すごいぞバイナンスコイン!手数料「1.62円」でBNB1,300億円相当を送金

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、最近同社が行ったバイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の巨額送金が"圧倒的な速さと安さ"で処理されたことを報告しました。今回報告された数値は、以前に仮想通貨業界で注目を集めていた「XRPを用いた巨額送金の事例」よりも早いものとなっています。

こちらから読む:9月から米国ユーザーをブロック「BINANCE」関連ニュース

送金時間1.1秒、手数料は「わずか1.62円」

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、先日26日に独自の仮想通貨「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」の大規模な送金を行いました。

通常業務の一環として行われたこの送金では「32,888,888BNB(約1,329億円)」が移動されたことが報告されていましたが、BINANCEのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、その後のツイートで「この12億ドル相当の送金が、0.015ドル(約1.62円)の手数料、1.1秒の送金時間で処理された」ということを報告しています。

この取引にかかった手数料は「0.015ドル」で、送金時間は「1.1秒」でした。そして12億ドルの価値が移動されました。

未来はここにあります。

昨年10月に「TechCrunch」の創設者であるMichael Arrington(マイケル・アーリントン)氏が報告した、仮想通貨XRPを用いた送金の事例では、約56億円相当のXRPを「約34円の手数料」と「2秒の送金時間」で処理したことが報告されていたため、このケースと比較すると今回の事例が非常に高速で安いことがわかります。

バイナンスコインを支えているBINANCE独自のブロックチェーン「BinanceChain」は、低コストでの送金が可能でありながら、約1秒で1ブロックを生成できる高性能なブロックチェーンとなっています。

今回報告された巨額送金の事例は、BinanceChainが持つ利点を証明するものであると言えるでしょう。バイナンスコインはこの数ヶ月間で急速に採用され始めており、今や決済手段としても利用されるようになってきているため、今後はさらに多くの場面で使用されていくことになると予想されます。

2019年6月27日|バイナンスコイン(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は、今月22日に4,200円台まで上昇したものの、その後はやや下落しており2019年6月27日時点では「1BNB=3,731円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年3月29日〜2019年6月27日 BNBのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月29日〜2019年6月27日 BNBのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Brave「Binanceウィジェット」提供開始|ブラウザ上で仮想通貨取引が可能に

Brave「Binanceウィジェット」提供開始|ブラウザ上で仮想通貨取引が可能に

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月21日〜27日

最適なブロックチェーン活用方法は「仮想通貨と国際送金」Vitalik Buterin

最適なブロックチェーン活用方法は「仮想通貨と国際送金」Vitalik Buterin

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

Walmart:ブロックチェーンで「インド産えび」のサプライチェーン管理

投資家の「ビットコイン離れ」進む|金の需要増加、再び:Van Eck社調査

投資家の「ビットコイン離れ」進む|金の需要増加、再び:Van Eck社調査

2019年「最も話題になった」仮想通貨取引所は?世界2,500のメディアを調査

2019年「最も話題になった」仮想通貨取引所は?世界2,500のメディアを調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

GMOコイン:販売所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始

GMOコイン:販売所で「テゾス(Tezos/XTZ)」取扱い開始

GMOコイン:自動積立サービス「つみたて暗号資産」提供開始|合計9銘柄に対応

GMOコイン:自動積立サービス「つみたて暗号資産」提供開始|合計9銘柄に対応

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

Zaif取扱いのCMSトークン、エストニアの取引所「Exrates」に上場【価格急騰】

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

XRP投資家:米地裁に「リップル訴訟の内容修正」求める|今のXRPは証券ではないと主張

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

Coinbase:IPO(株式公開)に向けて「米国証券取引委員会」に書類提出

Coinbase:IPO(株式公開)に向けて「米国証券取引委員会」に書類提出

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「チリーズ(Chiliz/CHZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す