ブロックチェーンカードゲーム「GODS UNCHAINED」eスポーツの賞金目標額は1.7億円

by BITTIMES   

ブロックチェーンゲーム「GODS UNCHAINED(ゴッドアンチェインド)」に関する「基本情報/遊び方/今後の予定」などをわかりやすく解説します。賞金がもらえるゲームの大会である「eスポーツ」のイベントも開催される予定となっている話題のトレーディングカードゲーム(TCG)を紹介します。

こちらから読む:無料で遊べるDAppsも多数「ゲーム」関連ニュース

【PR】本サイトはアフィリエイトプログラム・プロモーションによる収益を得ています。

GODS UNCHAINED(ゴッドアンチェインド)とは?

GODS UNCHAINED(ゴッドアンチェインド)は、eスポーツの開催も予定されている世界初のブロックチェーントレーディングカードゲーム(TCG)です。eスポーツでの賞金目標額が160万ドル(約1億7,000万円)に設定されていることもあり、リリース前から大きな注目を集めています。

このゲームは、収集したカードを使用して1対1でバトルを行うカードバトルゲームであり、収集したカードはブロックチェーン上に保管されるようになっています。

従来のトレーディングカードゲームでは、ユーザーが集めたカードはアカウントと紐付けを行なった上で運営側のサーバー上に保管されていました。そのためカードの所有権はユーザーにはなく、カードを売買することもできませんでした。一部ではアカウント自体をネット上で売買している人々も見られましたが、そのような行為は禁止されています。

しかし「GODS UNCHAINED」ではカード自体がトークン化されており、カードの取引履歴もブロックチェーン上に記録される仕組みとなっているため「価値を持ったカード」を安全かつ自由に売買することができるようになっています

バトルのルール

GODS-UNCHAINED-battle

「GODS UNCHAINED」でのバトルは30枚で構成されたデッキを使って行います。バトルは「1対1で戦うターン制」となっており、相手のライフを先に0にしたほうが勝者となります。

カードを出すには「マナ」というエネルギーコストが必要で、使用できるマナは毎ターン増加します。ターン開始時にマナは回復されるため、その中でどのようにカードを出していくかの戦略が重要になります。

カードはクリーチャーだけでなく装備品や魔法などのカードもあるため、どのカードをどのタイミングで出すかによってゲームの勝敗が左右されます。

カードの種類

カードの種類は大きく分けて以下の3種類となります。
・クリーチャー:フィールドに配置し、敵ゴッドやクリーチャーを攻撃する
・スペル:様々な便利な効果が発動する
・ウェポン:ゴッドに装備させる

カードのレア度

カードのレア度は4種類に分かれており、全体に占める割合は以下のようになっています。
・common:72.5%
・Rare:23%
・Epic:4%
・Legendary:0.5%

レア度が高いカードはなかなか排出されないようになっていますが、当然レア度の高いカードほど高値で売買することができます。レアカードは入手してすぐに売却することによって、それなりの額のイーサリアム(ETH)を入手することはできますが、売却せずにバトルで使用して「eスポーツでの優勝賞金を狙う」という選択肢もあります。

超激レア「ミシックカード」

Mythic-cards

「GODS UNCHAINED」には、上記4種類のカード以外に「ミシックカード」という激レアカードが存在します。このカードは年に4枚しか発行されない"超激レアカード"となっており、公式サイトに記載されているミシックカードには最終入札額として62,000ドル(約690万円)という高値がつけられています。

今後のスケジュール

GODS UNCHAINEDは、2019年4月時点でプレセールを開催しており、クローズドベータ版も公開されています。正式リリースの時期は未定となっているものの、すでにeスポーツの大会が開催予定です。

また、将来的にはVRにも対応する予定であるとされているため、カードゲームに興味がある方は始めてみてはいかがでしょうか?

「GODS UNCHAINED」を始めるためには、Google ChromeとMetaMask(メタマスク)が必要となりますので、プレイしてみようと思っている方はあらかじめ準備をしておくようにしましょう。

「GODS UNCHAINED」の公式サイトは日本語にも対応しているため、詳しい情報は以下のそちらをご覧ください。
>「GODS UNCHAINED」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

Chiliz&Socios:F1ドライバー「キミ・ライコネン選手」にファントークンを贈呈

三菱自動車:Astar Network活用した「デジタルトレカ」のNFT配布へ

三菱自動車:Astar Network活用した「デジタルトレカ」のNFT配布へ

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

シバイヌ:Web2&Web3対応の「.shib」ドメイン提供へ|TLD取得に向けD3と提携

シバイヌ:Web2&Web3対応の「.shib」ドメイン提供へ|TLD取得に向けD3と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説