仮想通貨関連企業の「破産・閉鎖」相次ぐ|価格下落による資金不足が原因か?

by BITTIMES

ビットコイン価格の下落が続く一方で、仮想通貨業界では仮想通貨関連企業の「閉鎖・破産報告」が相次いでいます。ここ数日間だけでも国内外で複数の企業がサービス停止を発表しており、今後もそのような企業が増えていく傾向が見られ始めています。

こちらから読む:続く下落相場、強気派一掃の可能性も?「ビットコイン」関連ニュース

仮想通貨販売代理業「ビットマスター」破産へ

仮想通貨ビットコイン(BTC)の販売代理業を営んでいた鹿児島市の企業「ビットマスター(BitMaster)」は、2019年11月22日に東京地方裁判所から破産手続き開始決定を受けたと報告されています。同社の債権者は約2万2300人で、負債総額は約109億4439万円にものぼると伝えられています。

1986年5月に創業された同社は元々「印鑑や家庭用浄水器の訪問販売」や「旅行・葬儀」などに関する事業を展開していましたが、2017年5月には現在の社名に変更し「仮想通貨ATM」をネットワークビジネス形式で販売していました。

ビットマスターは当初「仮想通貨交換業者」としてのライセンスを取得することを目指していたものの、ビットコイン価格が上昇したことによって会員から預かっていたものと同数のビットコインを調達することが困難になり、財政悪化によって仮想通貨交換業者のライセンス取得が絶望的になったため、自己破産を申請したと伝えられています。

米スタートアップ企業「Gladius」資金不足を理由に閉鎖

アメリカ・ワシントンDCに本社を構える仮想通貨のスタートアップ企業「Gladius Network」は、2019年初頭に米国証券取引委員会(SEC)から「未登録証券を販売した」として起訴されていましたが、今月23日には"資金不足"を理由に「事業を閉鎖する」と発表しました。

同社は2017年後半にICOを行い、日本円で約14億円相当のイーサリアム(ETH)を調達したものの、このICOは連邦証券法に基づいて登録を受けていなかったため、投資家への返金が要求されていたと伝えられています。

同社はすでに「解散を申請した」と報告していますが、同社が公開しているコードは今後3ヶ月間に渡って「GitHub(ギットハブ)」で公開されているため、希望する開発者はそれらのコードを引き続き利用することができると説明されています。「Gladius」はP2Pの分散型ネットワークを開発し、予備の帯域幅とストレージスペースをユーザーにレンタルして、サイバー攻撃から保護するサービスを提供していました。

DX.Exchange運営会社「破産」の可能性

NASDAQ(ナスダック)のシステムを採用していたことなどで注目されていた仮想通貨取引所「DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)」も今月3日に"資金不足"を理由としてサービスの一時停止を発表しています。

同社は「サービス停止」を発表した際に、合併/売却に向けた準備を進めていると説明していましたが、先日の報道ではDX.Exchangeの運営元である「CX Technologies」は破産手続きを進めていると報告されています。

報道によると、「CX Technologies」は9月10月分の給料を従業員に支払っていなかったほか、"数十億ドルのバイナリオプション詐欺に関与していた"とされるソフトウェア会社「SpotOption」の後継会社であるとも伝えられています。

チャイナショック再来の可能性も?

中国では"仮想通貨取引所の取り締まり強化"が続けられており、先日は北京警察が現地の仮想通貨取引所「BISS」を閉鎖し、取引所の関係者10名以上を逮捕したと報じられていましたが、中国人民銀行が公開した「中国金融安定性レポート 2019版」ではすでに中国で「仮想通貨取引」や「トークン発行」に関する173のプラットフォームが閉鎖されていると報告されています。

中国人民銀行が新たに公開した「中国金融安定性レポート(2019)」では、"中国にある173の仮想通貨取引・トークン発行プラットフォームは全てリスクなく終了した"と報告されています。

中国人民銀行は最近、仮想通貨市場を適切に管理していくために、仮想通貨関連の活動を監視して取り締まっていくための新しいプロジェクトを立ち上げたと報告されているため、中国国内でも閉鎖・停止する仮想通貨関連企業は増加していくことになると予想されます。

一部の専門家たちは昨年頃から「2019年は仮想通貨業界が一掃される年になる」と語っていましたが、現在はそれが現実になりつつあるようにも感じられます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

カルダノ「待望の大型アップグレードを完了」DeFi・DAppsなどの開発が可能に

Libra協会に政府系ファンドを含む「投資会社3社」が参加

Libra協会に政府系ファンドを含む「投資会社3社」が参加

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

日本政府:デジタル庁の重点計画・成長戦略実行計画で「ブロックチェーン」に言及

ビットコイン女子が増加傾向、1年間で「3倍」に|暗号業界の管理職でも活躍

ビットコイン女子が増加傾向、1年間で「3倍」に|暗号業界の管理職でも活躍

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

中国人民銀行元幹部:デジタル通貨は「現金以外でも幅広く活用すべき」と強調

国際連合事務総長「ブロックチェーン技術採用」の重要性を強調

国際連合事務総長「ブロックチェーン技術採用」の重要性を強調

注目度の高い仮想通貨ニュース

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

コインチェック:オリジナルパーカーが当たる「Twitterキャンペーン」開始

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

ビットバンク:取引所マッチングエンジンで「大幅な性能向上」を実現

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱い開始|入金時にはメッセージ入力を

Chiliz Exchange:Everton FCの「$EFCファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Everton FCの「$EFCファントークン」本日取引開始

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

TAOTAO「新規口座開設&取引でWチャンスキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す