フェイスブックの仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」の詳細情報、徐々に明らかに

by BITTIMES   

Facebook(フェイスブック)が進めている独自仮想通貨プロジェクト「Libra(リブラ)」に関する情報が、複数の大手メディアによって徐々に明らかにされています。すでに100人規模のメンバーで開発が進められているというこの仮想通貨は「複数の通貨に連動したものである」とも言われており、最近ではロシアの大手石油採掘業者がこのコインによる支払いを受け入れる可能性を示唆していることなども報じられています。

こちらから読む:ATM機器設置の可能性も「Facebook」関連ニュース

「100人」規模のプロジェクトメンバー

米国の経済専門局「CNBC」の報道によると、フェイスブックの仮想通貨プロジェクトには現時点で100人ほどのメンバーが参加しており、さらに40人以上の募集枠があると報じられています。

この情報はビジネスに特化したSNS「LinkedIn(リンクトイン)」のプロフィール情報に基づいたものであり、求人募集の欄には最終目標として「何十億人もの人々が今持っていないものにアクセスするための手助けをすること」や「ヘルスケア、公平な金融サービス、情報を共有・保存する新しい方法を提供すること」が挙げられていると説明されています。

CNBCがリストアップしたFacebookの仮想通貨プロジェクトで幹部を務めている人物の中には、仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)で役員を務めた経歴も持つDavid Marcus(デビッド・マーカス)氏だけでなく、世界中で利用されている決済サービス「PayPal(ペイパル)」に9年近く勤務したTomer Barel氏や、人工知能(AI)フレームワーク「PyTorch」で複数のオープンソースプロジェクトに取り組んだ経歴を持ち「オープンソースのヘッド」とも呼ばれるEric Nakagawa(エリック・ナカガワ)氏などといった人物も含まれていると説明されています。

米ドルではなく「通貨バスケット」に連動

ドイツの雑誌「WirtschaftsWoche」は、フェイスブックの仮想通貨は米ドル(USD)ではなく「通貨バスケット(*1)」に連動すると報じています。

これまでの報道では、Fecebookの仮想通貨は米ドルに連動するステーブルコインだと報じられていましたが、通貨バスケットに連動する仕組みを採用すれば、価格がより安定したものになると期待されます。
(*1)通貨バスケット:貿易相手国など複数の国の通貨で構成されたもの。複数の通貨が組み込まれていることによって各通貨の強弱が相殺され、単一通貨に連動させるより為替相場が安定する。

石油採掘大手「Rosneft」による受入れの可能性

ロシアのニュースサイトである「Snob.ru」は、同国の石油採掘大手「Rosneft(ロスネフチ)」の最高経営責任者(CEO)であるИгорь Иванович Сечин(イーゴリ・セチン)氏が、Facebookの独自通貨が石油購入に使用される可能性を示唆したことを報じています。

同氏は、現在開催中の「サンクトペテルブルク国際経済フォーラム(SPIEF)」の中で、Facebook(フェイスブック)・Google(グーグル)Amazon(アマゾン)Apple(アップル)などの大手IT企業が石油ガス業界についての調査を始めているため「あるタイミングでフェイスブックの仮想通貨で石油を購入することができるようになる可能性がある」と語ったとされています。

セチン氏は「仮想通貨で石油を購入できるようになる可能性」があることを語っているものの、それと同時に仮想通貨にはまだ解決すべき問題が残っていることも説明しており「ボラティリティ・企業の秘密保持・新しい規制構造・安定性」などの課題を克服する必要があると述べています。

ホワイトペーパー「6月18日」公開か?

大手ITメディアである「TechCrunch」は、2019年6月18日にはホワイトペーパーが公開され、その後は以下のようなスケジュールで仮想通貨プロジェクトが進められていく可能性があることを報告しています。
・6月18日:仮想通貨プロジェクトのホワイトペーパーを公開
・6月下旬:仮想通貨プロジェクトを正式稼働
・2020年:正式リリース予定

先日報じられた内容では「Facebookの仮想通貨プロジェクトは今月後半に明らかにされる」と伝えられていました。また「2020年にリリースされる」ということも過去に報じられていたため、これらの情報は有力であると考えられます。

Facebookの独自仮想通貨は、仮想通貨業界に新規ユーザーを巻き込む重要な要因の一つになるとも言われているため、6月中に詳細が明かされるのであれば、その後はさらに業界が活気付くことになると期待されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

カルダノ財団:ドイツのベンチャースタジオ「Konfidio」と提携|実社会での技術活用を促進

ダイムラー:ブロックチェーンベースの「自動車向けハードウェアウォレット」を開発

ダイムラー:ブロックチェーンベースの「自動車向けハードウェアウォレット」を開発

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

国産有機ワイン×ブロックチェーンで「エシカル消費」の実証実験|トークン・DAppsも活用

国産有機ワイン×ブロックチェーンで「エシカル消費」の実証実験|トークン・DAppsも活用

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

繊維製品の生産情報をブロックチェーン管理|サプライチェーンの透明性向上へ:Lenzing

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

仮想通貨取引所KuCoin:事業拡大に向け「KuGroup」設立

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

仮想通貨リンク(LINK/LN)とは?基本情報・特徴・対応取引所などを解説

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

仮想通貨規制に関わる改正資金決済法、施行日は「5月1日」に=内閣官報

アダルトサイト大手「Pornhub」仮想通貨PMAによる支払いに対応

アダルトサイト大手「Pornhub」仮想通貨PMAによる支払いに対応

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨テストに向けた「スケジュール」を公開

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

ビットコイン「25万ドル到達」は時間の問題|金融崩壊イベントも不要:EOS創設者

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

NFTガチャ「賭博該当」の可能性|ブロックチェーンコンテンツ協会がガイドライン公開

国税庁:確定申告期限を「さらに延長」4月17日以降も柔軟に受け付け

国税庁:確定申告期限を「さらに延長」4月17日以降も柔軟に受け付け

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

SAKE BLOCKCHAINで「日本酒の偽造品」撲滅へ:EY Japan

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す