バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

by BITTIMES

仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」が、ブランドの拡大と新しいアプリ「Bakkt Pay(バックトペイ)」の展開を促進するためにGoogle(グーグル)でUXコンサルタントを務めていた経歴を持つChris Peterson(クリス・ピーターソン)氏を新たに雇用したことが仮想通貨メディア「The Block」の報道で明らかになりました。

こちらから読む:サービス開始はそれほど遠くない?「Bakkt」関連ニュース

Bakkt Payなど「ブランド拡大」を促進

Bakkt(バックト)は現在、デジタル資産用のモバイルウォレットアプリである「Bakkt Pay(バックトペイ)」の開発に取り組んでおり、今後数カ月以内にはリリースされる可能性があると伝えられています。

仮想通貨メディアである「The Block」は"事情に詳しい関係者からの情報"として、Google(グーグル)でUX(*1)コンサルタントを務めていた経歴を持つChris Peterson(クリス・ピーターソン)氏がこのアプリケーションの展開を促進していくためにBakktに加わったと報じています。
(*1)UX(ユーザー・エクスペリエンス):ユーザー体験という概念。製品やサービスの利用を通じて得られる体験のこと。

Bakktは「ビットコイン先物取引を提供するために準備を進めている」と以前から報告されていましたが、この他にも「先物取引の提供」という枠を超えてブランドを拡大することを望んでいるため、ピーターソン氏はそのような事業拡大を支援していくと説明されています。

20年間に渡って「UXコンサルタント」として活躍

ピーターソン氏は、20年間に渡って独立したUXコンサルタントとして働いた経歴を持っており、以前はGoogleのクラウドチームで同社全製品のヘルプシステムを再設計するプロジェクトも支援していたとされています。

Bakktは今年1月に掲載した求人募集で「モバイルアプリの開発者」を求めているため、現在もモバイルアプリの開発に力を入れていると予想されます。

(画像:Bakkt.com)(画像:Bakkt.com

Bakktの親会社にあたるインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)の広報担当者は、今のところこの件に関する質問に回答していないため、実際にピーターソン氏が雇用されたかどうかは不確かではあるものの、Bakktの新しいウォレットアプリ開発が進められているのは確かであると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

中国建設銀行:デジタル人民元用の「ウォレット機能」を一時的に公開

ビットコイン決済をHISがスタート「旅行業界初の取り組み」

ビットコイン決済をHISがスタート「旅行業界初の取り組み」

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

Ripple技術で「米国ーラテンアメリカ」の国際送金サービス提供へ:サンタンデール銀行

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

仮想通貨取引アプリRobinhoodがコロラド州に進出

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)がBCHなど新たに4つの仮想通貨の取引を承認

注目度の高い仮想通貨ニュース

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

決済大手Square「ビットコイン5,000万ドル相当」購入|発表後にはBTC価格も上昇

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

自民党:中央銀行デジタル通貨の導入・流通に向けた「法改正準備」求める

自民党:中央銀行デジタル通貨の導入・流通に向けた「法改正準備」求める

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

暗号資産取引所「AMDAX」オランダ初の運営ライセンス取得

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

アポロンFC「ファン投票で決めたフォーメーション」で見事勝利【Socios&Chiliz】

チリーズ(Chiliz/CHZ)大手暗号資産取引所「Huobi Global」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)大手暗号資産取引所「Huobi Global」に上場

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

前澤友作氏:暗号資産交換業大手の幹部らと「電子決済関連の新事業」立ち上げへ

前澤友作氏:暗号資産交換業大手の幹部らと「電子決済関連の新事業」立ち上げへ

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

コインチェック:貸仮想通貨サービスで「BAT・IOST」の貸付募集開始

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

【LINE Pay】家族カード発行で「LINKリワード」がもらえるキャンペーン開催

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す