【Cardano/ADA】Shelley(シェリー)のリリースが重要視される理由とは?

by BITTIMES

カルダノ(CARDANO)プロジェクトは現在も順調に開発が進められており、先日は最新のアップデートとなる「Cardano 1.5」がリリースされました。このようなこともあり、現在コミュニティの間では次の開発段階である「Shelly(シェリー)」への期待が高まっていますこの記事ではそんな「Shelly」が注目されている理由について簡単に説明します。

こちらから読む:トルコの仮想通貨取引所に上場「Cardano/ADA」関連ニュース

Cardano 1.5のリリースと「Shelley」に高まる期待

Cardano(カルダノ)最新のアップデートである「Cardano 1.5」が先日リリースされました。これにより、Cardanoコミュニティでは「Shelley(シェリー)」への期待が高まっています。

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、昨年12月以降はわずかながらも徐々に回復してきており、一部では「Shelley」のリリースによって、今後はさらに価格が上昇するのではないかと期待する声も見られています。

しかし、なぜ「Shelley」のリリースが業界でそれほど重要視されているのでしょうか?この記事は「Shelleyのリリースに期待が高まる理由」について簡単に紹介します。

真の分散型ブロックチェーンを実現する「Shelley」

Shelley(シェリー)に注目が集まる理由の一つとしては、「ShelleyはCardanoを"真の分散型ブロックチェーン"にするプロセスである」ということが挙げられます。このプロセスが完了することによって、カルダノは最も強力なブロックチェーンの一つとなります。

プルーフ・オブ・ステークのマイニング「Ouroboros」

カルダノは、プルーフ・オブ・ステーク(Proof of Stake/PoS)と呼ばれるマイニング方法を採用した「Ouroboros(ウロボロス)」と呼ばれるアルゴリズムを採用していますが「Shelley」では、このウロボロスのオープンな委任機能が導入されると説明されています。

「プルーフ・オブ・ステーク」は、プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work/PoW)と呼ばれるビットコインなどで採用されているマイニング方法の欠点を補うことができる手段として注目を集めています。

PoWは「計算量によって取引の承認者を決定する仕組み」となっているため、多くの資本を有している特定の企業や個人のみがマイニング競争に勝つことができる仕組みとなっていました。しかしPoSは「コインの保有量や保有期間によって、マイニング報酬を得る権利が与えられる仕組み」となっているため、一部のマイナーにマイニング報酬が集中する問題を解決することができます。

エネルギー消費量の問題も解決

またPoSは、PoWに比べるとエネルギーの消費量が格段に少なくて済む設計となっているため、ビットコインで問題視されていた「エネルギー消費量の問題」を解決し、圧倒的に電気代を安くすることができます。

ビットコインマイニングで必要とされる電気量の問題は現在も世界中で取り上げられているため、その他の仮想通貨でも同様に電力消費量の問題は重要視されることが予想されます。このような問題に早期に対応することは非常に重要であると言えるでしょう。

「カルダノデビットカード」や「量子耐性」なども

この他にも「Shelley」のプロセスには、
・マルチシグのトランザクション
・耐量子コンピューター電子署名方式
・投票機能
・ペーパーウォレット
・カルダノデビットカードの導入
などといった様々な項目が含まれているといわれています。

このような様々な要素の一つ一つは、Cardanoのさらなる発展を期待させる重要な要素となっています。

優れた開発環境が「技術発展」を促進

Ouroboros(ウロボロス)は、PoWアルゴリズムと同レベルのセキュリティを備えた上で、このような「PoWが持つメリット」も兼ね備えています。つまり、Shelleyにおける開発プロセスが完了することによって、Cardanoは市場で最も安全な「PoSブロックチェーン」の一つとなります。

「セキュリティ」は、ブロックチェーンを扱う上で特に重要となる要素の一つです。重要な情報を複数のコンピューターで分散化して管理することを考えればこれは当然のことです。開発者たちにブロックチェーン上でアプリケーションを構築してもらうためには、そのブロックチェーンがどれだけ安全であるのかをしっかりと証明する必要があります。

Cardanoはより多くの開発者が「Cardanoブロックチェーン」を扱えるようにするために、複数のプログラミング言語を使用できる環境を構築しています。その上で「より高度なセキュリティ」や「プルーフ・オブ・ステークなどの魅力的な利点」が追加されることによって、Cardanoは開発者にとって非常に魅力的なブロックチェーンプラットフォームになり、その後は急速に技術開発が進んでいくことになると期待されます。

2019年3月22日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格は、昨年12月に3円近くまで下落して以降は順調に上昇し続けており、2019年3月21日時点では「1ADA=5.97円」で取引されています。

2018年9月24日〜2019年3月22日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2018年9月24日〜2019年3月22日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

北海道厚沢部町、仮想通貨用いた「EV送迎サービス」を実証実験|TIS×INDETAIL

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

BitfuryがSegWitブロックのマイニングをスタートさせる

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

データセキュリティ向上を目指す「ブロックチェーンプログラム」に参加|GM Financial

データセキュリティ向上を目指す「ブロックチェーンプログラム」に参加|GM Financial

注目度の高い仮想通貨ニュース

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

DLT活用した「社内決済用デジタル通貨」を試験運用:米大手銀行Wells Fargo

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

自主規制団体「日本STO協会」設立|SBI・楽天・大和・野村・マネックスなどが参加

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月6日〜12日

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

オハイオ州:ビットコインによる税金支払いサービスの「一時停止」を発表

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

Libra:商標権侵害で「訴訟問題」に発展|VISA・Mastercard脱退など逆風続く

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

警視庁:仮想通貨ビットコイン要求する「脅迫メール」に注意喚起

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

ビットコイン先物「個人投資家」向けのサービス提供も視野|Bakkt COOが発言

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す