仮想通貨決済の「消費税」を免税に|税金制度の草案を公開:シンガポール内国歳入庁

by BITTIMES

シンガポールの内国歳入庁(IRAS)は先日、仮想通貨の税金制度に関する新しい草案を公開しました。この草案では「決済手段」としての機能性を持つ暗号資産を「デジタルペイメントトークン」と呼ばれる新しい分類に振り分けることによって、それに該当する通貨にかかる消費税を免除することが記されています。

こちらから読む:国税庁、課税逃れ防止のための"専門チーム"を結成「税金」関連ニュース

決済手段となる仮想通貨の「新たな分類」

シンガポール内国歳入庁(IRAS)は、仮想通貨の税金に関連する新しい草案を発表しました。この草案では、仮想通貨の分類を変更する案が記されており、支払いなどに使用される仮想通貨は「デジタルペイメントトークン」と呼ばれています。

仮想通貨の分類が変わることによって、この「デジタルペイメントトークン」に該当する仮想通貨は一部の税金が免除されることになるため、シンガポールの仮想通貨業界をさらに成長させることができると期待されています。

「デジタルペイメントトークン」に該当する仮想通貨の例としては、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ダッシュ(Dash/DASH)
モネロ(Monero/XMR)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
などが挙げられています。

デジタルペイメントトークンは「消費税」を免除

シンガポールでは仮想通貨取引によって得られる利益に「最大20%の所得税」がかかりますが、従来の規則では、購入した仮想通貨で支払いを行なった場合には、所得税にプラスして日本で言うところの"消費税"に当たる「7%の商品サービス税(Goods and Services Tax/GST)」が課せられていました。

今回公開された草案には、「デジタルペイメントトークン」に該当する仮想通貨で支払いを行なった場合は「商品サービス税(消費税)」が免除されるということが書かれています。なお、この「デジタルペイメントトークン」には、
ステーブルコイン
トークン
・ロイヤルティポイント
・プライベートチェーンで発行されるゲーム用通貨
などのデジタル資産は含まれないとされています。

これは「デジタルペイメントトークン」の特性をより良く反映するためだと説明されており、公開された文章には「この新しい分類は2020年1月1日から施行される」と記載されています。

仮想通貨の「税金制度」に関する議論は日本でも

シンガポールは所得税が"最大20%"と非常に安い事でも知られているため、日本で55%の所得税を課せられる高額所得者の人々はシンガポールに移住して法人登録を行なっています。仮想通貨に対する税金制度が変更され、仮想通貨ユーザーにとってより魅力的な環境が整えられていくことによって、今後はさらに多くの仮想通貨ユーザーがシンガポールに移住していくことになると予想されます。

仮想通貨に詳しい専門家の人々は「仮想通貨に課せられている税金制度は、仮想通貨の普及を妨げる原因になっている」と主張しています。これは仮想通貨を決済手段として使用した場合の税金が複雑であるからです。

日本で仮想通貨を使用して商品やサービスを購入した場合には「その仮想通貨を購入した時の価格」と「商品を購入した時の仮想通貨の価格」の差額が"所得金額"となり、通常の仮想通貨取引で得た所得と同様に"雑所得"として課税されます。

仮想通貨の税金制度は国によって違いがあるものの、その内容に関しては各国で議論が行われており、最近では「日本維新の会」に所属する藤巻 健史(ふじまき たけし)議員が、衆議院議長・参議院議長あてに
・仮想通貨の売買益を「20%の分離課税」へ変更すること
・仮想通貨売買損の「繰越控除」を可能にすること
・仮想通貨の売買を「非課税」にすること
・店頭などでの仮想通貨の少額決済を「非課税」にすること
などを求める「仮想通貨税制改正の嘆願書」を提出したことを明らかにしています。

国税庁は今年5月に『仮想通貨に関する税制を変更する予定はない』と言うことを語っているため日本国内で変更されることは当面ないと考えられますが、今後より多くの国民から変更を望む声が増えてくれば、税制変更が検討される可能性もあると考えられます。

>>シンガポール内国歳入庁(IRAS)が公開した草案はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

SBIの北尾吉孝社長「リップル社の取締役」就任へ|金融機関でのデジタル資産活用を推進

エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

エマーゴ:インドのブロックチェーン教育促進に向け「EMURGO Academy」を設立

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

マネーパートナーズ「仮想通貨交換業」の子会社設立へ|ブロックチェーン事業も視野に

注目度の高い仮想通貨ニュース

今後4ヶ月間の「ビットコイン価格急上昇」を予想:Tom Lee(トム・リー)

今後4ヶ月間の「ビットコイン価格急上昇」を予想:Tom Lee(トム・リー)

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

下落相場は今後も続く?ビットコイン価格、再び「110万円台」に急落

BITPoint:仮想通貨取引・送受金など「全てのサービス」を一時停止

BITPoint:仮想通貨取引・送受金など「全てのサービス」を一時停止

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

Amazonなどで使えるビットコイン決済アプリ「FOLD」Lightning Networkに対応

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

大手IT企業の仮想通貨発行「罰金1億円」の可能性|米国会議員が新たな草案を提出

スマホ決済「7pay」で不正アクセス被害|セブンイレブンは「全額補償」を発表

スマホ決済「7pay」で不正アクセス被害|セブンイレブンは「全額補償」を発表

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

【東京都】LINE Payなどのスマホ決済で「水道料金」の支払いが可能に

ゴールドマンサックス「独自仮想通貨」発行の可能性|CEOが語る金融業界の今

ゴールドマンサックス「独自仮想通貨」発行の可能性|CEOが語る金融業界の今

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

仮想通貨サービス事業者の「国際規制団体」設立へ|V20サミットで覚書締結

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

ビットコイン「1,000万円」までの道程|アナリストが語る、3つの重要ポイント

再び「100万円下回る」可能性も?ビットコイン価格、わずか1日で「26%急落」

再び「100万円下回る」可能性も?ビットコイン価格、わずか1日で「26%急落」

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す