Shellyメインネット、年内リリースできなければ「自分の靴食べる」Charles Hoskinson

by BITTIMES   

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の発案者であるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、最近行われた「Ask Me Anything(なんでも聞いて)」の中で、待ち望まれている「Shelley(シェリー)」のメインネット公開時期について話した際に『2019年内にリリースされなければ、自分の靴を食べる』と語り、開発が順調に進んでいることを説明しました。また同氏はネットワークのセキュリティについても説明しており、ADAの価格上昇がセキュリティをより強固にしていることも説明しています。

こちらから読む:Shelly公式仕様書が公開「Cardano/ADA」関連ニュース

Shellyのメインネット「2019年内には確実にリリース」

Cardanoプロジェクトで開発を担っているCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏は、最近行われた「Ask Me Anything(なんでも聞いて)」の中で、ステーキングのソフトウェア互換性と、51%攻撃が発生した場合にADAのネットワーク上で対策を講じる方法について説明を行いました。

システムの信頼性の面から「Windows OS」の大ファンであるというホスキンソン氏は、Windows OSがステーキングのサポートを受けると述べています。

質問に答えていく中でカルダノコミュニティの人々が待ちわびている「Shelly(シェリー)」のメインネットリリースについて語った同氏は、Shellyは2019年内には確実にリリースされると説明し『リリースされなければ自分の靴を食べる』と発言しました。

Shellyは今年、100%の確率でリリースされます。もしそうならなければ、私は自分の靴を食べます。

シェリーのプロジェクトには、カルダノを「完全に分散化された自律的なネットワーク」にするための複数のステップが組み込まれており、これらのステップが完了することによって、カルダノブロックチェーンは「より高いセキュリティを備えた、多くの人が気軽に利用できる第3世代のブロックチェーン」となります。

ADA価格上昇で「ネットワークはさらに強固に」

ホスキンソン氏は、Cardanoネットワークに対する51%攻撃が発生した場合の対処法などについても説明を行なっています。

同氏はカルダノエイダコイン(ADA)の価格が上がり時価総額が高まったことによって、51%攻撃を行うのは非常に困難になったと説明しています。さらにホスキンソン氏は、今後ADAの価格がさらに高騰することによって51%攻撃を行う際に必要となる費用も高額になるため、価格の上昇とともに51%攻撃の可能性は極めて低くなっていくということを説明しています。

暖和策となる最初のプロセスとしては、ソフトフォークまたはハードフォークを行うことによってネットワーク内の加害者を凍結させる方法があります。これは個人にのみ影響し、ネットワークには影響しません。ある意味ADAの価値を高めることになる可能性もあります。また信頼できるハードウェアで相対間隔で提供さえるチェックポイントもあります。

2019年4月28日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は、今月4日に11円近くまで上昇しましたが、その後はやや下落しており、2019年4月28日時点では「1ADA=7.79円」で取引されています。

2019年2月27日〜2019年4月28日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月27日〜2019年4月28日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

赤十字社:ブロックチェーン基盤の「現地通貨」発行へ|災害支援を促進

赤十字社:ブロックチェーン基盤の「現地通貨」発行へ|災害支援を促進

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)トルコの仮想通貨取引所「Koineks」に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)トルコの仮想通貨取引所「Koineks」に上場

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

Google検索における「仮想通貨関連の詐欺広告」止まらず|なぜ掲載は続くのか?

BMW:ブロックチェーン企業「Bloom」と提携|顧客への融資を合理化

BMW:ブロックチェーン企業「Bloom」と提携|顧客への融資を合理化

注目度の高い仮想通貨ニュース

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

本田 圭佑:デジタル通貨「KSK HONDA コイン」発行へ|ファンとの交流を強化

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Xtheta:新規取扱い暗号資産に関するアンケート調査の「投票結果」公開

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

欧州中央銀行:CBDC「デジタル・ユーロ」の商標登録を申請

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す