DX.Exchange運営会社「破産手続き」進行中か?スタッフの給与未払いとの報告も

by BITTIMES

NASDAQ(ナスダック)のシステムを採用していることなど注目を集めていた仮想通貨取引所「DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)」を運営している企業は、現在破産手続きを進めていると報じられています。イスラエルのメディアである「The Times of Israel」によると、同取引所の運営元である「CX Technologies」の従業員は"取引所の解散を求める請願書"を裁判所に提出しており、"給料が支払われていないこと"などを訴えているとされています。

こちらから読む:Trezor・Ledgerの"フィッシングサイト"に注意「仮想通貨」関連ニュース

「CX Technologies」従業員が請願書で訴え

DX.Exchange(デラックス・エクスチェンジ)は2019年1月にサービスを開始したものの、今月3日には「経済的理由によりサービスを一時停止する」と発表しました。同社は3日時点で"売却先"または"合併先"を探していると説明していましたが、新たな報道では"破産手続きを進めている"と報告されています。

イスラエルのメディアである「The Times of Israel」の報道によると、DX.Exchangeの運営元であるイスラエル企業「CX Technologies」は、78人の従業員が提出した"取引所の解散を求める請願書"に従って破産手続きを進めていると伝えられています。DX.Exchangeはエストニアに登録された会社が所有しているとされていましたが、この請願書では「実際には"CX Technologies"が運営していた」とされています。

請願書を提出した従業員は『CX Technologiesは、"数十億ドルのバイナリオプション詐欺に関与していた"とされるソフトウェア会社「SpotOption」の後継者であり、最終的には米国連邦捜査局(FBI)とイスラエル警察によって襲撃され、同国で禁止された』と主張しているほか『CX Technologiesは、2019年9月または10月に給与を支払っていなかった』と主張しています。

DX.Exchangeは「SpotOption」との関係を否定していますが、CX Technologiesの従業員のほとんどは「SpotOptionの元従業員である」として申し立てを行なっていると報告されています。報道によると「CX Technologies」と「SpotOption」は同じオフィス内にあり、年金制度と従業員のその他の資金が「SpotOption」から「新しく設立された会社」へと移動されたと伝えられています。

DX.Exchangeは、主要な仮想通貨を取引することができるだけでなく、AppleやGoogleなどといった有名企業の株をトークン化したものを取引することができることなどでも注目を集めていましたが、一部では「出口詐欺の可能性がある」とも囁かれています。

「取引所の一時閉鎖」などが発表されたことによって"詐欺"という見方は強まってきていますが、「The Block」の報道によるとDX.ExchangeのCEOであるDaniel Skowronski(ダニエル・スコウロンスキー)氏は『DX.Exchangeはまだ破産を申請していない』と述べており、『依然として買収について話し合いを行なっている』と語っていると報じられています。

>>「The Times of Israel」の報道はこちら
>>「The Block」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オーストラリアがキャッシュレス化を促進|1万豪ドル以上の現金払いを禁止

オーストラリアがキャッシュレス化を促進|1万豪ドル以上の現金払いを禁止

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

LINE Pay × RIZAP「105,600円相当のLINKリワード」がもらえるキャンペーン開始

LINE Pay × RIZAP「105,600円相当のLINKリワード」がもらえるキャンペーン開始

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

Omiseなど運営の「SYNQA」トヨタ・三井住友銀行などから85億円の資金調達

Huobi Global:全ての米国ユーザーアカウント「凍結」へ|仮想通貨・資産の出金求める

Huobi Global:全ての米国ユーザーアカウント「凍結」へ|仮想通貨・資産の出金求める

注目度の高い仮想通貨ニュース

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

国税庁:暗号資産の税金に関するFAQに「貸付・貸出・レンディング関連の内容」を追記

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

GMOコイン:平日・休日問わず「24時間いつでも最短10分」で口座開設+取引可能に

仮想通貨税務サービスの「コインタックス」日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)に参加

仮想通貨税務サービスの「コインタックス」日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)に参加

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

Candy Digital:MLBチーム「Dodgers(ドジャース)」の公式NFTオークション開催へ

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す