示画面

最後に表示される「Googleの認証を有効にします」のページでは、
・ログインパスワード(Login Password)
・SMS認証コード(SMS Authentication Code)
・Googleの認証(Google Authentication)
を入力します。

解除した時のように、
「ログインパスワード」の欄には、BINANCEにログインする際のパスワード
「SMS認証コード」の欄には、登録した電話番号宛てに送られる認証コード
「Googleの認証コード」の欄には、認証アプリに表示されているコード
を入力して、画面右下に表示されている「Googleの認証を有効にします」をクリックします。

「Googleの認証」を有効にする画面「Googleの認証」を有効にする画面

以上で「Googleの認証」の設定は完了です。

いかがだったでしょうか?海外の仮想通貨取引所の二段階認証と聞くと難しく感じますが、実際にBINANCEで「解除・再設定」をする場合には、数分ほどで簡単で作業を終えることができます。機種変更を行う際のアカウント管理は怠りがちな方も多いので、周りに機種変更をしようとしている方がいらっしゃった場合には「二段階認証の一時解除」を忘れないように教えてあげてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

仮想通貨取引所の安全性ランキング「Coinbase Pro」が1位に ー ICORating

HuobiがJBCA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

HuobiがJBCA(日本仮想通貨事業者協会)に参加|今後どうなる?

CARDANO(ADA)を「XRP通貨ペア」として追加|仮想通貨取引所CCX Canada

CARDANO(ADA)を「XRP通貨ペア」として追加|仮想通貨取引所CCX Canada

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)が韓国の仮想通貨取引所「BIT-HI」に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)が韓国の仮想通貨取引所「BIT-HI」に上場

ビットコインゴールドがもらえる取引所「配布条件について解説」

ビットコインゴールドがもらえる取引所「配布条件について解説」

Coincheck(コインチェック)ETH・LSK・XEMの「入金・購入サービス」を再開

Coincheck(コインチェック)ETH・LSK・XEMの「入金・購入サービス」を再開

注目度の高い仮想通貨ニュース

VanEck・SolidX:ビットコインETF「機関投資家限定」で今週販売か=WSJ報道

VanEck・SolidX:ビットコインETF「機関投資家限定」で今週販売か=WSJ報道

仮想通貨を預けて金利が稼げる「レンディングサービス」を発表:BINANCE

仮想通貨を預けて金利が稼げる「レンディングサービス」を発表:BINANCE

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

Techtec:世界有数の分散型金融(DeFi)プロジェクト「MakerDAO」との協業を開始

Flowブロックチェーン開発に向け「Warner Music」などから資金調達:Dapper Labs

Flowブロックチェーン開発に向け「Warner Music」などから資金調達:Dapper Labs

デジタル通貨「Jコイン」で不正アクセス被害|加盟店情報18,000件流出か

デジタル通貨「Jコイン」で不正アクセス被害|加盟店情報18,000件流出か

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

韓国大手芸能事務所「SM Entertainment」独自の仮想通貨・ブロックチェーン開発を計画

アルトコイン市場に回復傾向|XRPなど複数銘柄で「10%以上」の急騰を観測

アルトコイン市場に回復傾向|XRPなど複数銘柄で「10%以上」の急騰を観測

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

IOTA財団:自立分散型マーケットプレイス「Industry Marketplace」を立ち上げ

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

CoinGecko:仮想通貨取引所の評価システム「信頼スコア 2.0」を導入|透明性向上へ

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

ネム(NEM/XEM)活用した次世代SNS「nemgraph」公開|投稿写真の使用権販売機能も

ドイツのバーガーキングが「ビットコイン決済」に対応

ドイツのバーガーキングが「ビットコイン決済」に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめNEW

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す