仮想通貨取引所「DX.Exchange」経済的理由により一時閉鎖へ|ユーザーは出金手続きを

by BITTIMES

NASDAQ(ナスダック)と提携を結んでいることでも知られるエストニアの仮想通貨取引所「DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)」は、2019年11月の発表で「一時的に取引所を閉鎖する」と発表しました。これに伴い、ユーザーには早急に"出金手続き"を行うことが求められているため注意が必要です。

こちらから読む:SWELL目前でXRP取引量が急増「仮想通貨」関連ニュース

経済的理由により「合併/売却」すると決定

DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)は2019年11月3日、取引所を一時的に閉鎖することを決定したと発表しました。閉鎖の理由としては「現時点での経済状況では、取引所に求められる必要なレベルのセキュリティ・サポート・テクノロジーを提供するためのコストを補うことができないため」だと説明されています。

2019年1月にサービスを開始した「DX.Exchange」は、仮想通貨だけでなくApple(アップル)Facebook(フェイスブック)などといった大手企業の株をトークン化したものを取引することもできる取引所として注目されていましたが、サービス開始から1年以内に閉鎖することになりました。

同社は現在"売却先"または"合併先"を探しているとのことで、合併/売却が完了するとサービスが再開される予定だと説明されています。しかし、合併/売却が行えない場合は取引所を再開することは難しいとされています。ただ、今回の閉鎖はハッキングや破産などによるものではないため『ユーザーの資産は安全である』と強調されています。

取引・入金は停止済み「ユーザーは出金手続きを」

「DX.Exchange」はすでに"全ての取引と入金"を停止しており、未約定注文もキャンセルされています。また、合併/売却を行うためにユーザーに対して「自分の資産を出金するように」と求められています。

出金を行うためには、「DX.Exchange」のサポートに以下の内容を記したメールを送信する必要があります。
1.アカウント開設で使用したのと同じ政府発行のID画像(写真付きパスポートなど)
2.出金したい仮想通貨の送金先アドレス
3.引き出す仮想通貨の数量
4.送信時の日付と「DX Exchange」と記載された紙を持った自撮り画像(顔が鮮明なもの)
※アカウントに登録したメールアドレスと同じアドレスで送信する必要があります。

なお、出金のリクエストは「2019年11月15日」までに提出することが求められており、期限までに手続きが行われなかった場合には、手続きが中断される可能性もあるとされているため注意が必要です。また、合併/売却が完了した場合には、再び取引・入金が再開される際に通知が行われるとのことです。

より詳しい説明は以下の公式発表をご覧ください。
>>「DX.Exchange」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

Zap開発者:ビットコインのLightning Network用いた新サービス「Olympus」を発表

金融庁:無登録の暗号資産交換業者リストに「Bitforex・AMANPURI」を追加

金融庁:無登録の暗号資産交換業者リストに「Bitforex・AMANPURI」を追加

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

GitHubのブロックチェーン開発「貢献度ランキングTOP3」2019年9月版=MetaBlock調査

Twitterでビットコインが送れる拡張機能「Android・iOS」にも対応へ:Tippin

Twitterでビットコインが送れる拡張機能「Android・iOS」にも対応へ:Tippin

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

「今後は相互運用性が必要」Wi-Fiのような存在が暗号市場成長の糸口に:CARDANO創設者

Chainalysis「DASH・Zcashの追跡ツール」提供へ|匿名性に関する誤解について説明

Chainalysis「DASH・Zcashの追跡ツール」提供へ|匿名性に関する誤解について説明

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

ConsenSys:欧州地域の中央銀行デジタル通貨「デジタルユーロ」の技術開発を支援

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

ビットフライヤー「無登録業者の投資案件・リスク高いアドレス」等に関する入出金に制限

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す