XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

by BITTIMES

Ripple(リップル)社の国際送金ネットワークの拡大と共に仮想通貨XRP(エックスアールピー)のユーザー数も順調に増加していることがデータとして明らかにされています。XRPレジャー(元帳)に関連する情報を公開している「XRP Stats」の公式サイトには、ここ最近でアカウント数が「150万」を突破したことが記されています。

こちらから読む:BINANCE CEOが将来の提携を表明「Ripple/XRP」関連ニュース

アカウント数:約半年で「20万以上」増加

XRP ledger(XRP元帳)のアカウント数や保有量などのデータを公開している「XRP Stats」によると、現在XRP元帳に150万以上の口座が開設されています。これは、完全に分散化されたネットワークを構築することを目指しているRipple社やXRPにとって非常に重要な節目でもあります。

XRP元帳のアカウント数が150万を突破(画像:ledger.exposed)XRP元帳のアカウント数が150万を突破(画像:ledger.exposed

昨年6月時点の「XRP元帳アカウント数」は、仮想通貨取引所のホットウォレットも含めて130万未満だったことが報告されています。つまり、XRPレジャーのアカウント数は約半年間で20万以上も増加したことになります。

アカウント数の話題では「空のウォレットが含まれている可能性」を指摘する声が毎回見られますが、このアカウントを作成するためには最低でも「20XRP」を保有していることが条件とされているため、150万のアカウントには空のウォレットは含まれていないことが証明されています。

XRPの「分散化」に前進

アカウント数は順調に増加しているものの、以前から指摘されている「集中化」の問題に関しては依然として指摘する意見が多く見られています。

「XRP Stats」の公式サイトでは、上位100位のアカウントが流通しているXRPの「78.67%」を保有していると報告されており、ほとんどのアカウントは「20〜499XRP」を保有していることが示されているため『現在も集中化の懸念が生じている』との意見も上がっています。

仮想通貨XRPの総供給量の多くをRipple社が保有していることを批判する意見は、以前から数多く報告されていますが、Ripple社の関係者たちはこれらの主張を否定しており、同社のチーフマーケットストラテジストであるCory Johnson(コリー・ジョンソン)氏は「仮想通貨を保管することによってXRPの売却を妨げている」と主張しています。

「仮想通貨保有者の集中化」に関しては、XRPだけでなくビットコイン(BTC)などに関しても指摘する意見が出ているため、今後もこのような議論はその他複数の仮想通貨で続けられると予想されますが、アカウント数が増加してより多くの人々が通貨を保有するようになれば、時間の経過とともに徐々に保有量も分散化されていく可能性があります。

批判の声は絶えないものの「XRP」は世界中で順調に採用が続いており、価格も比較的安定して推移しているため、少なくとも機能的な面に関しては非常に優れた有望な通貨であると言えるでしょう。

2019年2月9日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、先日夕方からの価格上昇で一時的に35円近くまで上昇しましたが、その後はやや下落しており、2019年2月9日時点では「1XRP=33.85円」で取引されています。

2019年2月2日〜2019年2月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月2日〜2019年2月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)は仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)などで購入することができます。ビットバンクは以前、XRPの取引量で世界一を達成しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イラン最大級の「ビットコインマイニング施設」建設へ|iMinerがライセンス取得

イラン最大級の「ビットコインマイニング施設」建設へ|iMinerがライセンス取得

シンガポール中銀、ブロックチェーンや暗号通貨に前向き

シンガポール中銀、ブロックチェーンや暗号通貨に前向き

ビットコイン下落相場は今後も続く「回復するには時期尚早」Willy Woo

ビットコイン下落相場は今後も続く「回復するには時期尚早」Willy Woo

仮想通貨決済できる「自販機」アジア地域導入へ ー 2018年末までに

仮想通貨決済できる「自販機」アジア地域導入へ ー 2018年末までに

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

Tron CEO「Apple共同設立者」との提携を示唆

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

コインチェック:SKE48の「おでかけNFTトレカ」7月21日に追加販売

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

セクシー女優「桃乃木かな」のNFT写真BOX発売へ|日本之書房がNFT事業参入

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

過去最大級のカルダノ関連サミット「Cardano Summit 2021」9月開催へ

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

ディーカレット:オントロジー(ONT)取扱い開始「手数料割引キャンペーン」も開催

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

米ワイオミング州:自律分散型組織「American CryptoFed DAO」を法人として初認定

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange:サッカーアルゼンチン代表の「$ARGファントークン」本日取扱い開始

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

リミックスポイント「横浜F・マリノス」とパートナー契約|NFT・トークン発行も模索

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

CoinTrade(コイントレード)PC版取引ツール提供開始|チャート分析・描画機能も

The Sandbox:人気ドラマ「The Walking Dead」のゾンビゲーム提供へ

The Sandbox:人気ドラマ「The Walking Dead」のゾンビゲーム提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す