イーロンマスク氏が仮想通貨との関与を否定

by BITTIMES

Tesla(テスラ)やSpaceX(スペースX)の創業者であるイーロン・マスク(Elon Musk)氏は 22日、自身の Twitter(ツイッター)上で「実際に仮想通貨を購入したことはなく、友人から贈られた少量のビットコイン(Bitcoin/BTC)しか持っていない」ことを語りました。

マスク氏が仮想通貨の保有量を明かしたのは、マスク氏やヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏のようなブロックチェーンの人物に成りすました詐欺師がツイッター上に出現し、「自分たちに仮想通貨を送った者に仮想通貨を寄付する」と約束したことを受けてのことです。

ツイッターユーザーはこのようなプレゼントやイベントを主張する人には、仮想通貨を送信しないように警告されています。

マスク氏はこの事について「既にこの問題をツイッター社のジャック・ドーシー CEO に通報したが何の役にも立たなかったと」伝えており、マスク氏は友人から何年前にもらった 0.25BTC(約26万円)以外に保有している仮想通貨の量は実質的にゼロだと明かしました。

昨年11月頃に、マスク氏が「サトシナカモト」ではないかという憶測がネット上で話題になりましたが、この憶測に関しても「仮想通貨には関与していない」と否定しています。
しかしマスク氏は 2016年にブロックチェーン技術には反対していないと報告しており、アメリカの顧問チームに任命されたとき彼は「Bitcoinは実際には良いことである」とも語っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み

ビットコインが使えるお店が4.6倍に増加!チップが払えるお店も

ビットコインが使えるお店が4.6倍に増加!チップが払えるお店も

タイで初めての仮想通貨関連の規制草案が発表される

タイで初めての仮想通貨関連の規制草案が発表される

マスターカードがブロックチェーンを採用「ビットコインは使わない」

マスターカードがブロックチェーンを採用「ビットコインは使わない」

ビットコイン取引停止「大手取引所の決断と中国政治の影響」

ビットコイン取引停止「大手取引所の決断と中国政治の影響」

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

注目度の高い仮想通貨ニュース

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

AmazonがConsenSysと提携しシンプルなブロックチェーンプラットフォームを提供

世界初!リップル基軸の仮想通貨取引所がインドに誕生

世界初!リップル基軸の仮想通貨取引所がインドに誕生

仮想通貨ウォレットアプリBRDが大幅アップデート|エアドロップも

仮想通貨ウォレットアプリBRDが大幅アップデート|エアドロップも

ビットコインキャッシュで簡単に寄付を募る|Akari-Pay

ビットコインキャッシュで簡単に寄付を募る|Akari-Pay

マネーフォワード(Money Forward)仮想通貨事業に参入

マネーフォワード(Money Forward)仮想通貨事業に参入

イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトで重大なバグが発覚

イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトで重大なバグが発覚

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

FacebookがBlockchain(ブロックチェーン)の研究チームを結成?

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

福利厚生にもブロックチェーン技術を活用|オーストラリア

日本へのハッキング攻撃は終わっていない?|取引所規制の重要性

日本へのハッキング攻撃は終わっていない?|取引所規制の重要性

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す