投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)で株式などにも投資することができる仮想通貨ウォレットアプリを提供している「Abra(アブラ)」は、2019年6月20日から世界中で利用されているビジネスチャットツールを提供している「Slack(スラック)」の株式に投資できるようになったことを発表しました。

こちらから読む:Bakkt、決済アプリ開発に本気「ウォレット」関連ニュース

仮想通貨で「Slack株」への投資が可能に

Slack-logo

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra(アブラ)」は、ビットコイン(BTC)を始めとする複数の仮想通貨を安全に保管することができるだけでなく、仮想通貨を用いて
Amazon(アマゾン)
Apple(アップル)
Google(グーグル)
Facebook(フェイスブック)
などの大手企業の株式に投資することができるサービスを提供しています。

「ビットコインを使用して少額から株式に投資することができる」という点で評価されている同社は、2019年6月20日に世界中で愛用されているビジネスチャットツール開発企業「Slack(スラック)」の株式を投資可能なリストに追加しました。

記事執筆時点ではすでに追加されているため、Abraを利用しているユーザーであればアップデートを行うだけですぐにSlack株に投資することができます。Slackのティッカーシンボルは「WORK」です。

ビジネスチャットツール「Slack(スラック)」とは

Slack(スラック)とは、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を構える「Slack Technologies」によって開発されたクラウドベースのチャットツールです。

2013年8月にローンチされた「Slack」のサービスを使用すれば、ワークスペースを作成して招待されたユーザー間で連絡を取り合ったり、データを共有したりすることができます。ビジネスでも積極的に活用できる豊富な機能を搭載している「Slack」のサービスは世界中の様々な大手企業でも活用されており、世界150カ国以上で毎日1,000万人のユーザーに利用されていると伝えられています。

Slackのサービスを利用する企業の一部(画像:Slack公式サイト)Slackのサービスを利用する企業の一部(画像:Slack公式サイト)

同社のツールは仮想通貨業界でも幅広く活用されており、開発企業だけでなく、コミュニティの間でも情報交換のための場として利用されています。

2019年6月20日にニューヨーク証券取引所(NYSE)で取引が開始された「Slack Technologies」の株式は、公募増資・売り出しを伴わない「直接上場」という方法を選択し、取引初日に株価が急伸したことでも注目を集めました。

NYSEでの初値は参考価格の26ドルを大きく上回り「38.50ドル」となりました。一時は42ドルまで上昇しましたが、現在の株価は大きく下落しており、記事執筆時点では「37.22ドル」となっています。

「Abra(アブラ)」のアプリでは、その他複数の株式にも投資できるため、仮想通貨以外にも投資しようと考えている方は利用してみてはいかがでしょうか?

Download Abra仮想通貨ウォレット「Abra」のダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

香港上場企業Meitu:約40億円分の「ビットコイン・イーサリアム」を購入|技術活用も検討

香港上場企業Meitu:約40億円分の「ビットコイン・イーサリアム」を購入|技術活用も検討

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

「ビットコイン売却=強気ではない」ということではない:Cypherpunk CEO

「ビットコイン売却=強気ではない」ということではない:Cypherpunk CEO

Cornucopias:史上初の「BSC-Cardanoブリッジ」を稼働

Cornucopias:史上初の「BSC-Cardanoブリッジ」を稼働

ビットコイン、本格的なブル相場へ「さらなる価格上昇を確信」BitMEX CEO

ビットコイン、本格的なブル相場へ「さらなる価格上昇を確信」BitMEX CEO

韓国裁判所:Terraform Labs関係者に対する逮捕状を棄却=報道

韓国裁判所:Terraform Labs関係者に対する逮捕状を棄却=報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

カルダノ初の自動車プロジェクト「eTukTuk」が登場|充電ステーションを展開

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

Flare Networks「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

Flare Networks「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

コインチェック:XRP保有者に対する「FLRトークンの付与予定日」を発表

コインチェック:XRP保有者に対する「FLRトークンの付与予定日」を発表

HEXA:擬似DAOプロジェクトの新規NFT販売ができる「INO機能」を実装

HEXA:擬似DAOプロジェクトの新規NFT販売ができる「INO機能」を実装

Shibarium:各オンチェーン取引で「SHIBのバーン」実施へ

Shibarium:各オンチェーン取引で「SHIBのバーン」実施へ

【国内初】ビットバンク:オアシス(Oasys/OAS)取扱いへ

【国内初】ビットバンク:オアシス(Oasys/OAS)取扱いへ

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

YGG Japan:スクエニ・セガなど18社から約4億円相当の資金調達

コインチェック:VRゴーグル「Meta Quest2」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:VRゴーグル「Meta Quest2」が当たるキャンペーン開始

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

ステラ開発財団「米商品先物取引委員会のグローバル市場諮問委員会」に参加

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

匂いのNFT:実業家グラドルの「ヴァネッサ・パン氏」がアンバサダーに就任

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

カルダノ(ADA)の価格予測|投資家がメタケード(MCADE)に惹かれる理由

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す