「スターバックス」でビットコイン決済導入の可能性|Bakkt経由で2020年開始か

by BITTIMES   

仮想通貨業界で期待が高まっている取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」の立ち上げに深く関わっていることでも知られる「Starbucks Coffee(スターバックス・コーヒー)」が"ビットコイン決済導入に関する取り組みを行なっている可能性がある"との報道が話題となっています。

こちらから読む:Starbucksが深い関わりを持つ「Bakkt」とは

ビットコイン決済導入に「Starbucks」が同意?

Starbucks Coffee(スターバックス・コーヒー)が「仮想通貨決済に関する取り組みを行なっている可能性がある」との報道は「The Block」によって報じられました。同メディアは、匿名希望関係者の話としてこのことを報じており、早ければ2020年までにはスターバックスで仮想通貨決済が導入される可能性があるとされています。

スターバックスは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)などによって昨年立ち上げられた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」に出資していることなどでも以前から話題となっており、これまでにも複数回に渡って「ビットコイン決済を導入する」といった噂が出ていました。

今回の報道では、Bakktに出資を行なっている多数の大手企業の中でも「Starbucks」が保有している資本比率が特に高い点が挙げられており、関係者が『スターバックスが株式の見返りとして「Bakkt」のサービスを利用して店内でビットコイン決済を受け入れることに同意した』と語ったことが報じられています。

具体的な決済方法としては「仮想通貨を法定通貨に換金するカード」や「スターバックスのモバイルアプリと連動すること」などによって仮想通貨決済が導入される可能性があると言われています。

Bakktの「仮想通貨決済サービス」に注目

現在Bakktは「ビットコイン先物取引」のサービスで特に注目を集めており、サービスが開始されることによって大規模な機関投資家の参入が見込めるとして期待が高まっています。しかしながら、先物取引のサービスは同社の第一段階の目標であり、今後の展開としては「仮想通貨決済サービス」などの導入によって、仮想通貨などのデジタル資産が主流の金融資産クラスに発展するのを支援することを掲げているため、これらの全体的な取り組みの一環として「スターバックスにおけるビットコイン決済サービスの導入」を支援する可能性があるとも考えられます。

しかし、Bakktの立ち上げが発表された当初に「Starbucksでビットコイン決済ができる」と報じられた際には、Starbucksの広報担当者が「ビットコインでフラペチーノの支払いができるようになるわけではない」と正式に報道を否定しており、ビットコインのような仮想通貨での支払いをスターバックスでは受け付けないことを明確に伝えることが重要だとも語っています。

このようなこともあり、今回のケースでは「仮想通貨決済」そのものが導入されるわけではなく、仮想通貨を一度「法定通貨」に換金することによって米ドル(USD)などの通貨で支払いを行うことができるというのが有力であると考えられています。このようなサービスはこれまでにもその他の企業から発表されており、一度法定通貨に換金することにはなるものの、利用者側からすると仮想通貨で支払いを行なっているのとさほど感覚は変わらないものとなっています。

より専門的な内容も含めて考えると、この決済方法に関しては多くの議論が行われると予想されますが「保有している仮想通貨」から支払いを行うことができるという点で見ると、仮想通貨の実用化につながることは間違いないため、実際に「Starbucks」で仮想通貨からの支払いができるようになれば仮想通貨の需要増加にもつながると予想されます。

今後はBakktの「ビットコイン先物取引」に関する情報とともに「仮想通貨決済サービス」の情報にも注目が集まります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FTX:旅行予約サービス「Travala.com」と提携|FTT決済が利用可能に

FTX:旅行予約サービス「Travala.com」と提携|FTT決済が利用可能に

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

当選したら「毎月1,000ドル分のビットコイン支給」Jameson Lopp氏、大統領選出馬を検討

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

暗号通貨の授業をオーストラリアの小学校が実践「世界中で話題に」

暗号通貨の授業をオーストラリアの小学校が実践「世界中で話題に」

BINANCE:Apple・Microstrategy・Microsoftの「株式トークン」取扱いへ

BINANCE:Apple・Microstrategy・Microsoftの「株式トークン」取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

Shibariumの新ミームコイン「DAMN」6倍以上の価格高騰を記録

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

香港証券先物取引委員会「ビットコイン・イーサリアムの現物ETF」を承認

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

K9 Finance DAO「ガバナンスプロセス」を発表|分散型運営の仕組みについて解説

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

GMOコイン:ビットコインの半減期記念「手数料半減キャンペーン」開催

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

2032年に500万ドル「S2Fモデルに基づくビットコイン価格予想」PlanB氏

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

Grayscale:ステーキング関連銘柄に投資する仮想通貨投資信託「GDIC」発表

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

ミームネーターICO、取引所上場前の最終ステージへ

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

日本の上場企業メタプラネット「ビットコイン購入計画」を発表|アジア版MicroStrategyの誕生

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す