ビットコイン価格「底打ち」なのか?著名投資家・トレーダーを対象に意見調査

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は先日26日に4万円近く下落した後は横ばいの状態が続いており「今後もさらに下落する可能性がある」という意見も出てきていますが、著名な仮想通貨アナリストであるWilly Woo(ウィリー・ウー)氏は、独自に調査を行なった上で暗号資産業界の著名人やトレーダーたちの多くが『すでにビットコインは底打ちしている』と考えていることを報告しています。

こちらから読む:投資の神様がBTCを買わない理由「ビットコイン」関連ニュース

BTCの「底打ち」を確信する著名人たち

Twitterで9万人以上のフォロワーを持つ著名な仮想通貨アナリストWilly Woo(ウィリー・ウー)氏は最近、インフルエンサーたちを対象にした調査を行い、その結果を報告しています。同氏が集めたデータによると、有名なトレーダーや投資家たちは「ビットコインは昨年12月に3,150ドル(約35万円)まで下落した際に底を打っている」と考えています。

私は、注目すべきインフルエンサーたちの調査を行いました。アナリストやトレーダーは現在の弱気市場で、すでに底値に達している可能性があると考えています。結果は次のとおりです。
95% @woonomic(Adaptive Capital/オンチェーンアナリスト)
90% @jespow(Krakenの創設者)
90% @arjunblj(アナリスト)
85% @novogratz(Galaxy Digital)
85% @ErikVoorhees (Shapeshift創設者)
85% @nic__carter (Coin Metrics創設者)
85% @Travis_Kling (Ikigai Asset Management)
80% @TuurDemeester(Adamant Capital)
75% @APompliano (Morgan & Creek Digital)
75% @MustStopMurad (Adaptive Capital)

また、ウィリー・ウー氏自身も「ビットコインはすでに底を打っている」と考えており、この他にも多数の著名人やトレーダーの名前があげれています。

独自モデルではビットコインが「重要ライン」を突破

ウィリー・ウー氏が独自に考案した分析ツールは過去数年間に渡って的確に底値を捉えてきていますが、今月10日に新しく公開されたデータではビットコインが再び重要となるラインを突破し、再び上昇傾向にあることが示されています。

Woobull価格モデルチャートの最新情報。

ウィリー・ウー氏は、今年1月頃にビットコイン価格が上昇するためにはボリュームが少なすぎると語っており、『下落相場から抜け出すには時期尚早である』と語っていました。

しかし、現在はビットコイン取引量が過去最高値に近づいてきていることも報告されており、米国のオンライン証券取引仲介会社である「E*Trade(イートレード)」や、米国の最大手ブローカー企業である「TD Ameritrade(TDアメリトレード)」がビットコインなどの暗号資産を取り扱う可能性があることなども報じられているため、市場が強気相場へと向かう要因は揃ってきていると考えられます。

最近の価格下落などの影響によって、アナリストたちは「一定のラインまでは下落する可能性がある」と考えていますが、多くの専門家たちは今後は徐々にビットコイン価格が上昇していくと予想しているようです。

2019年4月29日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先日26日に58万円近くまで下落して以降は横ばいの状態が続いていましたが、今のところ大きな回復は見られておらず、2019年4月29日時点では「1BTC=588,184円」で取引されています。

2019年3月30日〜2019年4月29日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月30日〜2019年4月29日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

【予測精度99.5%】著名アナリストが語るビットコインの今後|6年後には「100倍」に?

CARDANO開発チーム:モンゴルの「暗号通貨・フィンテック協会」とMoU締結

CARDANO開発チーム:モンゴルの「暗号通貨・フィンテック協会」とMoU締結

Bitfury:ビットコインのマイニング事業に投資する「日本初のファンド」設立へ

Bitfury:ビットコインのマイニング事業に投資する「日本初のファンド」設立へ

サッカークラブが仮想通貨による株式買収に合意|イタリア「リミニFC」

サッカークラブが仮想通貨による株式買収に合意|イタリア「リミニFC」

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月24日〜30日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年5月24日〜30日

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

Ripple社:ODL送金関連の新サービス「Line of Credit」提供開始

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

デジタル通貨用いた「福利厚生」の実証実験開始:ディーカレット×トヨタシステムズ

デジタル通貨用いた「福利厚生」の実証実験開始:ディーカレット×トヨタシステムズ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す