ブロックチェーンカードゲーム「GODS UNCHAINED」eスポーツの賞金目標額は1.7億円

by BITTIMES

ブロックチェーンゲーム「GODS UNCHAINED(ゴッドアンチェインド)」に関する「基本情報/遊び方/今後の予定」などをわかりやすく解説します。賞金がもらえるゲームの大会である「eスポーツ」のイベントも開催される予定となっている話題のトレーディングカードゲーム(TCG)を紹介します。

こちらから読む:無料で遊べるDAppsも多数「ゲーム」関連ニュース

GODS UNCHAINED(ゴッドアンチェインド)とは?

GODS UNCHAINED(ゴッドアンチェインド)は、eスポーツの開催も予定されている世界初のブロックチェーントレーディングカードゲーム(TCG)です。eスポーツでの賞金目標額が160万ドル(約1億7,000万円)に設定されていることもあり、リリース前から大きな注目を集めています。

このゲームは、収集したカードを使用して1対1でバトルを行うカードバトルゲームであり、収集したカードはブロックチェーン上に保管されるようになっています。

従来のトレーディングカードゲームでは、ユーザーが集めたカードはアカウントと紐付けを行なった上で運営側のサーバー上に保管されていました。そのためカードの所有権はユーザーにはなく、カードを売買することもできませんでした。一部ではアカウント自体をネット上で売買している人々も見られましたが、そのような行為は禁止されています。

しかし「GODS UNCHAINED」ではカード自体がトークン化されており、カードの取引履歴もブロックチェーン上に記録される仕組みとなっているため「価値を持ったカード」を安全かつ自由に売買することができるようになっています

バトルのルール

GODS-UNCHAINED-battle

「GODS UNCHAINED」でのバトルは30枚で構成されたデッキを使って行います。バトルは「1対1で戦うターン制」となっており、相手のライフを先に0にしたほうが勝者となります。

カードを出すには「マナ」というエネルギーコストが必要で、使用できるマナは毎ターン増加します。ターン開始時にマナは回復されるため、その中でどのようにカードを出していくかの戦略が重要になります。

カードはクリーチャーだけでなく装備品や魔法などのカードもあるため、どのカードをどのタイミングで出すかによってゲームの勝敗が左右されます。

カードの種類

カードの種類は大きく分けて以下の3種類となります。
・クリーチャー:フィールドに配置し、敵ゴッドやクリーチャーを攻撃する
・スペル:様々な便利な効果が発動する
・ウェポン:ゴッドに装備させる

カードのレア度

カードのレア度は4種類に分かれており、全体に占める割合は以下のようになっています。
・common:72.5%
・Rare:23%
・Epic:4%
・Legendary:0.5%

レア度が高いカードはなかなか排出されないようになっていますが、当然レア度の高いカードほど高値で売買することができます。レアカードは入手してすぐに売却することによって、それなりの額のイーサリアム(ETH)を入手することはできますが、売却せずにバトルで使用して「eスポーツでの優勝賞金を狙う」という選択肢もあります。

超激レア「ミシックカード」

Mythic-cards

「GODS UNCHAINED」には、上記4種類のカード以外に「ミシックカード」という激レアカードが存在します。このカードは年に4枚しか発行されない"超激レアカード"となっており、公式サイトに記載されているミシックカードには最終入札額として62,000ドル(約690万円)という高値がつけられています。

今後のスケジュール

GODS UNCHAINEDは、2019年4月時点でプレセールを開催しており、クローズドベータ版も公開されています。正式リリースの時期は未定となっているものの、すでにeスポーツの大会が開催予定です。

また、将来的にはVRにも対応する予定であるとされているため、カードゲームに興味がある方は始めてみてはいかがでしょうか?

「GODS UNCHAINED」を始めるためには、Google ChromeとMetaMask(メタマスク)が必要となりますので、プレイしてみようと思っている方はあらかじめ準備をしておくようにしましょう。

「GODS UNCHAINED」の公式サイトは日本語にも対応しているため、詳しい情報は以下のそちらをご覧ください。
>「GODS UNCHAINED」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エンターテイメント業界で「ブロックチェーン推進団体」発足|技術の活用方法を指導

エンターテイメント業界で「ブロックチェーン推進団体」発足|技術の活用方法を指導

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

メルセデス・ベンツがブロックチェーン技術プロジェクトの代表へ!

メルセデス・ベンツがブロックチェーン技術プロジェクトの代表へ!

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

ブロックチェーンは証券決済をオーバーホールする|中央銀行

ベルリンでブロックチェーン研究が急成長|開発者が集う中心地に

ベルリンでブロックチェーン研究が急成長|開発者が集う中心地に

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

BINANCE公式、仮想通貨ウォレット「Trust Wallet」のMac OS版リリース

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

アクション映画スター育成にブロックチェーン活用「Fight to Fame」設立:Mike Tyson

Bitcoin.com:新たな「仮想通貨取引所」を発表|ロジャー・バー氏はCEOから会長に

Bitcoin.com:新たな「仮想通貨取引所」を発表|ロジャー・バー氏はCEOから会長に

Egretia×JPlay:ブロックチェーンベースの3Dサッカーゲーム「Football King」を発表

Egretia×JPlay:ブロックチェーンベースの3Dサッカーゲーム「Football King」を発表

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

ブロックチェーンベースの「ドローン通信システム」に関する特許出願:Walmart

BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

BINANCE:アルトコイン150種類以上対応の「大口取引サービス」を開始

ブロックチェーン基盤の「ギフトカード取引所」構築へ|国内大手売買サイトAmaten

ブロックチェーン基盤の「ギフトカード取引所」構築へ|国内大手売買サイトAmaten

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

米国証券取引委員会(SEC)VanEckなど3社のビットコインETF「承認判断を延期」

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

ノルウェー最大の格安航空会社「仮想通貨決済」導入を計画|今後数カ月以内には開始か

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

Galaxy S10などに仮想通貨の「市場分析・価格予想」アプリを追加:SAMSUNG

Galaxy S10などに仮想通貨の「市場分析・価格予想」アプリを追加:SAMSUNG

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す