「スターバックス」でビットコイン決済導入の可能性|Bakkt経由で2020年開始か

by BITTIMES

仮想通貨業界で期待が高まっている取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」の立ち上げに深く関わっていることでも知られる「Starbucks Coffee(スターバックス・コーヒー)」が"ビットコイン決済導入に関する取り組みを行なっている可能性がある"との報道が話題となっています。

こちらから読む:Starbucksが深い関わりを持つ「Bakkt」とは

ビットコイン決済導入に「Starbucks」が同意?

Starbucks Coffee(スターバックス・コーヒー)が「仮想通貨決済に関する取り組みを行なっている可能性がある」との報道は「The Block」によって報じられました。同メディアは、匿名希望関係者の話としてこのことを報じており、早ければ2020年までにはスターバックスで仮想通貨決済が導入される可能性があるとされています。

スターバックスは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)などによって昨年立ち上げられた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」に出資していることなどでも以前から話題となっており、これまでにも複数回に渡って「ビットコイン決済を導入する」といった噂が出ていました。

今回の報道では、Bakktに出資を行なっている多数の大手企業の中でも「Starbucks」が保有している資本比率が特に高い点が挙げられており、関係者が『スターバックスが株式の見返りとして「Bakkt」のサービスを利用して店内でビットコイン決済を受け入れることに同意した』と語ったことが報じられています。

具体的な決済方法としては「仮想通貨を法定通貨に換金するカード」や「スターバックスのモバイルアプリと連動すること」などによって仮想通貨決済が導入される可能性があると言われています。

Bakktの「仮想通貨決済サービス」に注目

現在Bakktは「ビットコイン先物取引」のサービスで特に注目を集めており、サービスが開始されることによって大規模な機関投資家の参入が見込めるとして期待が高まっています。しかしながら、先物取引のサービスは同社の第一段階の目標であり、今後の展開としては「仮想通貨決済サービス」などの導入によって、仮想通貨などのデジタル資産が主流の金融資産クラスに発展するのを支援することを掲げているため、これらの全体的な取り組みの一環として「スターバックスにおけるビットコイン決済サービスの導入」を支援する可能性があるとも考えられます。

しかし、Bakktの立ち上げが発表された当初に「Starbucksでビットコイン決済ができる」と報じられた際には、Starbucksの広報担当者が「ビットコインでフラペチーノの支払いができるようになるわけではない」と正式に報道を否定しており、ビットコインのような仮想通貨での支払いをスターバックスでは受け付けないことを明確に伝えることが重要だとも語っています。

このようなこともあり、今回のケースでは「仮想通貨決済」そのものが導入されるわけではなく、仮想通貨を一度「法定通貨」に換金することによって米ドル(USD)などの通貨で支払いを行うことができるというのが有力であると考えられています。このようなサービスはこれまでにもその他の企業から発表されており、一度法定通貨に換金することにはなるものの、利用者側からすると仮想通貨で支払いを行なっているのとさほど感覚は変わらないものとなっています。

より専門的な内容も含めて考えると、この決済方法に関しては多くの議論が行われると予想されますが「保有している仮想通貨」から支払いを行うことができるという点で見ると、仮想通貨の実用化につながることは間違いないため、実際に「Starbucks」で仮想通貨からの支払いができるようになれば仮想通貨の需要増加にもつながると予想されます。

今後はBakktの「ビットコイン先物取引」に関する情報とともに「仮想通貨決済サービス」の情報にも注目が集まります。

ビットコイン(BTC)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

ブロックチェーンでオレンジジュースの品質保証 ー オランダ小売大手「Albert Heijn」

ブロックチェーンでオレンジジュースの品質保証 ー オランダ小売大手「Albert Heijn」

ZenCash(ZEN)に51%攻撃|価格の下落が続く

ZenCash(ZEN)に51%攻撃|価格の下落が続く

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

テレグラムの独自通貨Gram:仮想通貨取引所「Blackmoon」上場の可能性

日本銀行などの中銀6行「デジタル通貨」関連で会合開催へ

日本銀行などの中銀6行「デジタル通貨」関連で会合開催へ

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月30日〜10月6日

仮想通貨ニュース週間まとめ|9月30日〜10月6日

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:2020シーズンもサッカーJ2「FC琉球」とのパートナー契約継続へ

GMOコイン:2020シーズンもサッカーJ2「FC琉球」とのパートナー契約継続へ

中央銀行デジタル通貨「信用性確保の重要性」を強調:麻生財務相

中央銀行デジタル通貨「信用性確保の重要性」を強調:麻生財務相

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

3D仮想空間プラットフォーム「ディセントラランド」待望の一般公開

ブロックチェーンカードゲーム「コンサヴァ」正式リリース|クラウドセールも開催

ブロックチェーンカードゲーム「コンサヴァ」正式リリース|クラウドセールも開催

Northern Data:仮想通貨マイニング大手「Canaan」と協力

Northern Data:仮想通貨マイニング大手「Canaan」と協力

【NEM高騰】ワールドカップのホテル建設に新ブロックチェーン「Symbol」活用へ

【NEM高騰】ワールドカップのホテル建設に新ブロックチェーン「Symbol」活用へ

レアル所属のGareth Bale選手、eスポーツチーム「Ellevens Esports」立ち上げ

レアル所属のGareth Bale選手、eスポーツチーム「Ellevens Esports」立ち上げ

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

仮想通貨用いた「違法ギャンブル」アジアのサッカー業界で増加傾向

ASローマ:公式ファントークン「ASR」販売開始|Sociosアプリで投票受付も

ASローマ:公式ファントークン「ASR」販売開始|Sociosアプリで投票受付も

Xtheta:国内初の「仮想通貨取次サービス」提供へ|定額積立も可能

Xtheta:国内初の「仮想通貨取次サービス」提供へ|定額積立も可能

投資評価の指標となる「仮想通貨インデックス」提供へ:野村総合研究所

投資評価の指標となる「仮想通貨インデックス」提供へ:野村総合研究所

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

自民党「デジタル通貨発行」視野に独自対策|法律見直しの可能性も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す