Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

by BITTIMES

Starbucks(スターバックス)でビットコイン(BTC)などの仮想通貨を使用してコーヒーを購入できるようなる可能性があると話題になっていた最近の報道を受けた同社の広報担当者は、それらの内容を否定するコメントを発表しています。

こちらから読む:話題になったスターバックスとビットコイン決済に関する記事はこちら

NY証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が、スターバックスなどの大手企業と協力して仮想通貨関連の新しいサービスを開始することが先週明らかになり大きな話題となっていました。

この報道に伴い、多くのメディアで「スターバックスでビットコイン決済が可能になるかもしれない」ということが報じられましたが、Starbucksの広報担当者はこれらの報道を否定するコメントを米国メディア「MOTHER BOARD(マザーボード)」に伝えています。

マザーボードはStarbucksの広報担当者が「ビットコイン(BTC)でフラペチーノの支払いができるようになるわけではない」と伝えたと報じています。

報道によると、スターバックスは単純に「Bakkt」という新たな仮想通貨関連会社の"主な小売業者"であるとのことで、Bakktは世界中のユーザーや企業がデジタル通貨の取引を行い、従来の米ドル(USD)のような通貨に交換できるようにすることを目的として設立されたとのことです。

またスターバックスの広報担当者は、ビットコインのような仮想通貨での支払いをスターバックスでは受け付けないことを明確に伝えることが重要だと説明しており、「ビットコインなどのデジタル資産を、スターバックスでも使用することができる米ドルに変換するだろう」と伝えています。

つまり、Starbucksはビットコイン決済を受け入れるということではなく、ビットコインのような仮想通貨を米ドルに変換することによってスターバックスでの支払いに使用できるようにするための取り組みを行なっているとのことです。

広報担当者は、現時点でビットコインの交換や取引サービスを立ち上げることは発表しているものの、これからも引き続き新しいプラットフォームの進化に合わせて、消費者や規制当局と話し合っていく予定であるとも説明しています。

早い時期からすでに近接型モバイル決済サービスを導入していたスターバックスは、現時点ではビットコイン決済を導入する予定はないようです。今の社会には、仮想通貨決済以外にも様々な方法で電子決済を行うことができるサービスがすでに存在しているため、今後の社会ではそれらのサービスの中でもどの手段を取り入れていくのかについては、それぞれの企業や店舗によって大きな違いが生まれてくることになるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入はセキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

ビットフライヤー:BTCがもらえる「友だち招待プログラム」提供開始

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

ブロックチェーン活用した「不動産運用事業」始動|王族の土地をトークン化:バリ島

ブロックチェーン活用した「不動産運用事業」始動|王族の土地をトークン化:バリ島

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

ビットコイン「120万円台」で停滞|強気派・弱気派の攻防はいつまで続くのか?

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

イスラエル証券庁:Kiroboの仮想通貨を「セキュリティトークン」と判断

注目度の高い仮想通貨ニュース

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

Chiliz Exchange:Atlético Mineiroの「$GALOファントークン」27日に取引開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月19日〜25日

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

エルサルバドル:仮想通貨ATMの設置台数ランキングで「世界第3位」に

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

bitFlyer・bitbank:Lightning Network普及促進に向け「Diamond Hands」を支援

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Brooklyn Nets(ブルックリン・ネッツ)」と提携

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す