DeCurret:仮想通貨決済プラットフォーム開発に向け「総額34億円」の資金調達

by BITTIMES   

仮想通貨取引所DeCurret(ディーカレット)は、2019年7月11日に公開したプレスリリースで「インターネットイニシアティブ・KDDI・コナミホールディングス」などを含めた日本国内の大手企業12社から「合計34億円」の出資を受けることを発表しました。同社はこれらの企業とも協力しながら「デジタル通貨の新しい決済プラットフォーム」を開発していくと説明しています。

こちらから読む:DMM Bitcoin、XRPの"現物取引サービス"を開始「国内ニュース」

KDDI・ALSOKなど「国内大手12社」が出資

DeCurret(ディーカレット)が行なった今回の資金調達は、開発体制を強化することによって「デジタル通貨の新しい決済プラットフォーム」開発を加速していくためのものであると説明されています。

また、今回出資を行なった企業と協業していくことも含めて、デジタル通貨を活用した事業展開を加速し、「取引と決済の融合」を実現するとも説明されています。今回「DeCurret」に出資を行なった企業は、以下の12社となっています。

  • 株式会社インターネットイニシアティブ
  • KDDI株式会社
  • コナミホールディングス株式会社
  • 住友生命保険相互会社
  • 大同生命保険株式会社
  • 明治安田生命保険相互会社
  • 中部電力株式会社
  • 阪急阪神ホールディングス株式会社
  • 松井証券株式会社
  • 株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
  • 綜合警備保障株式会社(ALSOK)
  • 凸版印刷株式会社

ディーカレットの「仮想通貨関連サービス」に期待

KDDIは、ディーカレットへの出資を報告したプレスリリースの中で、ディーカレットが有している「デジタル通貨の交換・送受信・保管機能」や「ブロックチェーンなどに関するノウハウ・技術」を、KDDIの「au WALLET」や「au PAY」などの決済基盤、auフィナンシャルグループ各社の決済・金融事業などと掛け合わせることによって、新しいユーザー体験の価値を創出していくと説明しています。

DeCurretの「デジタル通貨の決済プラットフォーム」は、仮想通貨だけでなく電子マネーやポイントなども含めた通貨のことを指しているため、「au PAY」などといった既存の電子マネーも絡めたサービスが展開されることになると期待されます。

ディーカレットは、以前から仮想通貨の利便性を高める新しいサービスを日本国内で展開していく意気込みを語っており、今年3月にはJR東日本が発行する電子マネー「Suica(スイカ)」などに仮想通貨でチャージすることができるサービスなどを計画しているということでも話題となりました。

この当時は、報道の後に『検討はしているものの、現時点では具体的な計画はない』と発表されていましたが、今回資金調達が行われたことによってこのようなサービス提供に向けた取り組みは加速することになると期待されます。

>>「DeCurret」の公式発表はこちら(PDF)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

令和6年能登半島地震「仮想通貨で寄付できる募金先」Web3プロジェクトが続々と支援発表

令和6年能登半島地震「仮想通貨で寄付できる募金先」Web3プロジェクトが続々と支援発表

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

Bitget:手数料ゼロの現物取引をグローバル展開

BitPay:コインベースとの連携で「仮想通貨決済サービス」を強化

BitPay:コインベースとの連携で「仮想通貨決済サービス」を強化

暗号資産取引所「DeCurret(ディーカレット)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「DeCurret(ディーカレット)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

クレーンゲームでNFT・トークン報酬を獲得「BOUNTY HUNTERS」年内公開へ:DM2C Studio

クレーンゲームでNFT・トークン報酬を獲得「BOUNTY HUNTERS」年内公開へ:DM2C Studio

注目度の高い仮想通貨ニュース

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

新AIミームコインWienerAIが取引ボットAIコンパニオン機能を追加、プレセールは120万ドルへ

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

国内上場企業メタプラネット「2億5,000万円相当のビットコイン」追加購入へ

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

ビットボットへの早期投資が成功につながる可能性

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

Coinbase:グローバル取引所で「BONK・FLOKI・SHIBの永久先物取引」提供へ

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

NTTドコモ:Web3サービスをグローバル展開「新会社設立」を正式発表

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

AI取引ボット:ビットボットが支配する10億ドル規模の市場

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

国内XRP保有者の声を反映するバリデータに|SBI VCトレード「XRPLのノード運用」開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

JPYC×北國銀行「預金型・資金移動業型ステーブルコインの相互交換」に向けて共同検討開始

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

裁判所が「米SECの職権濫用」を指摘|仮想通貨関連訴訟で180万ドルの支払い命令

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

バイナンスジャパン「MASK・CYBER」取扱いへ|サイバーコネクトは国内初上場

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

SBI VCトレード「APT・HBAR・ZPG」取扱いへ|ステーキング銘柄も拡充

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

SLOTHが161%高騰して史上最高値を更新、同様にエアドロップ型プレセールを行うSealanaも好調な流れ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

仮想通貨ビットコインの買い方をわかりやすく解説|取引所と販売所の違いなども紹介

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

DEX(分散型取引所)とは?特徴・使い方・注意点などをわかりやすく解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

Flare基盤のDeFi・DEX「BlazeSwap」とは?機能・使い方などを解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

人気のタグから探す