XRPは有価証券か?Ripple社に対する「訴訟問題」についてBINANCE CEOが語る

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、ライブ配信アプリ「Periscope(ペリスコープ)」を通してリップル(Ripple/XRP)について語り、自分自身が『XRPは証券ではない』と考えていることやそれらを強く支持していることを改めて強調しました。

こちらから読む:大手取引所でXRPの採用が続く「Ripple/XRP」関連ニュース

「XRPは証券ではない」Changpeng Zhao

BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、今週のはじめに視聴者からの質問に何でも答える「Ask-Me-Anything」のセッションを開催しました。

・「BINANCE DEX」や「Binance Chain」
・BINANCEの慈善活動に関する内容
・BINANCEアプリが「App Store」にない理由
・Tesla製の車を所有しているか?
・実年齢や趣味、今後の目標
などといった数多くの質問に回答したチャンポン氏は、セッションの後半で「リップル(Ripple/XRP)に対する訴訟」の問題に触れ、XRPは証券ではないとの考えを語りました。

現代社会では非常に典型的なことですが、もしあなたが告発された場合には、あなたは多くの関係者から"有罪"とみなされます。「XRPが証券であるかどうか」についてのXRPに対する訴訟が行われていることは皆さんご存知だと思いますが、私たちは「XRPは証券ではない」と考えています。

当社は「XRPは証券ではない」と証明される前にXRPの取り扱いを開始しました。そして幸運にも私たちがXRPを取り扱ったことによって、他の取引所を巻き込むことができました。これは良いことです。私たちの判断が単独のものではないということは社会にとって非常に前向きなステップだと思います。

訴訟があったからといって「それらの人々が罪を犯している」とは限らないため、私たちは私たち自身の判断を適用し、常にXRPを強く支持しています。

「XRPは過度に集中している」などと文句を言う人がたくさんいますが、市場を見てみるとXRPは実際に多くの票を得ており、時価総額最大のコインの1つとなっています。

「中央集権批判」と「地方分権化理想主義」

XRPは時価総額ランキングで3位を獲得しており基本的に高い評価を受けていますが、それでも未だに多くの誹謗中傷を受けています。

XRPに対して批判を浴びせている人々は「XRPの中央集権化」を指摘していますが、チャンポン氏は以前に「地方分権化」を過度に意識しすぎた場合には「地方分権化の"理想主義"」になってしまうことを警告しており、本当に地方分権化を実現するためには「それに伴う製品」と「ユーザー基盤」を持っていなければならないと説明しています。

地方分権主義は良いですが、そのための製品とユーザー基盤を持っていなかった場合、それは単なる「理想主義」にすぎません。

ユーザー基盤を拡大する「XRP」

チャンポン氏はこのような「地方分権化理想主義」の人々に対して「使用は採用につながる」と説明しています。

同氏は、Ripple社やXRPについて「分散化はされていない」と主張する人々の意見には同意していますが、「完全に分散化されているかどうか」と「それが価値のあるプロジェクトであるかどうか」は別の話だということも説明しており、「価値のあるプロジェクトを特定するための最善の方法の一つは"ユーザー基盤"をみることであり、XRPは実際に価値のあるユーザー基盤を獲得している」とも語っています。

実際にRipple社はこの数年間で同社の送金ネットワークを拡大させるのと共に、仮想通貨XRPを活用した「xRapid」と呼ばれるソリューションの普及にも取り組んでおり、これらの技術を採用する金融機関や企業も増加してきています。

これと同時にXRPを支払い手段として受け入れる店舗なども世界中で増加してきているため、XRPの利用範囲は世界中に広がってきており、XRPの保有者数も増加してきていると考えられます。

Ripple社は大量のXRPを保有していることを指摘されることもありますが、地方分権化のために仮想通貨を世の中にばら撒いてしまった場合には、個人がその大半を買い占めて"ほぼ独占状態"にすることも可能です。

真の分散型社会を実現するためには、ユーザー基盤を拡大させる取り組みを進めつつ、市場のコントロールも行いながら慎重にエコシステムの構築に取り組んでいく期間が必要であるため、今のXRPは「真の地方分権化」を実現するための基盤を整えている段階であると言えるでしょう。

ジャオ・チャンポン氏が「Ask-Me-Anything(AMA)」で語った内容のまとめはBINANCEの公式サイトにハイライトとして掲載されています。
>ジャオ・チャンポン氏が語った内容まとめはこちら

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)などで購入することができます。ビットバンクは以前、XRPの取引量で世界一を達成しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

悪用した被害も確認「Lightning Networkの脆弱性」開発者らが警告

ロシア議会:デジタル金融資産法を可決|商品購入など「暗号資産の決済利用」は禁止に

ロシア議会:デジタル金融資産法を可決|商品購入など「暗号資産の決済利用」は禁止に

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

パスポート関連の支払いで「ビットコイン決済」受け入れか:ベネズエラ政府

Ripple投資部門「XRP Ledger」のアップデートを発表|修正案の投票受付も

Ripple投資部門「XRP Ledger」のアップデートを発表|修正案の投票受付も

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

注目度の高い仮想通貨ニュース

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

コインチェック:安全性向上・詐欺行為対策で「チェイナリシス」の製品スイートを採用

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

Valencia CF「Sociosロゴ付きの新ユニフォーム」公開|ファントークンも近日発行予定

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す