Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

by BITTIMES   

Starbucks(スターバックス)でビットコイン(BTC)などの仮想通貨を使用してコーヒーを購入できるようなる可能性があると話題になっていた最近の報道を受けた同社の広報担当者は、それらの内容を否定するコメントを発表しています。

こちらから読む:話題になったスターバックスとビットコイン決済に関する記事はこちら

NY証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が、スターバックスなどの大手企業と協力して仮想通貨関連の新しいサービスを開始することが先週明らかになり大きな話題となっていました。

この報道に伴い、多くのメディアで「スターバックスでビットコイン決済が可能になるかもしれない」ということが報じられましたが、Starbucksの広報担当者はこれらの報道を否定するコメントを米国メディア「MOTHER BOARD(マザーボード)」に伝えています。

マザーボードはStarbucksの広報担当者が「ビットコイン(BTC)でフラペチーノの支払いができるようになるわけではない」と伝えたと報じています。

報道によると、スターバックスは単純に「Bakkt」という新たな仮想通貨関連会社の"主な小売業者"であるとのことで、Bakktは世界中のユーザーや企業がデジタル通貨の取引を行い、従来の米ドル(USD)のような通貨に交換できるようにすることを目的として設立されたとのことです。

またスターバックスの広報担当者は、ビットコインのような仮想通貨での支払いをスターバックスでは受け付けないことを明確に伝えることが重要だと説明しており、「ビットコインなどのデジタル資産を、スターバックスでも使用することができる米ドルに変換するだろう」と伝えています。

つまり、Starbucksはビットコイン決済を受け入れるということではなく、ビットコインのような仮想通貨を米ドルに変換することによってスターバックスでの支払いに使用できるようにするための取り組みを行なっているとのことです。

広報担当者は、現時点でビットコインの交換や取引サービスを立ち上げることは発表しているものの、これからも引き続き新しいプラットフォームの進化に合わせて、消費者や規制当局と話し合っていく予定であるとも説明しています。

早い時期からすでに近接型モバイル決済サービスを導入していたスターバックスは、現時点ではビットコイン決済を導入する予定はないようです。今の社会には、仮想通貨決済以外にも様々な方法で電子決済を行うことができるサービスがすでに存在しているため、今後の社会ではそれらのサービスの中でもどの手段を取り入れていくのかについては、それぞれの企業や店舗によって大きな違いが生まれてくることになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社訴訟の「取下げ」求める請願書、米SEC委員長に提出へ|3万以上の署名を獲得

Ripple社訴訟の「取下げ」求める請願書、米SEC委員長に提出へ|3万以上の署名を獲得

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

ウクライナ政府:仮想通貨・ブロックチェーンの「教育動画」公開|BINANCEなども協力

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

ビットコインのLightning Networkで「中央集権化」進む|研究者らが論文公開

ビットコインのLightning Networkで「中央集権化」進む|研究者らが論文公開

BINANCE:リスク(Lisk/LSK)の「ステーキングサービス」提供か

BINANCE:リスク(Lisk/LSK)の「ステーキングサービス」提供か

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

ジーキャッシュ(ZEC)価格急騰|Grayscaleが新たに「プライバシーETF」を申請

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

ソラナ価格の下落によりボンクの価格が急降下する中、ミームネーターはプレセールで最高値を更新

Visa × Transak「仮想通貨→法定通貨の交換」を145カ国で提供|40銘柄以上をサポート

Visa × Transak「仮想通貨→法定通貨の交換」を145カ国で提供|40銘柄以上をサポート

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

2月の仮想通貨ニュース:ビットコイン価格推移&ミームネータープレセール413万ドル達成

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

Bybit:過小評価された仮想通貨探しに役立つ「無料分析ツールキット」公開

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

エアドロップに焦点を当てた新しいミームコイン「SMOG」がSOLでフェアローンチ、開始1時間で1,400%の急騰

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

XRP Ledger活用したスマートコントラクト展開が「スマホアプリ」で学べる?RippleとEasyAが提携

Brave RewardsのBAT報酬「Solanaウォレット」でも受取可能に

Brave RewardsのBAT報酬「Solanaウォレット」でも受取可能に

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

Astar zkEVM「秋元康氏の新アイドルプロジェクト」で技術活用|トークン発行も予定

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

史上初のBRC-20のICOを開催したビットコインドック、開始から1週間で310万ドルを調達

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す