「独自デジタル通貨、準備はできている」中国人民銀行の高官が発表

by BITTIMES

中国の中央銀行である「中国人民銀行」が開発を進めていた、ブロックチェーン技術を活用した独自デジタル通貨がほぼ完成していることが明らかになりました。同銀行の幹部は2019年8月10日に開催された第3回「中国金融40人民春フォーラム」の中で『独自のデジタル通貨の準備はできている』と発言したと伝えられています。

こちらから読む:英国のEU離脱でBTC価格急騰か「仮想通貨」関連ニュース

「中国の環境に特化した技術」を採用

中国人民銀行は5年間の研究を行なった末に「ブロックチェーン技術を用いた独自デジタル通貨」の開発を成功させたと伝えられています。

このデジタル通貨は、当初は純粋なブロックチェーンアーキテクチャに基づいて作成されていたものの、それでは小売業に必要な高いパフォーマンスを達成することができないため、"土地が広く人口が多い"という特徴を持つ中国の複雑な経済に対応できる「中国人民銀行」と「商業銀行」という2つの階層からなるオペレーティングシステムを採用しているとされています。

2層の運用システムを採用することによって「普及率を向上させ、商業銀行間でのイノベーションを促進することができる」と期待されており、小規模で頻繁に経済活動を行う小売業者にも使いやすいようにデザインされていると伝えられています。

要約すると、中国人民銀行は上位レベルであり、商業銀行は第2レベルです。この二重配信システムは、私たちの国の状況に適しています。

なお、このシステムは既存の送金システムや商業銀行の預金通貨と競合するものではなく、実体経済に悪影響を与えないと伝えられています。またこのシステムでは「現金管理・マネーロンダリング防止・テロ対策資金調達」に関する現在のすべての規制を遵守し、中国人民銀行の多額の資金と疑わしい取引を中国人民銀行に報告する必要があるとも説明されています。

中国人民銀行は、以前からFacebook(フェイスブック)が発表した仮想通貨「Libra(リブラ)」を懸念する意見を語っており、同銀行の前総裁である周小川(Zhou Xiaochuan)氏は、Libraは各国の通貨を弱める可能性があるため、中国政府は十分な準備をし、中国元をより強い通貨にするべきだと語っていました。

Libraのホワイトペーパーが公開された後に中国人民銀行は「デジタル通貨の開発を加速する」と発言していましたが、そこからわずか2ヶ月ほどで準備が整ったことになるため、今回の発言には注目が集まっています。しかしながらこのデジタル通貨が正式に発行される時期に関しては明らかにされていないため、詳しい発表は改めて行われると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NY大学が「ブロックチェーン専攻科目」を提供|最先端テクノロジーの法律とビジネス

NY大学が「ブロックチェーン専攻科目」を提供|最先端テクノロジーの法律とビジネス

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

XRP Ledger基盤のバンキングアプリ「XUMM」プライベートβ版公開へ

XRP Ledger基盤のバンキングアプリ「XUMM」プライベートβ版公開へ

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

賃貸契約の「ブロックチェーン管理」を義務化|マルタ共和国で法律改正案が成立

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

BINANCE:オントロジー(Ontlogy/ONT)の「先物取引」提供へ

BINANCE:オントロジー(Ontlogy/ONT)の「先物取引」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

コインチェック:家族友だち紹介キャンペーンの報酬額を「1,000円」に増額

コインチェック:家族友だち紹介キャンペーンの報酬額を「1,000円」に増額

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

米Grayscale:バスケット型仮想通貨投資信託に「UNI・SOL」を追加

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

カルダノ・イーサリアムを繋ぐ「公式NFTブリッジ」構築へ:IOG×Bondly

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

韓国大手暗号資産取引所「Upbit」本人確認未完了ユーザーに利用制限

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す