保有資産「約7,000BTC」のビットコインクジラが語る、暗号市場と今後の展望

by BITTIMES

仮想通貨ニュースメディアである「CCN」は、2019年5月4日に匿名希望のクジラとの独占インタビュー記事を公開し、そのビットコイン(Bitcoin/BTC)大量保有者は「BTC価格がいくらになると考えているか?」などの情報を報告しました。

こちらから読む:さらなる市場回復の可能性を示す複数の報告「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン価格:今後3〜5年で「555万円」に

CCNによると、この匿名希望の人物は「自分自身のウォレットアドレスのみ」を明らかにしたと報告されており、このウォレットには約3,500万ドル(約39億円)に相当する「約7,000BTC」が保管されていることが明らかにされています。

匿名希望のクジラのウォレット情報(画像:blockchain.com)匿名希望のクジラのウォレット情報(画像:blockchain.com

昨年見られた大幅な価格下落によって、一時期は『BTC価格が過去最高値を更新することはない』とも言われていましたが、この匿名の人物は、ビットコイン価格が今後3〜5年の間に5万ドル(約555万円)を突破することを示唆するテクニカル分析の洞察を複数提供したと伝えられています。

同氏はビットコインが誕生して間もない頃に自分の財産を確実に増やすための分析を行い、BINANCE(バイナンス)イーサリアム(Ethereum/ETH)に投資することを選択したことを語っています。

私はビットコインに積極的に投資しましたが、その頃ビットコインを知っているのは少数の人々だけでした。投資を行う前にはビットコインのテクノロジーを個人的に分析を行い、それらとその金融システム全体に大きな見込みがあると判断しました。

その変化はすでに始まっています。私たちは「変化はまだ始まったばかりであり、仮想通貨市場とブロックチェーン技術には大きな可能性がある」と考えています。

同氏は、仮想通貨市場やブロックチェーン技術の将来には大きな可能性があることを語っていますが、それと同時に『誰もが"仮想通貨の冬"を乗り越えるれるわけではない』とも語っていると説明されています。

「強気相場(ブルマーケット)到来」を示す重要な指標

ビットコイン価格は今年の2月頃から徐々に価格を回復させてきているため、仮想通貨業界では「強気相場の到来」に対する期待が高まっています。

匿名希望のクジラは、現在の仮想通貨市場で"強気相場が始まっている"とは確信していませんが「強気相場に向かっている可能性は高い」と考えており、取引と店頭取引の増加が重要な指標の一つであり、200日移動平均線や半減期なども強気の兆候を示していると説明しています。

私たちはすでに強気相場への回復を見ていると思います。もしそうでなければ、数ヶ月以内にはそうなるでしょう。

重要な指標の1つは取引と店頭取引の増加です。「200日移動平均線を超えたこと」や「半減期が近いこと」も強気であることを示しています。

一日のビットコイン取引量はここ最近で順調に増加してきており、「blockchain.com」の2019年5月2日時点のデータでは「452,646件」にまで回復したことが報告されています。2017末の価格高騰時のトランザクション数が「490,644件」であることと比べて考えると、ビットコイン市場が確実に活発化してきていることがわかります。

(画像:blockchain.com)(画像:blockchain.com

ここ数ヶ月間では多くの専門家たちが「ビットコインの強気相場は迫ってきている」と語っているため、これまで"弱気派"だった人々も現在は"強気派"へと移行してきていると予想されます。

2019年5月5日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、昨年末に36万円近くまで下落しましたが、その後は徐々に回復を続けており、2019年5月5日時点では「1BTC=645,386円」で取引されています。

2018年11月7日〜2019年5月5日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月7日〜2019年5月5日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

給料はビットコインで!加熱するイスラエルの求人事情

給料はビットコインで!加熱するイスラエルの求人事情

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra」フィンテック企業と提携|1,000以上の銀行をサポート

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra」フィンテック企業と提携|1,000以上の銀行をサポート

ブロックチェーンは「アイルランド国境問題」を解決できる ー 英国ハモンド財務相

ブロックチェーンは「アイルランド国境問題」を解決できる ー 英国ハモンド財務相

香港の仮想通貨取引所「CoinCola」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

香港の仮想通貨取引所「CoinCola」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

国際配送でのブロックチェーン利用「義務化」すべき|航空貨物輸送大手FedEx

国際配送でのブロックチェーン利用「義務化」すべき|航空貨物輸送大手FedEx

ブロックチェーン使う米国小売業者、2023年末には「15,000社」に増加:英調査会社予測

ブロックチェーン使う米国小売業者、2023年末には「15,000社」に増加:英調査会社予測

注目度の高い仮想通貨ニュース

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

時価総額ランキング、イーサリアムが一時「1位」に浮上:CoinMarketCap

BINANCE:仮想通貨の先物取引所「招待者向け」に限定公開

BINANCE:仮想通貨の先物取引所「招待者向け」に限定公開

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

ブロックチェーン送金ネットワーク「IIN」にドイツ銀行が参加|コスト削減・高速化へ

イーサリアムのハードフォーク「Istanbul」テストネット立ち上げは延期に

イーサリアムのハードフォーク「Istanbul」テストネット立ち上げは延期に

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

Liquid:仮想通貨「Gram」販売で集まった資金のウォレットアドレスを公開

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

JLL日本:ブロックチェーン用いた「不動産プラットフォーム構築」を実証実験

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

BitPay「イーサリアム(ETH)決済機能」追加へ

Square:ビットコイン決済のオープンソースプロジェクトに助成金「10万ドル」を寄贈

Square:ビットコイン決済のオープンソースプロジェクトに助成金「10万ドル」を寄贈

イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

イギリスの国際送金会社「Xendpay」RippleNetで対応地域を拡大

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

欧州宇宙機関(ESA)衛星活用したブロックチェーン「SpaceChain」に助成金を提供

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

流出した仮想通貨、事件後1年で「20カ国以上」に拡散=日経報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す