すごいぞバイナンスコイン!手数料「1.62円」でBNB1,300億円相当を送金

by BITTIMES

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、最近同社が行ったバイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の巨額送金が"圧倒的な速さと安さ"で処理されたことを報告しました。今回報告された数値は、以前に仮想通貨業界で注目を集めていた「XRPを用いた巨額送金の事例」よりも早いものとなっています。

こちらから読む:9月から米国ユーザーをブロック「BINANCE」関連ニュース

送金時間1.1秒、手数料は「わずか1.62円」

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、先日26日に独自の仮想通貨「バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)」の大規模な送金を行いました。

通常業務の一環として行われたこの送金では「32,888,888BNB(約1,329億円)」が移動されたことが報告されていましたが、BINANCEのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏は、その後のツイートで「この12億ドル相当の送金が、0.015ドル(約1.62円)の手数料、1.1秒の送金時間で処理された」ということを報告しています。

この取引にかかった手数料は「0.015ドル」で、送金時間は「1.1秒」でした。そして12億ドルの価値が移動されました。

未来はここにあります。

昨年10月に「TechCrunch」の創設者であるMichael Arrington(マイケル・アーリントン)氏が報告した、仮想通貨XRPを用いた送金の事例では、約56億円相当のXRPを「約34円の手数料」と「2秒の送金時間」で処理したことが報告されていたため、このケースと比較すると今回の事例が非常に高速で安いことがわかります。

バイナンスコインを支えているBINANCE独自のブロックチェーン「BinanceChain」は、低コストでの送金が可能でありながら、約1秒で1ブロックを生成できる高性能なブロックチェーンとなっています。

今回報告された巨額送金の事例は、BinanceChainが持つ利点を証明するものであると言えるでしょう。バイナンスコインはこの数ヶ月間で急速に採用され始めており、今や決済手段としても利用されるようになってきているため、今後はさらに多くの場面で使用されていくことになると予想されます。

2019年6月27日|バイナンスコイン(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は、今月22日に4,200円台まで上昇したものの、その後はやや下落しており2019年6月27日時点では「1BNB=3,731円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年3月29日〜2019年6月27日 BNBのチャート(引用:coingecko.com)2019年3月29日〜2019年6月27日 BNBのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

仮想通貨取引所Huobi「ジャパンネット銀行」からのクイック入金に対応

仮想通貨取引所Huobi「ジャパンネット銀行」からのクイック入金に対応

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

仮想通貨企業を「非課税で支援」新たなクリプトバレー設立へ:ドバイ政府

ブロックチェーンで「野菜・果物」のサプライチェーン管理:スイス最大の小売業者Migros

ブロックチェーンで「野菜・果物」のサプライチェーン管理:スイス最大の小売業者Migros

BITMAX:仮想通貨の「価格通知機能」提供開始|LINEメッセージで情報配信

BITMAX:仮想通貨の「価格通知機能」提供開始|LINEメッセージで情報配信

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

ビットコインは時代遅れ「1BTC=1億円予想」を取り下げ:ジョン・マカフィー

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

中国人民銀行「仮想通貨は違法」として取締強化|ビットコイン価格は再び急落

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

ウクライナ大統領:仮想通貨関連法案「承認せず」規制機関設立の予算不足を理由に

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

仮想通貨価格「再び大幅下落」今後予想される動きは?

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

中央銀行に「準備資産としてのビットコイン保有」提案へ:スイスのシンクタンク2B4CH

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

BINANCE「南アフリカ」でも一部サービスに利用制限

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月26日〜10月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月26日〜10月2日

Coinbase:米プロバスケリーグ「NBA・WNBA」と提携|公式仮想通貨パートナーに

Coinbase:米プロバスケリーグ「NBA・WNBA」と提携|公式仮想通貨パートナーに

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す