リップル(XRP)ドバイ最大手仮想通貨取引所「BitOasis」で取り扱い開始

by BITTIMES

リップル(XRP)がドバイの最大手取引所『BitOasis』で取り扱いを開始した。

世界各国の金融機関が、国際送金のベース技術として期待され、Googleも出資を行うなどで注目を浴びるリップル(XRP)が1月30日からドバイの最大手取引所『BitOasis』で導入されました。また導入期間中は手数料無料でリップルの取引を行うことができます。

BitOasisチームは次のようにコメントしています。

「われわれは、顧客からの要求の増加に対応して、当社のプラットフォーム上で提供される主要な仮想通貨およびデジタル資産のリストに追加するために、リップル取引を導入することに決めました。この地域のブロックチェーン分野で最大かつ急成長を遂げている企業の1つとして、ビットコイン、イーサリアム、そして今、リップルを売買する安全な方法を顧客に提供することを約束します。」

BitOasisは、MENA地域で初めてのビットコインの取引所として2014年に設立されました。また、同社は2017年2月に中東でイーサリアムの取引を初めて導入しました。三番目の通貨としてリップルが導入されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月25日〜3月3日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2月25日〜3月3日

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

Ripple社、ブラジル、インド、カナダなどの5社と提携

Ripple社、ブラジル、インド、カナダなどの5社と提携

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

ビットアルゴ取引所は日本経済新聞の報道内容を否定

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

Huobi韓国に子会社を設立|100種類の仮想通貨を扱う

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

注目度の高い仮想通貨ニュース

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

Bitfinexは今後香港からスイスへ拠点を移す予定

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

トップ10の仮想通貨で上昇続く|BTCは100万円台目前

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

bitbank(ビットバンク)がリップル(Ripple/XRP)の取引量世界一に

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

イーサリアム用ASICについて|ヴィタリック・ブテリン氏

イーサリアム用ASICについて|ヴィタリック・ブテリン氏

SIRIN LABS Token(SRN)とは?|特徴や購入方法

SIRIN LABS Token(SRN)とは?|特徴や購入方法

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

アマゾン(AWS)がブロックチェーンフレームワークをリリース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す