ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

by BITTIMES

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、株式会社マクロミルが行なった「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」で仮想通貨サービス利用率・仮想通貨アプリ利用率で"国内No.1"を獲得したことを明らかにしました。同社は"ビットコイン取引量"においても国内No.1を獲得しています。

こちらから読む:東海東京、Huobi Japanに"5億円"を出資「国内ニュース」

bitFlyer:合計5つの「国内No.1」を獲得

bitFlyer(ビットフライヤー)は、2019年12月27日に公開したプレスリリースで株式会社マクロミルが2019年8月15日~8月16日にかけて実施した「仮想通貨・暗号通貨取引サービスに関するアンケート」において、仮想通貨サービス利用率・仮想通貨アプリ利用率の両方で"国内No.1"を獲得したことを発表しました。

同社はすでに「ビットコイン取引量」においても国内No.1を獲得しているため、今回の"新たなNo.1獲得"によって以下5つのNo.1を獲得していると報告されています。
・ビットコイン取引量国内 No.1
・仮想通貨サービスとしての初回利用率国内 No.1
・仮想通貨サービスとしての現在利用率国内 No.1
・仮想通貨アプリとしての初回利用率国内 No.1
・仮想通貨アプリとしての現在利用率国内 No.1

2014年に仮想通貨取引サービスを開始したビットフライヤーは、サービス開始当初から非常に多くのユーザーに利用されており、最近では取り扱う仮想通貨の数も豊富になり、高い人気を誇っています。

2019年には、
Tポイントでビットコインを購入できるサービスを開始
bitFlyer Lightningに「ETH/JPY」の通貨ペア追加
不正ログイン検知システム「FraudAlert」を導入
ふるさと納税でビットコインがもらえるキャンペーン
仮想通貨エックスアールピー(XRP)の取り扱い開始
ハードフォークで発生した「BTG・BSV」を付与
・仮想通貨がもらえる各種キャンペーンを実施
・最短即日で認証可能な「クイック本人確認」を導入
などといった様々な取り組みが実施されてきていたため、このような豊富なサービスもユーザー拡大の要因になっていると考えられます。

ここ最近では仮想通貨交換業者のライセンスを新たに取得する企業も増えてきており、LINE(ライン)などの大手企業も仮想通貨取引サービスの提供を開始しているため、2020年はさらに競争が激しくなっていくことになると予想されます。

>>「bitFlyer」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

SBI子会社「運用型信託業」の免許取得|暗号資産・キャッシュレス関連業務に進出

SBI子会社「運用型信託業」の免許取得|暗号資産・キャッシュレス関連業務に進出

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

炭火焼肉たむら「ADAPay」導入へ|カルダノエイダで美味しいお肉が食べたい方のために

炭火焼肉たむら「ADAPay」導入へ|カルダノエイダで美味しいお肉が食べたい方のために

【Chiliz&Socios】NASCAR所属のレーシングチーム「Roush Fenway Racing」と提携

【Chiliz&Socios】NASCAR所属のレーシングチーム「Roush Fenway Racing」と提携

三菱UFJ:独自のデジタル通貨「2019年後半」実用化へ|企業のコイン(coin)発行も支援

三菱UFJ:独自のデジタル通貨「2019年後半」実用化へ|企業のコイン(coin)発行も支援

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

【Chiliz Exchange】Fortuna Sittardの「$FORファントークン」本日取扱い開始

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

韓国の国立大学:糞便・排泄物を仮想通貨+電力に変える「BeeViトイレ」導入

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

米暗号資産取引所「Binance US」新規株式公開(IPO)を検討=バイナンスCEO

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

OKCoinJapan:国内初「オーケービー(OKB)」取扱いへ|販売所サービスも追加

OKCoinJapan:国内初「オーケービー(OKB)」取扱いへ|販売所サービスも追加

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

OKCoinJapan「取引手数料割引キャンペーン」開催へ|マイナス手数料も採用

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

BINANCE:EU主要決済ネットワーク「SEPA」からのユーロ入金を一時停止

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

Chiliz&Socios「Arsenal FC(アーセナルFC)」と提携|$AFCファントークン発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す