Ripple社CEO:今後「600億XRP」をエコシステム全体に投資していく

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、サンフランシスコで開催された「SWELL 2018」の中で、リップル社がより良い社会を構築するために事業に取り組んでいることを説明しつつ、仮想通貨投資における問題点などについての考えを語り、同社が保有している「600億XRP」を今後もエコシステム全体の発展のために投資していくと述べています。

こちらから読む:カンファレンスの開催でさらに注目を集める「Ripple」

Ripple社は「健全なXRPエコシステム」を望む

xrp-net

Ripple社が主催している国際カンファレンス「SWELL 2018」の中で、海外メディア「cheddar」からのインタビューに応じたブラッド・ガーリングハウス氏は、同社がXRPのエコシステム(*1)が健全であることを望んでいるということについて語っています。
(*1)エコシステム:ビジネスを取り巻く環境全体を指す言葉

「SWELL 2018」の開催が決定した後にXRPの価格は急激に上昇していることについて、『このような値動きがRipple社にどのような影響を与えるか?』という質問を受けたガーリングハウス氏は、以下のように答えています。

私たちは保有している多くの「XRP」エコシステム全体が健全であることを望んでいます。価格が気にならないと言えば嘘になりますが、投機的な目的での短期取引は私たちが望んでいるものではありません。

Ripple社はXRPを大量に保有していることについて"中央集権的"だという指摘を以前から受けていますが、ガーリングハウス氏はこのことについても改めて説明しており、「Ripple Labs」が仮想通貨XRPを作成したわけではないということを強調しています。

同氏は『XRP元帳は"Ripple Labs"として知られている会社が創設される前に作成された』と説明した上で『Ripple社が設立当初に贈り物として800億ものXRPを受け取ったものの、現在では600億XRPしか残っていない』と述べており、今後もそれらのXRPをエコシステム全体に投資していくと説明しています。

Ripple社は以前から"地方分権化"に取り組んでおり、同社の最高技術責任者(CTO)であるDavid Schwartz(デイビッド・シュワルツ)氏も以前に「XRPは完全に分権化された仮想通貨だ」と述べています。

仮想通貨は「社会問題を解決できるか」が重要

仮想通貨を活用した事業に取り組んでいく上で、その技術を活用して"いかに社会に貢献できるか"に重点を置いているガーリングハウス氏は『推測だけの仮想通貨投資は現代社会の問題を何も解決しない』と指摘しており『そのような投資方法は危険な賭けだ』と述べています。

投機的な目的のみでの仮想通貨投資の問題点を指摘している同氏は『どのようなデジタル資産であっても、顧客にとって本当に重要な問題を解決することができれば、より健全な生態系を作り出すことができる』と語っています。

Bill-Clinton

また「SWELL 2018」に登壇したアメリカ元大統領のBill Clinton(ビル・クリントン)氏も同様に『ブロックチェーンの技術は非常に素晴らしい』と述べており、国際間送金の利点に賞賛を送った上で、聴衆に対して投機的な理由などで市場を乱すことのないように忠告しています。

Ripple社は、今回のカンファレンスの中で「仮想通貨XRP」を実際に社会貢献のために使用できる「xRapid」を商用化したことも正式に発表しており、社会問題の支援プログラムなども開始しています。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年10月3日

リップル(Ripple/XRP)の価格は「SWELL 2018」の開催に合わせて約66円まで上昇したものの、その後はやや下落しており、2018年10月3日の時点では1XRP=60円前後で取引されています。

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「運転中の自動決済」をブロックチェーンで効率化|HONDAなど大手5社が実証実験

「運転中の自動決済」をブロックチェーンで効率化|HONDAなど大手5社が実証実験

ディズニー・Tronの商標問題は「誤解」Justin Sun氏が間違いについて説明

ディズニー・Tronの商標問題は「誤解」Justin Sun氏が間違いについて説明

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

PayPayとMoneyTapが業務提携|Ripple技術用いた「チャージ事業」展開へ

PayPayとMoneyTapが業務提携|Ripple技術用いた「チャージ事業」展開へ

【重要】BINANCE:2019年3月12日に「約8時間のメンテナンス」を実施

【重要】BINANCE:2019年3月12日に「約8時間のメンテナンス」を実施

コインチェック:仮想通貨の「毎日つみたてプラン」提供開始

コインチェック:仮想通貨の「毎日つみたてプラン」提供開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

GMOコイン:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

Sorare:ロシアのサッカークラブ「FC Zenit」と提携|デジタル選手カード販売開始

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」エントリー受付開始

価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」エントリー受付開始

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す