DX.Exchange運営会社「破産手続き」進行中か?スタッフの給与未払いとの報告も

by BITTIMES

NASDAQ(ナスダック)のシステムを採用していることなど注目を集めていた仮想通貨取引所「DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)」を運営している企業は、現在破産手続きを進めていると報じられています。イスラエルのメディアである「The Times of Israel」によると、同取引所の運営元である「CX Technologies」の従業員は"取引所の解散を求める請願書"を裁判所に提出しており、"給料が支払われていないこと"などを訴えているとされています。

こちらから読む:Trezor・Ledgerの"フィッシングサイト"に注意「仮想通貨」関連ニュース

「CX Technologies」従業員が請願書で訴え

DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)は2019年1月にサービスを開始したものの、今月3日には「経済的理由によりサービスを一時停止する」と発表しました。同社は3日時点で"売却先"または"合併先"を探していると説明していましたが、新たな報道では"破産手続きを進めている"と報告されています。

イスラエルのメディアである「The Times of Israel」の報道によると、DX.Exchangeの運営元であるイスラエル企業「CX Technologies」は、78人の従業員が提出した"取引所の解散を求める請願書"に従って破産手続きを進めていると伝えられています。DX.Exchangeはエストニアに登録された会社が所有しているとされていましたが、この請願書では「実際には"CX Technologies"が運営していた」とされています。

請願書を提出した従業員は『CX Technologiesは、"数十億ドルのバイナリオプション詐欺に関与していた"とされるソフトウェア会社「SpotOption」の後継者であり、最終的には米国連邦捜査局(FBI)とイスラエル警察によって襲撃され、同国で禁止された』と主張しているほか『CX Technologiesは、2019年9月または10月に給与を支払っていなかった』と主張しています。

DX.Exchangeは「SpotOption」との関係を否定していますが、CX Technologiesの従業員のほとんどは「SpotOptionの元従業員である」として申し立てを行なっていると報告されています。報道によると「CX Technologies」と「SpotOption」は同じオフィス内にあり、年金制度と従業員のその他の資金が「SpotOption」から「新しく設立された会社」へと移動されたと伝えられています。

DX.Exchangeは、主要な仮想通貨を取引することができるだけでなく、AppleやGoogleなどといった有名企業の株をトークン化したものを取引することができることなどでも注目を集めていましたが、一部では「出口詐欺の可能性がある」とも囁かれています。

「取引所の一時閉鎖」などが発表されたことによって"詐欺"という見方は強まってきていますが、「The Block」の報道によるとDX.ExchangeのCEOであるDaniel Skowronski(ダニエル・スコウロンスキー)氏は『DX.Exchangeはまだ破産を申請していない』と述べており、『依然として買収について話し合いを行なっている』と語っていると報じられています。

>>「The Times of Israel」の報道はこちら
>>「The Block」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインで宇宙旅行できる日も遠くない「Virgin Galactic」が有人飛行テストに成功

ビットコインで宇宙旅行できる日も遠くない「Virgin Galactic」が有人飛行テストに成功

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

【速報】コインチェックを「仮想通貨交換業者」として正式登録:金融庁

【速報】コインチェックを「仮想通貨交換業者」として正式登録:金融庁

チェス元世界王者「ビットコインの人気上昇は避けられない」

チェス元世界王者「ビットコインの人気上昇は避けられない」

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

ビットコイン(BTC)でカリブ海諸国の市民権が購入できる|仮想通貨決済の重要性

注目度の高い仮想通貨ニュース

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

SBI VCトレード「SBI e-Sports」とスポンサー契約|XRPによる年俸支給などを計画

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

日本暗号資産市場社:ICB購入でイーサリアムがもらえる「ETH山分けキャンペーン」開催

日本暗号資産市場社:ICB購入でイーサリアムがもらえる「ETH山分けキャンペーン」開催

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

Zaif:取り扱い廃止通貨の「出金スケジュール」変更へ|出金可能時期は2020年末まで

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

不動産賃貸契約にブロックチェーン活用「スマート契約」プレ商用サービス開始

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

Socios.com:スイスのサッカークラブ「BSC Young Boys」の公式ファントークン発行へ

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

【Socios.com】The Sandboxで「スポーツ&エンタメ空間」構築へ|大型地所を購入

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月4日〜10日

暗号資産取引所FTX「トークン化された株式」の取引サービス提供へ

暗号資産取引所FTX「トークン化された株式」の取引サービス提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す