ブロックチェーンMMORPG「Ember Sword」無料で遊べる期待のDAppsゲームを紹介

by BITTIMES

ブロックチェーンゲーム「Ember Sword(エンバー・ソード)」に関する「基本情報/ゲームの特徴/今後の予定」などをわかりやすく解説します。この分散型アプリケーション(DApps)は、土地やアイテムを「売買/レンタル」することによって稼ぐことができるだけでなく、無料プレイもできる期待の「MMO RPG」となっています。

こちらから読む:限定アイテムがもらえるイベント情報も「ゲーム」関連ニュース

Ember Sword(エンバー・ソード)とは

Ember Sword(エンバー・ソード)とは、So Couch社によって開発が進められているイーサリアム(Ethereum/ETH)のネットワークを利用した「オープンワールドのファンタジーMMO RPGブロックチェーンゲーム」です。「綺麗なグラフィック」と「自由度の高いゲーム性」を兼ね備えているこのDAppsは、土地やアイテムを自由に売買して収益化を図ることができることなどで世界的に注目を集めています。

プレイヤーは土地の所有者となり、建造物を建てたり、鉱石などの資源やモンスターなどをその土地に配置し、他のプレイヤーが利用できるサービスを提供することで、利益を得ることができます。

プレイヤーの戦闘システムは「対プレイヤー」と「対コンピュータ」の2種類が用意されており、キャラクターは武器の装備やアビリティを使用することで強力な攻撃を行うことが可能になります。

「Ember Sword」の特徴

Ember-Sword

独自トークン「PIXEL(ピクセル)」で土地やアイテムの売買が可能

Ember Swordでは「土地/ゲーム内通貨/装飾品」がトークンで形成される予定です。ユーザーはこのトークンを売買したり、レンタルしたりすることによって利益を得ることができます。

ゲーム内では、「PIXEL(ピクセル)」と呼ばれる独自トークンを使用します。これは、土地やアイテムの購入に必要となります。武器や回復アイテムなどはオフチェーンで管理されます。

このトークンは事前販売も行われており、事前に購入しておくとボーナスが付与されることになっているため、このゲームをプレイする予定がある方は先に購入しておくのも良いでしょう。

「無料プレイ」ならトークン購入も必要なし

また「Ember Sword」は無料でプレイすることもできるため、トークンを購入せずにプレイすることも可能です。

「PC版」に続き「モバイル版」もリリース予定

Ember Swordは、最初に「PC版」がリリースされることになっており、その後に「モバイル版」がリリースされる予定です。モバイル版が利用できるようになれば、外出先でも手軽にゲームを楽しむことができるため、プレイヤーの増加にも期待できます。

「レア度は存在しない」

「Ember Sword」の大きな特徴の一つとしては、「レア度が存在しない」ということが挙げられます。

多くのゲームはキャラクターにレア度が設定されており、レア度が高いほど手に入りにくいということがよくあります。しかし、Ember Swordではレア度が存在しないため、平等にプレイできる環境が整っています。

キャラクターの強さは「プレイヤーのやりこみ度合い」で強さが変わっていくことが予想されるため、プレイヤーはこのゲームにより熱中することになると予想されます。

「Ember Sword」のロードマップ

「Ember Sword」のプロジェクトでは、既にトークンセールが始まっていますが、正式リリースまでにはまだかなりの時間を要するようです。

「Ember Sword」のロードマップは、次のようになっています。
2019 Q2:土地販売開始
2019 Q3:クローズドαテスト開始
2019 Q4:クローズドβテスト開始
2020 Q1:オープンβテスト開始
2020 Q4:正式リリース予定

しかし、まだ確定ではないものの前倒しでリリースされる可能性もあると言われています。

Ember Swordは、ブロックチェーン技術を使用してプレイヤーにゲーム内の土地とアイテムの所有権を付与する、大規模なマルチプレイヤーオンラインブロックチェーンゲームです。

映像は非常に美しく仕上がっており、2019年初頭には実用化される予定となっています。

プロジェクトが順調に進めば、今年中にリリースされる可能性もあると考えられるため、最新情報にも注目が集まります。「Ember Sword」に関する詳しい情報は、以下の公式サイトからどうぞ。
>「Ember Sword」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

イーサリアムは証券となり得るか|米証券取引委員会(SEC)

ビットコイン価格予測2018年版「人工知能は220万円と考える」

ビットコイン価格予測2018年版「人工知能は220万円と考える」

Huaweiビットコインウォレットを標準搭載へ|すべての旧機種にも対応

Huaweiビットコインウォレットを標準搭載へ|すべての旧機種にも対応

イーサリアムのブロックチェーンにエビやドラッグが負荷を与える

イーサリアムのブロックチェーンにエビやドラッグが負荷を与える

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

CARDANO:スマートコントラクトが複数の言語に対応「IELE」テストネット公開

仮想通貨に投資する米政治家「イーサリアムとライトコインを保有している」と公表

仮想通貨に投資する米政治家「イーサリアムとライトコインを保有している」と公表

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

BINANCE:本人確認画像「漏洩」に関する声明文を公開|情報提供者にはBTC報酬

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

国産ブロックチェーンカードゲーム「コントラクトサーヴァント」一般向けテスト実施へ

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

TRON:米国取引所へのTRX上場を「最優先事項」として着手

中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

中央管理で成長する仮想通貨「BinanceCoin/BNB」大手格付け機関が評価

BINANCE CEOが「米国ユーザー除外」を決断した理由とは|仮想通貨規制では日本を賞賛

BINANCE CEOが「米国ユーザー除外」を決断した理由とは|仮想通貨規制では日本を賞賛

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

VOLVO(ボルボ)ブロックチェーンで「再利用コバルト」のサプライチェーン管理

VOLVO(ボルボ)ブロックチェーンで「再利用コバルト」のサプライチェーン管理

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

LedgerXのビットコイン先物「CFTCの承認得ていない」可能性=複数報道

Lamborghini:ブロックチェーンで保護された「カスタムペイント車両」を公開

Lamborghini:ブロックチェーンで保護された「カスタムペイント車両」を公開

下落続くビットコイン市場、上昇幅も小幅に|今後予想される展開は?

下落続くビットコイン市場、上昇幅も小幅に|今後予想される展開は?

仮想通貨による「給与支払い」が合法に|課税方法のガイダンスを公開:ニュージーランド

仮想通貨による「給与支払い」が合法に|課税方法のガイダンスを公開:ニュージーランド

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す