投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)で株式などにも投資することができる仮想通貨ウォレットアプリを提供している「Abra(アブラ)」は、2019年6月20日から世界中で利用されているビジネスチャットツールを提供している「Slack(スラック)」の株式に投資できるようになったことを発表しました。

こちらから読む:Bakkt、決済アプリ開発に本気「ウォレット」関連ニュース

仮想通貨で「Slack株」への投資が可能に

Slack-logo

仮想通貨ウォレットアプリ「Abra(アブラ)」は、ビットコイン(BTC)を始めとする複数の仮想通貨を安全に保管することができるだけでなく、仮想通貨を用いて
Amazon(アマゾン)
Apple(アップル)
Google(グーグル)
Facebook(フェイスブック)
などの大手企業の株式に投資することができるサービスを提供しています。

「ビットコインを使用して少額から株式に投資することができる」という点で評価されている同社は、2019年6月20日に世界中で愛用されているビジネスチャットツール開発企業「Slack(スラック)」の株式を投資可能なリストに追加しました。

記事執筆時点ではすでに追加されているため、Abraを利用しているユーザーであればアップデートを行うだけですぐにSlack株に投資することができます。Slackのティッカーシンボルは「WORK」です。

ビジネスチャットツール「Slack(スラック)」とは

Slack(スラック)とは、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコに本社を構える「Slack Technologies」によって開発されたクラウドベースのチャットツールです。

2013年8月にローンチされた「Slack」のサービスを使用すれば、ワークスペースを作成して招待されたユーザー間で連絡を取り合ったり、データを共有したりすることができます。ビジネスでも積極的に活用できる豊富な機能を搭載している「Slack」のサービスは世界中の様々な大手企業でも活用されており、世界150カ国以上で毎日1,000万人のユーザーに利用されていると伝えられています。

Slackのサービスを利用する企業の一部(画像:Slack公式サイト)Slackのサービスを利用する企業の一部(画像:Slack公式サイト)

同社のツールは仮想通貨業界でも幅広く活用されており、開発企業だけでなく、コミュニティの間でも情報交換のための場として利用されています。

2019年6月20日にニューヨーク証券取引所(NYSE)で取引が開始された「Slack Technologies」の株式は、公募増資・売り出しを伴わない「直接上場」という方法を選択し、取引初日に株価が急伸したことでも注目を集めました。

NYSEでの初値は参考価格の26ドルを大きく上回り「38.50ドル」となりました。一時は42ドルまで上昇しましたが、現在の株価は大きく下落しており、記事執筆時点では「37.22ドル」となっています。

「Abra(アブラ)」のアプリでは、その他複数の株式にも投資できるため、仮想通貨以外にも投資しようと考えている方は利用してみてはいかがでしょうか?

Download Abra仮想通貨ウォレット「Abra」のダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「再び急落」の可能性|強気相場突入前に70万円台接触か

ビットコイン「再び急落」の可能性|強気相場突入前に70万円台接触か

バンドルカードとは?手数料が安い・使えるお店使えないお店一覧

バンドルカードとは?手数料が安い・使えるお店使えないお店一覧

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

1,000%価格高騰に向け「ビットコインが超えるべき抵抗線」

1,000%価格高騰に向け「ビットコインが超えるべき抵抗線」

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

ビットコイン仮想通貨・今後の相場予測【2018〜2021年まで】

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

【世界初】仮想通貨決済による「オンライン不動産オークション」開催|BTC・BNBに対応

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

【Anique】開発不要でNFTコレクションサービスを立ち上げる「Collection」提供開始

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

NEM新チェーン「シンボル(Symbol/XYM)」待望のメインネット公開

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

【Coincheck NFT】The Sandboxの仮想土地「LAND」発売へ|合計33個を販売予定

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

Huobi Japan:取引所サービスで「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月21日〜27日

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

ビットバンク「Bitcoin Cash ABC(BCHA)相当額の日本円付与」を完了

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す