「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

by BITTIMES

中国の中央銀行である「中国人民銀行」が開発を進めていた、ブロックチェーン技術を活用した独自デジタル通貨がほぼ完成していることが明らかになりました。同銀行の幹部は2019年8月10日に開催された第3回「中国金融40人民春フォーラム」の中で『独自のデジタル通貨の準備はできている』と発言したと伝えられています。

こちらから読む:英国のEU離脱でBTC価格急騰か「仮想通貨」関連ニュース

「中国の環境に特化した技術」を採用

中国人民銀行は5年間の研究を行なった末に「ブロックチェーン技術を用いた独自デジタル通貨」の開発を成功させたと伝えられています。

このデジタル通貨は、当初は純粋なブロックチェーンアーキテクチャに基づいて作成されていたものの、それでは小売業に必要な高いパフォーマンスを達成することができないため、"土地が広く人口が多い"という特徴を持つ中国の複雑な経済に対応できる「中国人民銀行」と「商業銀行」という2つの階層からなるオペレーティングシステムを採用しているとされています。

2層の運用システムを採用することによって「普及率を向上させ、商業銀行間でのイノベーションを促進することができる」と期待されており、小規模で頻繁に経済活動を行う小売業者にも使いやすいようにデザインされていると伝えられています。

要約すると、中国人民銀行は上位レベルであり、商業銀行は第2レベルです。この二重配信システムは、私たちの国の状況に適しています。

なお、このシステムは既存の送金システムや商業銀行の預金通貨と競合するものではなく、実体経済に悪影響を与えないと伝えられています。またこのシステムでは「現金管理・マネーロンダリング防止・テロ対策資金調達」に関する現在のすべての規制を遵守し、中国人民銀行の多額の資金と疑わしい取引を中国人民銀行に報告する必要があるとも説明されています。

中国人民銀行は、以前からFacebook(フェイスブック)が発表した仮想通貨「Libra(リブラ)」を懸念する意見を語っており、同銀行の前総裁である周小川(Zhou Xiaochuan)氏は、Libraは各国の通貨を弱める可能性があるため、中国政府は十分な準備をし、中国元をより強い通貨にするべきだと語っていました。

Libraのホワイトペーパーが公開された後に中国人民銀行は「デジタル通貨の開発を加速する」と発言していましたが、そこからわずか2ヶ月ほどで準備が整ったことになるため、今回の発言には注目が集まっています。しかしながらこのデジタル通貨が正式に発行される時期に関しては明らかにされていないため、詳しい発表は改めて行われると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

【速報】BINANCE:イギリス向けの暗号資産取引所「Binance UK」設立へ

LINE NEXT:グローバルNFTプラットフォーム専用ウォレット「DOSI Wallet」提供開始

LINE NEXT:グローバルNFTプラットフォーム専用ウォレット「DOSI Wallet」提供開始

eToro:リップル(Ripple/XRP)の通貨ペアに日本円と英ポンドを追加

eToro:リップル(Ripple/XRP)の通貨ペアに日本円と英ポンドを追加

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

ビットコイン価格、半減期到来で「1,000万円」に達すると予想:独バイエルン州立銀行

ビットコイン価格、半減期到来で「1,000万円」に達すると予想:独バイエルン州立銀行

注目度の高い仮想通貨ニュース

新型ハードウェアウォレット「Ledger Stax」登場|iPodの父が開発支援

新型ハードウェアウォレット「Ledger Stax」登場|iPodの父が開発支援

Bitget:ワールドカップ期間中にFTT保有者に200万USDの報酬を伴うSeed NFTをエアドロップ

Bitget:ワールドカップ期間中にFTT保有者に200万USDの報酬を伴うSeed NFTをエアドロップ

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

エルサルバドル大統領「毎日1ビットコイン購入する」と宣言

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

中島美嘉:自身初のNFT作品を「Fanpla Owner」で販売

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

鷹の爪団NFT「元素騎士オンライン」とパートナーシップ締結

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

Reebok:NFT・メタバース関連の商標出願|マーケットプレイスも展開?

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

コイントレード「XTZのステーキング」が可能に|1万円相当の暗号資産がもらえるキャンペーンも

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

渋谷スクランブル交差点でARゲーム『NEO TOKYO CLASH』展開:STYLY × NEO TOKYO PUNKS

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

コインチェック:人気NFTコレクション「MAYC」取扱いへ

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

Decentraland「LANDレンタル機能」追加|メタバース土地の貸出が可能に

Decentraland「LANDレンタル機能」追加|メタバース土地の貸出が可能に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す