DX.Exchange運営会社「破産手続き」進行中か?スタッフの給与未払いとの報告も

by BITTIMES

NASDAQ(ナスダック)のシステムを採用していることなど注目を集めていた仮想通貨取引所「DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)」を運営している企業は、現在破産手続きを進めていると報じられています。イスラエルのメディアである「The Times of Israel」によると、同取引所の運営元である「CX Technologies」の従業員は"取引所の解散を求める請願書"を裁判所に提出しており、"給料が支払われていないこと"などを訴えているとされています。

こちらから読む:Trezor・Ledgerの"フィッシングサイト"に注意「仮想通貨」関連ニュース

「CX Technologies」従業員が請願書で訴え

DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)は2019年1月にサービスを開始したものの、今月3日には「経済的理由によりサービスを一時停止する」と発表しました。同社は3日時点で"売却先"または"合併先"を探していると説明していましたが、新たな報道では"破産手続きを進めている"と報告されています。

イスラエルのメディアである「The Times of Israel」の報道によると、DX.Exchangeの運営元であるイスラエル企業「CX Technologies」は、78人の従業員が提出した"取引所の解散を求める請願書"に従って破産手続きを進めていると伝えられています。DX.Exchangeはエストニアに登録された会社が所有しているとされていましたが、この請願書では「実際には"CX Technologies"が運営していた」とされています。

請願書を提出した従業員は『CX Technologiesは、"数十億ドルのバイナリオプション詐欺に関与していた"とされるソフトウェア会社「SpotOption」の後継者であり、最終的には米国連邦捜査局(FBI)とイスラエル警察によって襲撃され、同国で禁止された』と主張しているほか『CX Technologiesは、2019年9月または10月に給与を支払っていなかった』と主張しています。

DX.Exchangeは「SpotOption」との関係を否定していますが、CX Technologiesの従業員のほとんどは「SpotOptionの元従業員である」として申し立てを行なっていると報告されています。報道によると「CX Technologies」と「SpotOption」は同じオフィス内にあり、年金制度と従業員のその他の資金が「SpotOption」から「新しく設立された会社」へと移動されたと伝えられています。

DX.Exchangeは、主要な仮想通貨を取引することができるだけでなく、AppleやGoogleなどといった有名企業の株をトークン化したものを取引することができることなどでも注目を集めていましたが、一部では「出口詐欺の可能性がある」とも囁かれています。

「取引所の一時閉鎖」などが発表されたことによって"詐欺"という見方は強まってきていますが、「The Block」の報道によるとDX.ExchangeのCEOであるDaniel Skowronski(ダニエル・スコウロンスキー)氏は『DX.Exchangeはまだ破産を申請していない』と述べており、『依然として買収について話し合いを行なっている』と語っていると報じられています。

>>「The Times of Israel」の報道はこちら
>>「The Block」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

メキシコ:一般普及に先駆け「ブロックチェーン協会」設立|実用化に向け基盤構築

DeCurret:ビットコインや現金が貰える「2大キャンペーン」を開催【2019年11月1日〜】

DeCurret:ビットコインや現金が貰える「2大キャンペーン」を開催【2019年11月1日〜】

インフレに苦しむ「子供たち」を仮想通貨で支援|ベネズエラで進むチャリティー活動

インフレに苦しむ「子供たち」を仮想通貨で支援|ベネズエラで進むチャリティー活動

ビットコイン取引停止「大手取引所の決断と中国政治の影響」

ビットコイン取引停止「大手取引所の決断と中国政治の影響」

PepsiCo(ペプシコ)ブロックチェーンで「広告表示」最適化へ|Zilliqaなどと協力

PepsiCo(ペプシコ)ブロックチェーンで「広告表示」最適化へ|Zilliqaなどと協力

仮想通貨取引所KuCoinがSIRIN LABS Token(SRN)の取引を開始

仮想通貨取引所KuCoinがSIRIN LABS Token(SRN)の取引を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:リスク(Lisk/LSK)の「ステーキングサービス」提供開始

BINANCE:リスク(Lisk/LSK)の「ステーキングサービス」提供開始

GMOコイン:次世代NEM「Symbol/XYM」の対応方針を発表

GMOコイン:次世代NEM「Symbol/XYM」の対応方針を発表

BITMAXで「銀行口座からの入出金」が可能に【LINEの仮想通貨取引サービス】

BITMAXで「銀行口座からの入出金」が可能に【LINEの仮想通貨取引サービス】

伝説の投資家バフェット氏が「ビットコイン保有者」に|Tron CEO、食事会の内容を報告

伝説の投資家バフェット氏が「ビットコイン保有者」に|Tron CEO、食事会の内容を報告

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

CME・Bakktの「ビットコインオプション」をサポート:マネックス子会社TradeStation

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

バイナンス:新サービス「Binance Cloud」を発表|仮想通貨取引所立ち上げを支援

ブロックチェーンで「フェラーリ」などをトークン化|高級車への少額投資が可能に

ブロックチェーンで「フェラーリ」などをトークン化|高級車への少額投資が可能に

純資産の1%は「ビットコイン」に投資すべき:元Facebook幹部

純資産の1%は「ビットコイン」に投資すべき:元Facebook幹部

次世代NEM「Symbol/XYM」メインネット公開時期は延期に

次世代NEM「Symbol/XYM」メインネット公開時期は延期に

ASローマ:公式ファントークン「ASR」販売開始|Sociosアプリで投票受付も

ASローマ:公式ファントークン「ASR」販売開始|Sociosアプリで投票受付も

ドイツの銀行で「仮想通貨管理業」の需要高まる|40行がライセンス申請

ドイツの銀行で「仮想通貨管理業」の需要高まる|40行がライセンス申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す