ビットコインの強気相場「人民元下落」が開始の合図|鍵は「7.00」BitMEX CEO

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)のCEOであるArthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、人民元の価値が下落するにつれてビットコインの「大規模な強気相場」が再開する可能性があると語っています。

こちらから読む:人気の取引所、イラン向けサービスを停止「ビットコイン」関連ニュース

人民元安でBTCは「大規模な強気相場」に

Arthur Hayes(アーサー・ヘイズ)氏は、2019年5月23日に公開した記事の中で、中国の人民元の価値が下がるにつれて、ビットコインの大規模な強気相場が再開される可能性があるとの考えを語りました。

同氏は、FRB(連邦準備制度理事会)とPBOC(中国人民銀行)は2019年もバランスシート(*1)の拡大を続けることになるだろうと予想しており、それが主要な仮想通貨にとってプラス材料になると語っています。
(*1)バランスシート(貸借対照表):資産・負債・資本の面から企業などの財政状態を示した会計報告書のこと。銀行のバランスシートは貸し出しを増やすと拡大する。

中国人民銀行は2017年の初め頃から人民元の価格を安定させるための取り組みを行ってきましたが、ヘイズ氏は「最近の米中貿易戦争の影響によってこのような方針が変わってしまっている」と述べています。

アメリカの人々は自国を愛しているものの、中国の一般的な人々は自国の政府を信頼していない」と語る同氏は、中国はGDP(国内総生産)を成長させるために2008年頃と同じように「新しいお金を印刷する方法に頼っている」と指摘しており、「金融引き締めを行なってGDP成長率を遅くするか、人民元の切り下げに踏み切るか」になるだろうと予想しています。

ビットコイン強気相場の鍵は「7.00」

ヘイズ氏は、具体的に2015年の「BTC/USD」と「USD/CNH」の価格推移を比較したチャートも掲載しており、人民元安が進んだときはビットコインも順調に回復していたことを説明しています。

赤線→BTC/USD、青線→CNY/USD(画像:BitMEX)赤線→BTC/USD、青線→USD/CNH(画像:BitMEX)

この当時は、中国本土でも仮想通貨取引所が「ビットコイン/人民元」の取引サービスを提供していましたが、現在は取引できないようになっているため、"ビットコインと人民元の交換がやや難しくなっている"という点でこの時と現在には違いがあります。しかしヘイズ氏は、OTC取引(店頭取引)は依然として活発であるため、ビットコインに対する中国の影響力がなくなったわけではないと説明しています。

このように語るヘイズ氏は、鍵となる数字は「7.00」だと語っており、「CNH/USD」が"7.00"を越えることになれば、中国の一般投資家たちはビットコイン(BTC)やその他の仮想通貨に殺到することになり、大規模な強気相場になるだろうと予想しています。

アーサー・ヘイズ氏は、最近投稿したツイートで「仮想通貨市場はすでに強気相場に入っている」との考えを語っており、今後の価格上昇に自信を示しています。記事執筆時点のビットコインは依然として80万円台での推移を続けているため、今後の動きにはさらに注目が集まります。

2019年5月25日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月14日に約90万円まで回復して以降は横ばいの状態が続いており、2019年5月25日時点では「1BTC=872,732円」で取引されています。

2019年4月25日〜2019年5月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年4月25日〜2019年5月25日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「ビットコインオプション取引」を開始

ビットコイン関連書籍でも異色の「SF小説」

ビットコイン関連書籍でも異色の「SF小説」

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

Bakkt「香港・英国・EUへの事業拡大」も視野|仮想通貨規制を重要視

Bakkt「香港・英国・EUへの事業拡大」も視野|仮想通貨規制を重要視

イーサリアム2.0「セレニティ・フェーズ0」実装予定日が判明|新たな時代の幕開け

イーサリアム2.0「セレニティ・フェーズ0」実装予定日が判明|新たな時代の幕開け

リップル(XRP)のシンボルマークが変わる?|Ripple公式Twitterでも話題に

リップル(XRP)のシンボルマークが変わる?|Ripple公式Twitterでも話題に

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

ビットポイント:ワンチャンつかめ「柴犬コイン(SHIB)購入キャンペーン」開始

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

リスク(LSK)大規模エアドロップ「HodlerDrop」実施へ|参加条件と今後の予定

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

Pepeの価格が30%急上昇、ダックスフンドの取引ボットWienerAIはプレセールで200万ドルを突破して対抗

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

米金融大手も「現物ビットコインETF」を保有|JPモルガン、ウェルズ・ファーゴの保有銘柄

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

【年率20%】ソラナ(SOL)の「貸暗号資産特別募集」開始:ビットトレード

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

TradingViewが「仮想通貨/日本円チャート」を拡充|BNB・SOL・ADA・SHIBなど

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

【年率100%】ソラナ(SOL)の「貸して増やすキャンペーン」開始:ビットポイント

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:ソラナ(SOL)のステーキングサービス提供へ「年率88.88%のFlash Deal」も開催

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

OKCoinJapan:年率88.8%「ディープコイン(DEP)のFlash Deal」開催へ

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

Shibariumがさらに高速&低コストに?5月2日に「大型アップグレード」を予定

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

シバイヌに対する愛を証明|仮想通貨決済のCoinGate、複数チェーンで「SHIB」をサポート

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

カルダノ分散委任ツールのAtrium「2回目の報酬付きテスト」6月から実施へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す