DeCurretアプリが「iOS・Android」両方に対応|スマホで気軽に仮想通貨取引を

by BITTIMES

仮想通貨取引所DeCurret(ディーカレット)は、iOS版アプリのリリースに続き、Android版アプリもリリースしたことを発表しました。これにより、同社サービスの利用者はスマートフォンやタブレットを利用して安全かつシンプルにビットコイン(Bitcoin/BTC)などの暗号資産を取引・送受金することができるようになりました。

こちらから読む:ウォレット・決済・ゲームなど「仮想通貨アプリ」関連ニュース

ディーカレットの「スマホ・タブレット向けアプリ」

DeCurret(ディーカレット)が提供するスマートフォン・タブレット向けアプリは、仮想通貨取引所「DeCurret」が取り扱っている、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
などの仮想通貨をより気軽に「取引・送受」することができるアプリとなっています。

すでにリリースされていたiOS版アプリに続き、Android版アプリがリリースされたことによって、現在はほぼ全てのユーザーが利用できるようになっています。

このアプリは「AppStore」または「Google Playストア」でダウンロードすることができます。(ダウンロードリンクは記事最後に記載)

ディーカレットアプリの特長

DeCurret-app

ディーカレットアプリの特長としては、
・操作性とセキュリティの両立
・選べる取引方法と通貨ペア
・ひと目でわかる資産表示機能
・顧客資産と自社資産の分別管理を徹底
・安心のサポート体制
などが挙げられます。

操作性とセキュリティを両立

ディーカレットのアプリは、ユーザーがより安全にログインするために設定する「二段階認証」を同一アプリ内で自動化しています。そのため、煩わしい作業を行うことなく即座にログインして仮想通貨を取引することが可能です。

選べる取引方法と通貨ペア

ディーカレットは、「シンプル/成行/指値/逆指値」などの充実した取引方法に加え、「日本円建て/ビットコイン建て」の通貨ペアを提供しています。ユーザーは自分の好きな方法を選択して仮想通貨を取引することができます。

ひと目でわかる資産表示機能

ディーカレットは、ホーム画面にユーザーが保有している各種資産(日本円・仮想通貨)を通貨毎に表示しているため、一目で簡単に自分の資産状況を確認することができます。

また、それぞれの仮想通貨の評価損益の合計が「日本円」に換算された状態で把握できるようにも設計されているため、現在の状況を素早く確認することが可能です。

顧客資産と自社資産の分別管理を徹底

ディーカレットは、ユーザーから預かっている仮想通貨を安全に保管することができるコールドウォレットで分別管理しています。これによって、より高いセキュリティでユーザー資産を保護し、ハッキングなどの被害が顧客資産に及ぶ可能性を下げることができます。

安心のサポート体制

ディーカレットは土日祝日もサポートを行っています(年末年始の12月29日~1月3日を除く)。同社のサービスを利用する上で困ったことやわからないことがあった場合などには「お問い合わせフォーム」または「チャット」から気軽に相談することができます。

ディーカレットアプリのダウンロード方法

ディーカレットのアプリは、以下のリンク先のページからダウンロードすることができます。実際に利用するためには最初にログインを行う必要があるため、まだ新規登録を行なっていない方は先に公式サイトで登録を行うと良いでしょう。

また同社は、2019年3月27日〜2019年6月30日までの期間で最大5,500円相当のビットコイン(BTC)がもらえる「ディーカレット開業記念キャンペーン」も開催しています。キャンペーンの詳細は別の記事にまとめていますのでそちらをご覧ください。

ディーカレットアプリのダウンロードは以下のリンクからどうぞ
>>「iOS版アプリ」のダウンロードページはこちら
>>「Android版アプリ」のダウンロードページはこちら
>>「DeCurret」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

double jump.tokyo:Flowブロックチェーン関連で「DapperLabs」と提携

double jump.tokyo:Flowブロックチェーン関連で「DapperLabs」と提携

BINANCE:仮想通貨決済の「Alchemy Pay」と提携|ACH価格は数日で10倍以上に高騰

BINANCE:仮想通貨決済の「Alchemy Pay」と提携|ACH価格は数日で10倍以上に高騰

BINANCE:オミセゴー(OmiseGO/OMG)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:オミセゴー(OmiseGO/OMG)の「永久先物取引」提供へ

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引サービス」提供へ|新規口座開設受付も開始

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

Chiliz&Socios:韓国のプロサッカークラブ「浦項スティーラース」と提携

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

インテル・ミラノ:仮想通貨DigitalBits(XDB)開発企業「Zytara Labs」と提携

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

Huobi Japan:TRX保有者に対する「NFTトークン(APENFT)エアドロップ」対応へ

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

暗号資産取次所SEBC「シンボル(Symbol/XYM)の取扱い開始日時」を発表

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

Huobi Japan:新たに「QTUM・TRX」取扱いへ|3つの上場記念キャンペーンも開催

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

メルコイン:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)に「第二種会員」として入会

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

SIX Digital Exchange「デジタル資産の取引所・カストディ運営ライセンス」を取得

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

エルサルバドル:ビットコインウォレット「Chivo」のメンテナンスを完了

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

カルダノ開発企業:シンガポールの「グローバルCBDCチャレンジ」ファイナリストに選出

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

OKCoinJapan:500 IOSTが50名様に当たる「フォロー&RTキャンペーン」開始

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

JPYC決済で「徳島県海陽町へのふるさと納税」が可能に|Disportと地方創生を推進

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す