XRP「10億円相当」が流出|仮想通貨ウォレット「GateHub」がハッキング被害に

by BITTIMES

仮想通貨取引所・ウォレットである「GateHub(ゲートハブ)」がセキュリティ侵害を受けたことによって、日本円で約10億円に相当する「2,320万XRP」が盗まれたことが同社の公式発表によって明らかになりました。

こちらから読む:Netflix番組内XRPが登場「Ripple/XRP」関連ニュース

仮想通貨XRP「約10億円相当」が流出|GateHub

仮想通貨取引所・ウォレットである「GateHub(ゲートハブ)」にて、日本円で約10億円に相当する「2,320万XRP」が盗まれたことが明らかになりました。このことを最初に報告したデンマークのデザイン企業「2K/DENMARK社」のクリエイティブ・ディレクターであるThomas Silkjær氏は、2019年6月6日時点で80人以上のユーザーが被害者になっていることを報告しています。

同氏が最初にこのことに気づいたのは2019年5月30日のことだとされており、その時は201,000XRP(約900万円)が「GateHub」のXRPアカウントから移動されていたと報告されています。

現時点では、盗まれたXRPの半数以上にあたる1,300万XRP(約6億円)がその他の取引所やミキシングサービス(*1)などを利用して資金洗浄されているということも明らかになっており、現在は犯人特定のための捜査が行われています。
(*1)ミキシングサービス:複数の送金データを混ぜ合わせることによって、利用者のプライバシーや匿名性を守る手法やサービスのこと

GateHubからの公式発表

GateHubが2019年6月4日に「XRP Chatフォーラム」に投稿した内容では、約58個のXRPレジャーウォレットでセキュリティ違反があったことが認められており、その他のウォレットや同社のコールドウォレットは無事だと報告されています。

被害を受けたユーザーにはメールで報告が行われていますが、加害者がどのような方法で仮想通貨を盗み出すための情報を入手したのかは不明だとされています。一部では、「GateHub」の元スタッフが事件に関与しているのではないか?との意見も出ていますが、これに関しても今のところは不明とされており、現在も調査が進められています。

Silkjær氏によると、今回の攻撃の手口を断定する決定的な証拠はなく、
・フィッシング
・GateHubのアカウントハック
・ノンス(*2)の再利用
といった複数の方法が原因になっている可能性があるとのことです。
(*2)ノンス:暗号通信で用いられる「使い捨てのランダムな値」のこと。ノンスはたいてい認証の過程で使用され、リプレイ攻撃を行えないようにする働きを担っている。

盗難されたXRPに関わりのあるウォレット情報

キャッシュアウトに使用された送金先としては、以下のような取引所が挙げられています。
changelly.com: 6,000,000 XRP
changenow.io: 3,250,000 XRP
kucoin.com: 1,500,000 XRP
huobi.com: 930,000 XRP
exmo.me: 135,000 XRP
hitbtc.com: 115,000 XRP
binance.com: 110,000 XRP
alfacashier.com: 50,000 XRP

また、盗まれたXRPの一部を保有している問題のアカウントは「r9do2Ar8k64NxgLD6oJoywaxQhUS57Ck8k」とされており、資金洗浄に関わったと見られるアカウントとしては、以下の12のアドレスが挙げられています。
・rU6EsDCiHHYbTtA4uGGo8zaaiRz2sbDBST
・rN5Gm1FijbTVeYFfpTRfGKfNZQY7hc9TbN
・rprMix9uYyQng5vgga1Vg8HTeBMCzaeM2i
・rUvPCdYJMzzGu9AFKrNeKgCTpxrpFc3RHt
・rJpKe5rbjgzzGJc1wm1xqKj6j4UjBQ6s48
・rGSWKo2oiJnJiPEoHvDZTK2XG7RtE62Cbh
・rpBDxqWArAQTEfPeWwkUvBh1cbc885nirX
・r9do2Ar8k64NxgLD6oJoywaxQhUS57Ck8k
・rKZ14F9KT65chQ382M33U41a4eniGMAyfG
・rpfcbzdZZSWdB5EWDGcQvD5ycFhM6jdhpZ
・rHvWywQiexNeCLWTa9dBjHTMAtt6tPN7Z1
・rMcqiWXMJEAEMXaFFgnjeuASwAMmef8B8c

黄:XRPが現金化された取引所および口座 青:被害者 赤:9名の疑いのあるアカウント 注:数名の被害者はチャネリングされておらず、資金が直接取引所に送られたケースもある(画像:ThomasSilkjær)黄:XRPが現金化された取引所および口座 青:被害者 赤:9名の疑いのあるアカウント
注:数名の被害者はチャネリングされておらず、資金が直接取引所に送られたケースもある(画像:ThomasSilkjær

今回攻撃の対象となった「GateHub」は、リップルの公式ウォレットサービスが終了した際に移行することが推奨されていたウォレットでもあるため、ユーザーからは不安の声が上がっています。現在も事件の原因が不明となっているため、重要な資産はより安全に管理することができるハードウェアウォレットなどに移動しておいた方が良いと言えるでしょう。

>>「GateHub」の公式発表はこちら
>>「Thomas Silkjær氏」の報告はこちら

2019年6月7日|エックスアールピー(XRP)の価格

今回の事件による価格への影響はそれほど見られておらず、記事執筆時点でのXRP価格は「1XRP=45.21円」となっています。過去24時間でみると価格は「3.6%」上昇しています。

2019年5月8日〜2019年6月7日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月8日〜2019年6月7日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

「ビットコインは規制しないと危険」カナダ中央銀行

航空機部品の追跡・販売で「ブロックチェーンプラットフォーム」活用:ボーイング

航空機部品の追跡・販売で「ブロックチェーンプラットフォーム」活用:ボーイング

新経済連盟:仮想通貨・ブロックチェーンの「規制明確化」求める|金融大臣に要望提出

新経済連盟:仮想通貨・ブロックチェーンの「規制明確化」求める|金融大臣に要望提出

ビットコイン価格、今後数ヶ月で「大幅上昇」の可能性|Krakenがレポート公開

ビットコイン価格、今後数ヶ月で「大幅上昇」の可能性|Krakenがレポート公開

GMOコイン:販売所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始

GMOコイン:販売所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

Moonstakeウォレット「ORBSのステーキング」対応へ|パートナーシップを締結

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

OKCoinJapan「XRP・LSK」取扱いへ|Amazonギフト券が当たるキャンペーンも開催

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

Coincheck NFT:The Sandboxの仮想土地「LAND」追加販売へ|合計310箇所を順次販売

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

BITMAX:暗号資産購入金額に応じた「現金プレゼントキャンペーン」開始【最大10万円】

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

ウォール街の狼Jordan Belfort氏「ビットコイン価格=1,000万円」を予想

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Braveクリエイターの「bitFlyer連携サービス」開始|登録・設定方法も画像付きで解説

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

Avex Technologies:デジタル証明書サービス「A trust」提供開始|NFT事業に本格参入

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す