John McAfee:2020年「米大統領選挙」出馬へ|仮想通貨の重要性伝えていく

by BITTIMES

ブロックチェーン(Blockchain)と仮想通貨(Cryptocurrency)の伝道師とも言われるセキュリティ専門家John McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)や暗号通貨の素晴らしさをより多くの人々に伝えるために2020年の米国大統領選挙に立候補すると語っています。

こちらから読む:大統領選挙が開催される「2020年」仮想通貨業界も大きく変わる?

元NASA勤務の指名手配犯

john-mcafee-poison-attack

仮想通貨を強く支持していることでも知られているJohn McAfee(ジョン・マカフィー)氏は、2018年11月1日に行われた仮想通貨ニュースメディア「Cointelegraph(コインテレグラフ)」とのインタビューの中で、2020年に開催される米国大統領選挙に立候補することを明らかにしました。

1968年から2年間に渡ってNASAのゴダード宇宙科学研究所にプログラマーとして勤務した経歴や、アンチウイルスソフトウェア会社「McAfee Associates(マカフィー・アソシエイツ)」を設立したことなどでも広く知られているマカフィー氏は、2012年11月にはベリーズ警察に殺人容疑で指名手配された直後にグアテマラへの不法入国容疑で逮捕された経歴なども持っており、波乱万丈な人生を歩んでいることでも知られています。

最近の話題では、同氏がICOを推薦している人々に向かって『逮捕されるのを楽しみにしておくといい』といった挑発的な発言などを行なった後に"毒殺"を図られた騒動なども大きな話題となっており、仮想通貨関連のニュースでも頻繁にその名前が挙がっています。

度重なる話題から仮想通貨業界を常に賑わしているマカフィー氏が「大統領選に立候補する」という話題は一部で大きな注目を集めています。

目指すのは「大統領」ではない

mcafeexhitbit

マカフィー氏は以前から大統領選挙に立候補する計画があることを語っていましたが、今回のインタビューの中で彼は大統領を目指している訳ではないことを語っています。仮想通貨に関する専門的な知識を持っている同氏は、大統領選挙の場がビットコインなどの仮想通貨を多くの人々に知ってもらうための機会になると考えており、選挙活動などを通じて仮想通貨の持つ魅力を大勢の人々に伝えていくことを計画しています。

大統領になりたいと思っていないにもかかわらず選挙に立候補するマカフィー氏は、自分自身でも『誰も私を大統領には選ばないだろう』と語っており、あくまでも人々に仮想通貨や地方分権化の意義を伝えることに重点を置いていることを語っています。

同氏は以前から"中央集権化"された社会システムを激しく批判しており、仮想通貨取引所に関しても現在一般的に利用されている"中央集中型"の取引所ではなく、分散型取引所(DEX)こそが本物の分散型社会の形だと語っています。

現代の社会システムには仮想通貨関連の企業も含めて多くの「中央集権的な組織」が絡んでいると考えている同氏は、これまでにもいくつかの企業や団体に対して攻撃的な対応をとっており、そのような機関や仮想通貨取引所の危険性を訴えているため、選挙演説の際にもこのような事柄に関するより詳しい解説が行われると考えられます。

仮想通貨の可能性を教授

McAfee

マカフィー氏は大統領選挙を通じて、もっと多くの人々に仮想通貨の知識を伝えることを計画しており、集まった人々に仮想通貨がどのようにして「個人の自由」を実現するかについて話したいと語っています。

そのあまりに個性的なキャラクターから彼の発言や情報の信ぴょう性を疑う人々も多いものの、マカフィー氏がセキュリティやブロックチェーン技術を始めとする、数多くの専門的知識を有していることは確かであり、仮想通貨業界には非常に早い段階から参入して世界有数のビットコインマイナー(採掘者)として活躍していたことも事実です。

以前行われた別のインタビューでマカフィー氏は、非常に真面目な姿勢でビットコインに対する自信の考えなどを過去の経験に基づいて詳しく解説しており、この会話の内容にはマカフィー氏が真剣に地方分権化された理想的な社会を目指していることが表れています。

トランプ大統領にも負けないほどの過激な発言や行動で世界中に影響を与えているマカフィー氏が、大統領選挙の場で人々に対してどのようなことを語るのかには注目です。

マカフィー氏も支持する仮想通貨ビットコイン(BTC)の購入は、キャッシュバックキャンペーン開催中の仮想通貨取引所Liquid(リキッド)からどうぞ。

仮想通貨取引所 Liquid の画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

ビットコインキャッシュが使えるカリブ海のリゾート?

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

GMOがビットコイン決済を強化し続ける理由

GMOがビットコイン決済を強化し続ける理由

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt」始動|インターコンチネンタル取引所が発表

日本が世界最大のビットコイン市場へ「中国取引所閉鎖は良い事?」

日本が世界最大のビットコイン市場へ「中国取引所閉鎖は良い事?」

仮想通貨で海外旅行!航空会社Peachが年内にもビットコイン決済スタート

仮想通貨で海外旅行!航空会社Peachが年内にもビットコイン決済スタート

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコイン下落相場は今後も続く「回復するには時期尚早」Willy Woo

ビットコイン下落相場は今後も続く「回復するには時期尚早」Willy Woo

キャッシュレス化が招く「プライバシー問題」解決の鍵はビットコイン:Arthur Hayes

キャッシュレス化が招く「プライバシー問題」解決の鍵はビットコイン:Arthur Hayes

Brave(BAT)仮想通貨「報酬システム」実装に進展|広告収入をユーザーに還元

Brave(BAT)仮想通貨「報酬システム」実装に進展|広告収入をユーザーに還元

ORBS(オーブス)開発者向けのローカルテスト環境「GAMMA」の立ち上げを発表

ORBS(オーブス)開発者向けのローカルテスト環境「GAMMA」の立ち上げを発表

【DX.Exchange】とは?特徴・使い方・メリットや今後を徹底解説

【DX.Exchange】とは?特徴・使い方・メリットや今後を徹底解説

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

仮想通貨業界で成功を目指す若者を支援|伝説の投資家による「起業家教育プログラム」

仮想通貨業界で成功を目指す若者を支援|伝説の投資家による「起業家教育プログラム」

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

金融庁:法令改正へ「仮想通貨による出資」にも規制適用

2018年「リップルニュース」総まとめ:RippleNet拡大・XRP取引所上場や価格推移

2018年「リップルニュース」総まとめ:RippleNet拡大・XRP取引所上場や価格推移

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

スペイン最大の自動車メーカー「SEAT」がブロックチェーン・コンソーシアムに参加

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

Weiss Ratings:2019年の仮想通貨市場予測「7選」を公開|XRPが時価総額1位に?

2019年:仮想通貨は「最高のパフォーマンス」を誇る資産に|トラビス・クリング

2019年:仮想通貨は「最高のパフォーマンス」を誇る資産に|トラビス・クリング

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す