Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

by BITTIMES

Starbucks(スターバックス)でビットコイン(BTC)などの仮想通貨を使用してコーヒーを購入できるようなる可能性があると話題になっていた最近の報道を受けた同社の広報担当者は、それらの内容を否定するコメントを発表しています。

こちらから読む:話題になったスターバックスとビットコイン決済に関する記事はこちら

NY証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が、スターバックスなどの大手企業と協力して仮想通貨関連の新しいサービスを開始することが先週明らかになり大きな話題となっていました。

この報道に伴い、多くのメディアで「スターバックスでビットコイン決済が可能になるかもしれない」ということが報じられましたが、Starbucksの広報担当者はこれらの報道を否定するコメントを米国メディア「MOTHER BOARD(マザーボード)」に伝えています。

マザーボードはStarbucksの広報担当者が「ビットコイン(BTC)でフラペチーノの支払いができるようになるわけではない」と伝えたと報じています。

報道によると、スターバックスは単純に「Bakkt」という新たな仮想通貨関連会社の"主な小売業者"であるとのことで、Bakktは世界中のユーザーや企業がデジタル通貨の取引を行い、従来の米ドル(USD)のような通貨に交換できるようにすることを目的として設立されたとのことです。

またスターバックスの広報担当者は、ビットコインのような仮想通貨での支払いをスターバックスでは受け付けないことを明確に伝えることが重要だと説明しており、「ビットコインなどのデジタル資産を、スターバックスでも使用することができる米ドルに変換するだろう」と伝えています。

つまり、Starbucksはビットコイン決済を受け入れるということではなく、ビットコインのような仮想通貨を米ドルに変換することによってスターバックスでの支払いに使用できるようにするための取り組みを行なっているとのことです。

広報担当者は、現時点でビットコインの交換や取引サービスを立ち上げることは発表しているものの、これからも引き続き新しいプラットフォームの進化に合わせて、消費者や規制当局と話し合っていく予定であるとも説明しています。

早い時期からすでに近接型モバイル決済サービスを導入していたスターバックスは、現時点ではビットコイン決済を導入する予定はないようです。今の社会には、仮想通貨決済以外にも様々な方法で電子決済を行うことができるサービスがすでに存在しているため、今後の社会ではそれらのサービスの中でもどの手段を取り入れていくのかについては、それぞれの企業や店舗によって大きな違いが生まれてくることになるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入はセキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術で「行政の透明性」を強化|提案評価システムに適用:韓国

ブロックチェーン技術で「行政の透明性」を強化|提案評価システムに適用:韓国

50Centが『ビットコインで億り人になったニュース』を覆す

50Centが『ビットコインで億り人になったニュース』を覆す

ビットコイン価格、予想されていた「75万円台」に到達|今後も上昇は続くのか?

ビットコイン価格、予想されていた「75万円台」に到達|今後も上昇は続くのか?

ビットコイン価格下落で「弱気派」増加|アナリストが注目する次の重要ポイント

ビットコイン価格下落で「弱気派」増加|アナリストが注目する次の重要ポイント

ウォレットアプリ「Enjin Wallet」がバイナンスチェーンに対応|DEXの交換機能も搭載

ウォレットアプリ「Enjin Wallet」がバイナンスチェーンに対応|DEXの交換機能も搭載

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

注目度の高い仮想通貨ニュース

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

「ビットコインとリブラは競合しない」共同制作者がLibraのビジョンについて言及

「ビットコインとリブラは競合しない」共同制作者がLibraのビジョンについて言及

BINANCE:証拠金取引の利用禁止リストから「日本」を除外

BINANCE:証拠金取引の利用禁止リストから「日本」を除外

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

アフリカ地域で「ブロックチェーンスマホ」初公開|年内5,000台生産へ:PundiX(NPXS)

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

分散型金融(DeFi)向けの「独自ブロックチェーン」開発へ|Huobi×Nervos

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

NEM(XEM)の報酬システムがさらに平等に|カタパルトアップデートで「PoS+」実装

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す