XRPレジャーのアカウント数「150万」を突破|Rippleコミュニティ順調に拡大中

by BITTIMES

Ripple(リップル)社の国際送金ネットワークの拡大と共に仮想通貨XRP(エックスアールピー)のユーザー数も順調に増加していることがデータとして明らかにされています。XRPレジャー(元帳)に関連する情報を公開している「XRP Stats」の公式サイトには、ここ最近でアカウント数が「150万」を突破したことが記されています。

こちらから読む:BINANCE CEOが将来の提携を表明「Ripple/XRP」関連ニュース

アカウント数:約半年で「20万以上」増加

XRP ledger(XRP元帳)のアカウント数や保有量などのデータを公開している「XRP Stats」によると、現在XRP元帳に150万以上の口座が開設されています。これは、完全に分散化されたネットワークを構築することを目指しているRipple社やXRPにとって非常に重要な節目でもあります。

XRP元帳のアカウント数が150万を突破(画像:ledger.exposed)XRP元帳のアカウント数が150万を突破(画像:ledger.exposed

昨年6月時点の「XRP元帳アカウント数」は、仮想通貨取引所のホットウォレットも含めて130万未満だったことが報告されています。つまり、XRPレジャーのアカウント数は約半年間で20万以上も増加したことになります。

アカウント数の話題では「空のウォレットが含まれている可能性」を指摘する声が毎回見られますが、このアカウントを作成するためには最低でも「20XRP」を保有していることが条件とされているため、150万のアカウントには空のウォレットは含まれていないことが証明されています。

XRPの「分散化」に前進

アカウント数は順調に増加しているものの、以前から指摘されている「集中化」の問題に関しては依然として指摘する意見が多く見られています。

「XRP Stats」の公式サイトでは、上位100位のアカウントが流通しているXRPの「78.67%」を保有していると報告されており、ほとんどのアカウントは「20〜499XRP」を保有していることが示されているため『現在も集中化の懸念が生じている』との意見も上がっています。

仮想通貨XRPの総供給量の多くをRipple社が保有していることを批判する意見は、以前から数多く報告されていますが、Ripple社の関係者たちはこれらの主張を否定しており、同社のチーフマーケットストラテジストであるCory Johnson(コリー・ジョンソン)氏は「仮想通貨を保管することによってXRPの売却を妨げている」と主張しています。

「仮想通貨保有者の集中化」に関しては、XRPだけでなくビットコイン(BTC)などに関しても指摘する意見が出ているため、今後もこのような議論はその他複数の仮想通貨で続けられると予想されますが、アカウント数が増加してより多くの人々が通貨を保有するようになれば、時間の経過とともに徐々に保有量も分散化されていく可能性があります。

批判の声は絶えないものの「XRP」は世界中で順調に採用が続いており、価格も比較的安定して推移しているため、少なくとも機能的な面に関しては非常に優れた有望な通貨であると言えるでしょう。

2019年2月9日|リップル(Ripple/XRP)の価格

リップル(Ripple/XRP)の価格は、先日夕方からの価格上昇で一時的に35円近くまで上昇しましたが、その後はやや下落しており、2019年2月9日時点では「1XRP=33.85円」で取引されています。

2019年2月2日〜2019年2月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月2日〜2019年2月9日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)は仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)などで購入することができます。ビットバンクは以前、XRPの取引量で世界一を達成しています。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

中国人民銀行:デジタル人民元、2019年内にも「試験導入開始」の可能性=現地報道

【速報】SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)がサービスを開始

【速報】SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)がサービスを開始

Apple共同創設者の仮想通貨「WOZXトークン」2つの取引所に上場【Efforce】

Apple共同創設者の仮想通貨「WOZXトークン」2つの取引所に上場【Efforce】

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

ブロックチェーン実用化に挑む「ドイツ車メーカー」運転記録や修理履歴のデータ管理へ

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

Fidelity仮想通貨部門「欧州の機関投資家」向けにサービスを拡大

Fidelity仮想通貨部門「欧州の機関投資家」向けにサービスを拡大

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

Cardano(ADA)「ブロック生成の完全分散化」を実現|新たな資金提供プロジェクトも決定

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す