投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)で株式などにも投資することができる仮想通貨ウォレットアプリを提供している「Abra(アブラ)」は、2019年6月20日から世界中で利用されているビジネスチャットツールを提供している「Slack(スラック)」の株式に投資できるようになったことを発表しました。

こちらから読む:Bakkt、決済アプリ開発に本気「ウォレット」関連ニュース

仮想通貨で「Slack株」への投資が可能に

Slack-logo

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra(アブラ)」は、ビットコイン(BTC)を始めとする複数の仮想通貨を安全に保管することができるだけでなく、仮想通貨を用いて
Amazon(アマゾン)
Apple(アップル)
Google(グーグル)
Facebook(フェイスブック)
などの大手企業の株式に投資することができるサービスを提供しています。

「ビットコインを使用して少額から株式に投資することができる」という点で評価されている同社は、2019年6月20日に世界中で愛用されているビジネスチャットツール開発企業「Slack(スラック)」の株式を投資可能なリストに追加しました。

記事執筆時点ではすでに追加されているため、Abraを利用しているユーザーであればアップデートを行うだけですぐにSlack株に投資することができます。Slackのティッカーシンボルは「WORK」です。

ビジネスチャットツール「Slack(スラック)」とは

Slack(スラック)とは、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を構える「Slack Technologies」によって開発されたクラウドベースのチャットツールです。

2013年8月にローンチされた「Slack」のサービスを使用すれば、ワークスペースを作成して招待されたユーザー間で連絡を取り合ったり、データを共有したりすることができます。ビジネスでも積極的に活用できる豊富な機能を搭載している「Slack」のサービスは世界中の様々な大手企業でも活用されており、世界150カ国以上で毎日1,000万人のユーザーに利用されていると伝えられています。

Slackのサービスを利用する企業の一部(画像:Slack公式サイト)Slackのサービスを利用する企業の一部(画像:Slack公式サイト)

同社のツールは仮想通貨業界でも幅広く活用されており、開発企業だけでなく、コミュニティの間でも情報交換のための場として利用されています。

2019年6月20日にニューヨーク証券取引所(NYSE)で取引が開始された「Slack Technologies」の株式は、公募増資・売り出しを伴わない「直接上場」という方法を選択し、取引初日に株価が急伸したことでも注目を集めました。

NYSEでの初値は参考価格の26ドルを大きく上回り「38.50ドル」となりました。一時は42ドルまで上昇しましたが、現在の株価は大きく下落しており、記事執筆時点では「37.22ドル」となっています。

「Abra(アブラ)」のアプリでは、その他複数の株式にも投資できるため、仮想通貨以外にも投資しようと考えている方は利用してみてはいかがでしょうか?

Download Abra仮想通貨ウォレット「Abra」のダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

クラッシュした「謎のランボルギーニ」仮想通貨投資会社CEOの所有物と判明

クラッシュした「謎のランボルギーニ」仮想通貨投資会社CEOの所有物と判明

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨決済にも対応か?Softbank・TOYOTAのMaaS連合に「bitFlyer」が参加

仮想通貨取引所「Easy Crypto」にネム(NEM/XEM)が上場:ニュージーランド

仮想通貨取引所「Easy Crypto」にネム(NEM/XEM)が上場:ニュージーランド

Theta Labs:分散型取引所(DEX)「ThetaSwap(シータスワップ)」公開

Theta Labs:分散型取引所(DEX)「ThetaSwap(シータスワップ)」公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

Moonstakeウォレット「トロン(Tron/TRX)のステーキング」に対応

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

Bakkt:今月18日に「ニューヨーク証券取引所(NYSE)」上場へ

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

COTI:仮想通貨対応の「銀行口座・Visaデビットカード」提供へ

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

カルダノ(ADA)ダイダロスウォレットに「トークン専用画面」追加|Daedalus 4.4.0公開

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios:イタリアの古豪クラブ「Bologna FC」と提携|$BFCファントークン発行へ

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

ビットフライヤー「証拠金取引サービスの新規登録」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す