ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

by BITTIMES

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、株式会社マクロミルが行なった「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」で仮想通貨サービス利用率・仮想通貨アプリ利用率で"国内No.1"を獲得したことを明らかにしました。同社は"ビットコイン取引量"においても国内No.1を獲得しています。

こちらから読む:東海東京、Huobi Japanに"5億円"を出資「国内ニュース」

bitFlyer:合計5つの「国内No.1」を獲得

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2019年12月27日に公開したプレスリリースで株式会社マクロミルが2019年8月15日~8月16日にかけて実施した「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」において、仮想通貨サービス利用率・仮想通貨アプリ利用率の両方で"国内No.1"を獲得したことを発表しました。

同社はすでに「ビットコイン取引量」においても国内No.1を獲得しているため、今回の"新たなNo.1獲得"によって以下5つのNo.1を獲得していると報告されています。
・ビットコイン取引量国内 No.1
・仮想通貨サービスとしての初回利用率国内 No.1
・仮想通貨サービスとしての現在利用率国内 No.1
・仮想通貨アプリとしての初回利用率国内 No.1
・仮想通貨アプリとしての現在利用率国内 No.1

2014年に仮想通貨取引サービスを開始したビットフライヤーは、サービス開始当初から非常に多くのユーザーに利用されており、最近では取り扱う仮想通貨の数も豊富になり、高い人気を誇っています。

2019年には、
Tポイントでビットコインを購入できるサービスを開始
bitFlyer Lightningに「ETH/JPY」の通貨ペア追加
不正ログイン検知システム「FraudAlert」を導入
ふるさと納税でビットコインがもらえるキャンペーン
仮想通貨エックスアールピー(XRP)の取り扱い開始
ハードフォークで発生した「BTG・BSV」を付与
・仮想通貨がもらえる各種キャンペーンを実施
・最短即日で認証可能な「クイック本人確認」を導入
などといった様々な取り組みが実施されてきていたため、このような豊富なサービスもユーザー拡大の要因になっていると考えられます。

ここ最近では仮想通貨交換業者のライセンスを新たに取得する企業も増えてきており、LINE(ライン)などの大手企業も仮想通貨取引サービスの提供を開始しているため、2020年はさらに競争が激しくなっていくことになると予想されます。

>>「bitFlyer」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン「3.3億円相当」がハッキング被害に:英暗号資産取引所Cashaa

ビットコイン「3.3億円相当」がハッキング被害に:英暗号資産取引所Cashaa

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月15日〜21日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月15日〜21日

ビットバンク「ステラルーメン(XLM)」取扱い開始|手数料無料キャンペーンも開催

ビットバンク「ステラルーメン(XLM)」取扱い開始|手数料無料キャンペーンも開催

Theta Labs「THETA.tvの日本向けサービス」提供開始|LINEとの提携で実現

Theta Labs「THETA.tvの日本向けサービス」提供開始|LINEとの提携で実現

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

FX大手「ヒロセ通商」仮想通貨市場参入を断念|ライオンコインは解散へ

FX大手「ヒロセ通商」仮想通貨市場参入を断念|ライオンコインは解散へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ハードウェアウォレットLedgerのNFT部門に「Apple Music元幹部」が参加

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Facebook利用者5億人分の個人情報が「ネット上で無料公開」仮想通貨保有者も要注意

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

Coincheck NFT(β版)サービス開始記念「ETHプレゼントキャンペーン」開催

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

double jump.tokyo:NFT事業支援サービス「NFTPLUS」提供へ|企画〜販売まで全面支援

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Ripple社:東南アジアで事業拡大へ|国際送金企業「Tranglo社」の株式40%を取得

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す