保有資産「約7,000BTC」のビットコインクジラが語る、暗号市場と今後の展望

by BITTIMES

仮想通貨ニュースメディアである「CCN」は、2019年5月4日に匿名希望のクジラとの独占インタビュー記事を公開し、そのビットコイン(Bitcoin/BTC)大量保有者は「BTC価格がいくらになると考えているか?」などの情報を報告しました。

こちらから読む:さらなる市場回復の可能性を示す複数の報告「ビットコイン」関連ニュース

ビットコイン価格:今後3〜5年で「555万円」に

CCNによると、この匿名希望の人物は「自分自身のウォレットアドレスのみ」を明らかにしたと報告されており、このウォレットには約3,500万ドル(約39億円)に相当する「約7,000BTC」が保管されていることが明らかにされています。

匿名希望のクジラのウォレット情報(画像:blockchain.com)匿名希望のクジラのウォレット情報(画像:blockchain.com

昨年見られた大幅な価格下落によって、一時期は『BTC価格が過去最高値を更新することはない』とも言われていましたが、この匿名の人物は、ビットコイン価格が今後3〜5年の間に5万ドル(約555万円)を突破することを示唆するテクニカル分析の洞察を複数提供したと伝えられています。

同氏はビットコインが誕生して間もない頃に自分の財産を確実に増やすための分析を行い、BINANCE(バイナンス)イーサリアム(Ethereum/ETH)に投資することを選択したことを語っています。

私はビットコインに積極的に投資しましたが、その頃ビットコインを知っているのは少数の人々だけでした。投資を行う前にはビットコインのテクノロジーを個人的に分析を行い、それらとその金融システム全体に大きな見込みがあると判断しました。

その変化はすでに始まっています。私たちは「変化はまだ始まったばかりであり、仮想通貨市場とブロックチェーン技術には大きな可能性がある」と考えています。

同氏は、仮想通貨市場やブロックチェーン技術の将来には大きな可能性があることを語っていますが、それと同時に『誰もが"仮想通貨の冬"を乗り越えるれるわけではない』とも語っていると説明されています。

「強気相場(ブルマーケット)到来」を示す重要な指標

ビットコイン価格は今年の2月頃から徐々に価格を回復させてきているため、仮想通貨業界では「強気相場の到来」に対する期待が高まっています。

匿名希望のクジラは、現在の仮想通貨市場で"強気相場が始まっている"とは確信していませんが「強気相場に向かっている可能性は高い」と考えており、取引と店頭取引の増加が重要な指標の一つであり、200日移動平均線や半減期なども強気の兆候を示していると説明しています。

私たちはすでに強気相場への回復を見ていると思います。もしそうでなければ、数ヶ月以内にはそうなるでしょう。

重要な指標の1つは取引と店頭取引の増加です。「200日移動平均線を超えたこと」や「半減期が近いこと」も強気であることを示しています。

一日のビットコイン取引量はここ最近で順調に増加してきており、「blockchain.com」の2019年5月2日時点のデータでは「452,646件」にまで回復したことが報告されています。2017末の価格高騰時のトランザクション数が「490,644件」であることと比べて考えると、ビットコイン市場が確実に活発化してきていることがわかります。

(画像:blockchain.com)(画像:blockchain.com

ここ数ヶ月間では多くの専門家たちが「ビットコインの強気相場は迫ってきている」と語っているため、これまで"弱気派"だった人々も現在は"強気派"へと移行してきていると予想されます。

2019年5月5日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、昨年末に36万円近くまで下落しましたが、その後は徐々に回復を続けており、2019年5月5日時点では「1BTC=645,386円」で取引されています。

2018年11月7日〜2019年5月5日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月7日〜2019年5月5日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アイオータ財団:IOTA共同創設者「David Sønstebø氏との別れ」を決断

アイオータ財団:IOTA共同創設者「David Sønstebø氏との別れ」を決断

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

世界最大のビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換|Grayscaleが正式に申請

タイ政府:ブロックチェーン活用した「電子到着ビザ」開発へ

タイ政府:ブロックチェーン活用した「電子到着ビザ」開発へ

UPS:ブロックチェーンを活用した特許を出願|仮想通貨決済にも対応か

UPS:ブロックチェーンを活用した特許を出願|仮想通貨決済にも対応か

ビットコイン価格「90万円台」到達|第三次世界大戦への懸念でリスクヘッジの動き

ビットコイン価格「90万円台」到達|第三次世界大戦への懸念でリスクヘッジの動き

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

アナリスト予想は嘘だらけ?BTC「〇〇万円の壁」は幻想:John McAfee

注目度の高い仮想通貨ニュース

XANA:日韓スターが共演するアニメ「FLAGLIA」をメタバース&NFTゲーム化

XANA:日韓スターが共演するアニメ「FLAGLIA」をメタバース&NFTゲーム化

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

暗号資産損益計算のGtax:会計ソフト「弥生会計」と連携開始

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

人気ロックバンド「THE BACK HORN」初のNFT作品販売へ:Fanpla Owner

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

OKCoinJapan×RunBlox:コラボ企画第2弾「参加者全員にOKB・NFTプレゼントキャンペーン」開始

OKCoinJapan×RunBlox:コラボ企画第2弾「参加者全員にOKB・NFTプレゼントキャンペーン」開始

モナコインのNFT・FTマーケットプレイス「もなこっと」プレサービス開始

モナコインのNFT・FTマーケットプレイス「もなこっと」プレサービス開始

Google:フルマネージド型ノードホスティングサービス「Blockchain Node Engine」リリース

Google:フルマネージド型ノードホスティングサービス「Blockchain Node Engine」リリース

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

ロシア下院「国立暗号資産取引所の設立」に向けて議論=報道

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

ブロックチェーンゲーム「キャプテン翼 -RIVALS-」Polygonの技術を採用

南アフリカ最大級のスーパーマーケット「仮想通貨決済」の対応店舗を拡大

南アフリカ最大級のスーパーマーケット「仮想通貨決済」の対応店舗を拡大

Cornucopias:史上初の「BSC-Cardanoブリッジ」を稼働

Cornucopias:史上初の「BSC-Cardanoブリッジ」を稼働

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す