Ripple(XRP)が大手仮想通貨取引所「OKEx」に上場|法定通貨5銘柄と交換可能に

by BITTIMES

仮想通貨取引所OKEx(オーケーイーエックス)は、2019年2月22日に同社が提供する「C2C取引プラットフォーム」でリップル(Ripple/XRP)とビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)の法定通貨建て取引を開始したことを発表しました。

こちらから読む:ETHハードフォークへの"対応まとめ"も「仮想通貨取引所」関連ニュース

相対取引で「中国元」とも交換可能

マルタ共和国に拠点を置き、世界に向けてサービスを提供している大手仮想通貨取引所OKExは、ユーザー同士が直接取引を行うことができる「C2C取引プラットフォーム」で、
リップル(Ripple/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
と法定通貨の取引が可能になったことを発表しました。

ビットコインキャッシュ(BCH)とリップル(XRP)を同社のC2Cマーケットプレイスに歓迎します。OKExで今すぐCNY、VND、RUB、THB、GBPでの取引を始めましょう。

XRP、BCHと取引ができる法定通貨は、
・中国元(CNY)
・ベトナムドン(VND)
・ロシアルーブル(RUB)
・タイバーツ(THB)
・イギリスポンド(GBP)
となっています。

複数の国々の法定通貨との交換が可能になり、仮想通貨取引が禁止となっている中国の法定通貨とも取引することができるようになることによって、より多くの国や地域でXRP・BCHの取引が行われることが期待されます。

NEO・QTUM・XUCは「取り扱い終了」へ

OKExは、今回の発表とともにこれまで取り扱っていた、
ネオ(Neo/NEO)
クアンタム(Quantum/QTUM)
・エクスチェンジユニオン(Exchange Union/XUC)
の3通貨の取り扱いを、2019年2月25日12時00分時点で終了することも発表しています。

取り扱い終了の理由については明かされていませんが、ここ最近では複数の仮想通貨取引所で流動性の低い仮想通貨の取り扱いを終了する動きがみられているため、OKExも同様の理由であるとも考えられます。

OKExは1日の取引高で3位に位置付けられており、世界的にも大きな影響力を持つ取引所でもあるため、OKExで取り扱いが開始されることによって、XRP、BCHの取引はさらに活発化すると予想されます。

2019年2月23日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、今月19日には一時的に37円近くまで上昇しましたが、その後は35円前後での推移を続けており、2019年2月23日時点では「1XRP=35.33円」で取引されています。

2019年2月16日〜2019年2月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月16日〜2019年2月23日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

インド中央銀行:最高裁判所の「仮想通貨禁止令撤回」要求に異議

インド中央銀行:最高裁判所の「仮想通貨禁止令撤回」要求に異議

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

XRP価格、ついに「10円台」突入|今後注目すべきサポートライン・抵抗線は?

XRP価格、ついに「10円台」突入|今後注目すべきサポートライン・抵抗線は?

FRBの決済技術「FedNow」はリップル(XRP)の脅威になるのか?

FRBの決済技術「FedNow」はリップル(XRP)の脅威になるのか?

bitbank(ビットバンク):日本円振込「24時間365日」対応へ

bitbank(ビットバンク):日本円振込「24時間365日」対応へ

【重要】仮想通貨リスク(Lisk/LSK)のハードフォークに伴うお知らせ|bitFlyer

【重要】仮想通貨リスク(Lisk/LSK)のハードフォークに伴うお知らせ|bitFlyer

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨取引所「GMOコイン」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

Cardanoで「アフリカの新たな通貨」が構築される可能性:Charles Hoskinson

コインチェック利用のドメイン登録サービスで「不正アクセス」個人情報漏洩の可能性

コインチェック利用のドメイン登録サービスで「不正アクセス」個人情報漏洩の可能性

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

投票結果に基づき「Cardano/ADA」の購入機能追加:ハードウェアウォレットELLIPAL

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

日本暗号資産取引業協会:国内主要銘柄の「参考価格」公表を開始

日本暗号資産取引業協会:国内主要銘柄の「参考価格」公表を開始

ゲーム開発老舗Atari:独自仮想通貨の採用促進に向け「Arkane Network」と提携

ゲーム開発老舗Atari:独自仮想通貨の採用促進に向け「Arkane Network」と提携

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

日本STO協会「三井住友信託銀行・bitFlyer・TaoTao」など計15社が新規参加

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

ライトコイン財団「BitGoのマルチシグウォレット」へと移行|資金管理を簡素化

Western Union:Ripple社が出資する送金会社「MoneyGram」買収か=Bloomberg報道

Western Union:Ripple社が出資する送金会社「MoneyGram」買収か=Bloomberg報道

富士通×BOOSTRY:異なるブロックチェーン間の「デジタル資産取引」に成功

富士通×BOOSTRY:異なるブロックチェーン間の「デジタル資産取引」に成功

4年前にBitfinexで盗まれたビットコイン「数千万円相当」が再び移動開始

4年前にBitfinexで盗まれたビットコイン「数千万円相当」が再び移動開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す