仮想通貨交換業、みなし業者の数は「ゼロ」に

by BITTIMES

仮想通貨交換業者としての登録を申請中だった「みなし業者」の数がゼロになったことが明らかになりました。改正資金決済法が施行されて以降、最もみなし業者が多い時期には15社のみなし業者が存在していたものの、法施行から2年半余りですべてのみなし業者が正式に登録を完了したと報告されています。

こちらから読む:仮想通貨ETFについて金融庁が公式見解「国内ニュース」

仮想通貨交換業者は「合計21社」に

金融庁は2017年4月に仮想通貨交換業者を"登録制"とする「改正資金決済法」を施行したため、その時点で登録を申請して登録を完了していない申請中の交換業者は「みなし業者」としてサービスを提供していました。

最もみなし業者が多かった時期には合計15社のみなし業者が存在していたものの、改正資金決済法が施行されてから2年半ほどの期間が経過した2019年12月時点では、すべてのみなし業者が登録を完了し、みなし業者の数は「ゼロ」となっています。

国内の仮想通貨取引所で不正流出事件が多発していたことを受けた金融庁は監視を強化していたため、これまでにも複数のみなし業者が行政処分を受けたり、登録申請を取り下げて、仮想通貨交換業から撤退したりする動きを見せていましたが、その後も登録に向けた活動を続けていた企業は実際に「仮想通貨交換業者」のライセンスを取得しており、2019年には「コインチェック・楽天ウォレット・ディーカレット・LVC・LastRoot・FXcoin」などの企業が正式に登録を受けています。

2019年12月30日時点で「仮想通貨交換業者」としての登録を完了している企業は以下の21社となります。

2020年4月には顧客保護のための対策などを盛り込んだ新たな改正資金決済法が施行される予定となっており、仮想通貨市場にも徐々に回復傾向が見られ始めてきているため、2020年はこれら21社の仮想通貨交換業者がどのような取り組みを行なっていくかにも注目です。

>>「仮想通貨交換業者」の一覧はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

モッピーポイント「HBAR・AVAX」と交換可能に|コイントレードと連携

モッピーポイント「HBAR・AVAX」と交換可能に|コイントレードと連携

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

COTI:カルダノ基盤DEX「WingRiders」と提携|Djed統合可能性を探る

COTI:カルダノ基盤DEX「WingRiders」と提携|Djed統合可能性を探る

タツノコプロ60周年記念NFT第2弾「新造人間キャシャーン」数量限定販売へ

タツノコプロ60周年記念NFT第2弾「新造人間キャシャーン」数量限定販売へ

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

ポルトガル:ブロックチェーンなどの技術開発促進に向け「フリーゾーン」立ち上げへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説